住まいのノウハウ

【え?今日も休み?!】不動産会社の定休日とその理由

男性

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

家探しをする際、不動産屋さんにお世話になる人は多いでしょう。

しかし、実際に行ってみると休みだった・・・、といった経験をした事があるのではないでしょうか?

他の会社にも電話してみると、多くの不動産屋が同じ曜日に休みを取っている・・・。

それってちょっと疑問に思いませんか?

今回は、家探しをする時に避けた方がいい日とその理由について紹介していきます。

不動産業者は定休日が決まってる?!

カレンダー

不動産屋さんは同じ日に定休日を取っている場合があります。

そこで、避けた方がいい曜日を3位まで取り上げてみました!

1位 水曜日

家探しをする時に避けた方がいい曜日1位は「水曜日」!

賃貸、売買に限らずほとんどの不動産会社が休みとなっています。

行ってみた不動産会社が休みの場合、近くにある不動産会社も休みになっているケースがほとんどです。

2位 日曜日

水曜日に続いて休みが多いのが「日曜日」。

世間一般は土曜日と日曜日が休みなので、不動産会社もそれに合わせて休みになる場合があります。

しかし、見学会や契約の打ち合わせなどの予約がある場合は開けているのがほとんどです。

物件探しや内見をする場合は、事前に予約を取っていればOKですよ!

3位 火曜日

火曜日が休みになっている不動産会社は少数。

火曜日が定休日になる理由は主に「お客様が少ないから」といった、会社の稼働率が関係してきます。

営業するなら、もちろんお客さんが多い日がベストですよね!

なぜ定休日が統一しているの?

疑問

避けた方がいい曜日はしっかりとチェックできましたか?

ではなぜ不動産会社が同じ曜日を定休日にしているのでしょうか。

客商売の一面として「お客の取り合い」というものがあります。

例えば近所の不動産会社が全部休んでいると、一軒だけ開いている会社にお客さんが集中して売上があがると考えるのが一般的でしょう。

しかし、不動産会社は「同業者が休みだったら休み」と言った考えがあるようです。

不動産会社は横の繋がりが大事!

相談

不動産会社は横の繋がりがないとやっていけない業種です。

定休日が統一になっている理由は、「業者が扱う物件が他業者からの紹介だから」。

物件は業者同士でシェアしているので、1つの会社だけ営業していても意味がないのです!

ですから、不動産屋さんはみんな一斉に休みを取るようになっています。

まとめ

さて、皆さんいかがでしたか?

少しは不動産業界について知る事ができたのではないでしょうか。

ステキな賃貸物件を手に入れるなら、不動産屋さんの事を知るのも1つの手。

効率の良い家探しをして、スムーズでトラブルのないようにしましょう!

物件の内見自体は、定休日でも対応してくれる会社も多いようです。

どうしてもその日しか都合が付かないという方は、予め電話をして聞いてみるのも良いかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事