住まいのノウハウ

賃貸物件におけるセカンドハウスの魅力と注意点についてご紹介!

いえらぶコラム編集部

賃貸物件におけるセカンドハウスの魅力と注意点についてご紹介!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

多拠点生活やアドレスホッパーなど、生活スタイルが多様化するなか、第二の住居であるセカンドハウスを持ち、二拠点での生活の需要も増加しています。

この記事では、セカンドハウスとはどのようなものなのか?その魅力や注意点、などを詳しくご紹介します。

今注目の第二の住居!セカンドハウスとは何か

今注目の第二の住居!セカンドハウスとは何か

セカンドハウスとは、冒頭でも紹介していますが「第二の住居」を意味します。

セカンドハウスは別荘と同じと捉えられがちですが、似ているようで異なる性質を持っています。

たとえば別荘は、「日常生活の用に供しない家屋又はその部分のうち、専ら保養の用に供するもの」と定められており、あくまで休養などのために利用するものであり、海辺や山の中などのリゾート地に多く見られます。

一方、セカンドハウスは「週末に居住するため郊外などに取得するもの、遠距離通勤者が平日に居住するために職場の近くに取得するもので、かつ毎月1日以上居住の用に供するもの」と定められており、長期休暇などの際に滞在するのではなく、最低でも月1日以上、日常的に利用する住まいを指します。

別荘とセカンドハウスとは、その使用用途の違いから税制面でも異なるものとされ、セカンドハウスの場合は、メインの自宅と同様に居住用財産として認められることで、税制上の軽減措置を受けることが可能になります。

また、「賃貸物件」か購入した「持ち家」かということは関係なく、どちらもセカンドハウスの対象になります。

賃貸・購入どちらが良いかは、使用用途や目的によって異なるため、この記事では賃貸物件におけるセカンドハウスにフォーカスして、その魅力や注意点などを詳しく紹介していきます。

賃貸物件におけるセカンドハウスの魅力

賃貸物件におけるセカンドハウスの魅力

セカンドハウスの魅力は、使用用途の幅の広さにあります。

代表的なセカンドハウスの使用用途は大きく4つに分けられます。

・通勤、通学の利便性を考慮した平日用のセカンドハウス

・心身のリフレッシュを目的とした休日用のセカンドハウス

・定年退職など、リタイア後の暮らしの拠点としてのセカンドハウス

・資産運用のためのセカンドハウス

平日に自身の通勤やお子さまの通学などを目的としてセカンドハウスを持つ場合、通勤・通学にかかる時間や費用を抑えることができ、家で過ごす時間をゆっくりと持つことができます。

通勤・通学などの理由で、一時的に必要な住居の場合は、物件を購入するよりも賃貸を利用される方が高い傾向にあります。

そして、休日用のセカンドハウスを持つ場合、郊外の自然あふれる地域を選ばれる方も多く、都会の喧騒を離れてゆっくりと過ごしたり、隣家を気にせず趣味に没頭したり、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、大自然に囲まれながら家族でさまざまな体験ができるなど、さまざまな方法で心身のリフレッシュをされ、セカンドハウスでの時間を楽しまれています。

なかには、現在は週末だけ過ごし、リタイア後は住民票を移して、セカンドハウスを本宅にしたいと考えられている方や、資産運用、いつか子どものために…というお子さまへの思いからセカンドハウスを持たれる方もいらっしゃり、短期的な利用でなく長期的な持ちものとして考えられている場合、賃貸ではなく中古物件を購入、または新築し、持ち家とされる場合もあります。

しかし、郊外にセカンドハウスを持つ場合、本当にそのエリアが自身の求める生活スタイルと一致しているのか、不安に感じられる方もいらっしゃるでしょう。

その場合に、はじめから物件を購入・新築するのではなく、まずは「お試し移住」のようなスタイルで、気になるエリアに賃貸でセカンドハウスを持つのもおすすめです。

中古物件を購入・新築するとなると、ローンや税金、維持管理費など、賃貸と比較して発生する費用負担が大きく、審査や手続きも煩雑になり、建設やリノベーションなど、住める状態にするために時間を要する場合もあります。

その点、賃貸の場合リスクや負担が少なく、すぐに住める状態の物件も多く、とりあえず!という気持ちで第一歩を踏み出しやすいことが、賃貸物件におけるセカンドハウスの大きな魅力となっています。

賃貸物件のセカンドハウスで生活したのち、やっぱりリタイア後はこの地に根をおろしたい…という気持ちになった場合も、物件の購入・新築にむけて具体的に計画を立てよう!という際に、滞在先である賃貸のセカンドハウスがあることで、現地視察や内見などもしやすく、不要になればいつでも退去ができるので、購入を念頭にセカンドハウスを検討されている方にとっても無駄にはなりません。

セカンドハウスの購入を検討されている方にとっても、物件の確定までに何度も現地に足を運ぶことになるのであれば、まずは賃貸物件でセカンドハウスを持つことはメリットになります。

そして、セカンドハウスを購入する場合、

セカンドハウスを持っていても利用する機会が少ないともったいないのでは?

もしも購入して不要になったら損するのでは?

と考えられる方もいらっしゃいますが、物件は一つの資産であり、土地・建物の売却や賃貸として貸し出しをおこなうなど、収益を上げる運用方法もあり、本宅以外に収益を上げられる不動産物件があるということも、セカンドハウスを持つ魅力となっています。

セカンドハウスを選ぶ際の注意点

セカンドハウスを選ぶ際の注意点

セカンドハウスを選ぶ際の注意点についてご紹介します。

<交通アクセスの注意点>

まず、通勤・通学の利便性を考慮した平日用のセカンドハウスを検討している場合は、会社や学校、本宅へのアクセスの良さ、発生する交通費などから希望の路線を明確にしておき、家賃と総合してメリットの大きいものを選びましょう。

距離だけで比較し、目的地までの乗り換えが多かったり、予定より交通費が高いとなると、せっかく利便性を考えて二拠点生活を始めたのに、メリットを感じづらいでしょう。

そして、リタイア後を想定して物件を選ぶ場合も、具体的な生活スタイルをイメージすることが重要です。

たとえば、車の運転がむずかしくなった時のことを考え、物件周辺のバスや電車などの交通インフラや、公共交通機関で通える範囲に病院や買い物ができる施設があるかなど、生活に必要な施設・設備との位置関係は必ず確認したほうが良いでしょう。

<セカンドハウスで発生する住民税>

セカンドハウスを持つ場合、住民税の支払いが義務づけられます。

住民税の内訳は、所得割と均等割の2つに分かれており、所得割は高額所得者ほど金額が高額になり、均等割は所得金額に関わらず定額となります。

本宅のある市町村では、通常どおり所得割と均等割の合計を、セカンドハウスのある市町村では均等割りのみを納める必要があります。

均等割の一例)

・東京都の場合

都民税額 ¥1,500 + 区市町村民税額 ¥3,500 = 合計 ¥5,000

・静岡県(熱海市)の場合

県民税額 ¥1,900円 + 市民税額 ¥3,500 = 合計 ¥5,400

同じ都道府県内でも、区市町村によって異なるため、各自治体に確認してください。

解体の窓口

まとめ

賃貸物件でセカンドハウスを持つことは、物件を購入するよりもハードルが低く、通勤や通学にかかるストレスの緩和や、心身のリフレッシュ、リタイア後の計画など、目的にあわせてさまざまなメリットをもたらします。

しかし、魅力の多いセカンドハウスにも注意したい点があるため、特に長期的な利用を考えている方はしっかりと計画を立てる必要があります。

どうしたいのか?イメージを明確にし、セカンドハウスでの生活をプラスして、今よりもっと快適に暮らしましょう。

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事