住まいのノウハウ

意外とイイかも!1階の賃貸物件のメリットとは?

いえらぶコラム編集部

意外とイイかも!1階の賃貸物件のメリットとは?

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

賃貸物件を探す際に、2階より上の高層階を希望される方は多いのではないでしょうか?

たしかに、高層階は景色が良くて防犯性も高く、できればそちらに住みたいですよね。

その反面、セキュリティやプライバシーなどの面で、1階のお部屋は避けられがちです。

ですが、本当に1階の物件を避けるべきなのでしょうか?

実は、1階のお部屋でも条件さえ気を付ければ高層階以上に快適に暮らせる可能性があります。

この記事では、「1階のお部屋のメリット・デメリット」と「1階でも快適に暮らせる条件」について解説していきます。

1階の賃貸物件を選ぶメリット

1階の賃貸物件を選ぶメリット

まず、1階には一体どんなメリットがあるのでしょうか?

メリットは大きく分けて4つあります。

メリット①:とにかく移動や出入りがラク!

1階ということは、階段やエレベーターを使う必要がありません。

そのため、毎日の出入りがとてもラクで時間もかかりません。

とくに、買い物やゴミ出しなど大きな荷物を持つ際にありがたいですね。

また、昇り降りも必要ないので、ベビーカーが必要な小さなお子さまのいらっしゃるご家庭にもオススメです。

メリット②:専用庭が付いている可能性がある!

1階のお部屋限定で専用庭が付いている物件は多いです。

お花や野菜、観葉植物などを育ててガーデニングを楽しみたい方にとてもオススメです。

大きな観葉植物を育ててベランダ用のテーブルやチェアを置けば、部屋にいながら自然を楽しめそうですね。

また、ファミリーであれば広いお庭を子どもの遊び場にすることもできるので、それだけでも1階を選ぶメリットはありそうです。

メリット③:階下への騒音を気にせず過ごせる!

1階ということは、それより下にお部屋は存在しません。

高層階であれば常に階下の騒音になっていないか気にしながら生活する必要がありますが、1階ならその心配をせずに悠々と過ごせます。

この点も、ついはしゃいだり騒いだりしてしまうお子さま連れに1階がオススメなポイントです。

メリット④:高層階よりも家賃が割安!

1階のお部屋は高層階よりも比較的家賃が安めに設定されています。

同じ間取りのお部屋でも1階の方が安くなるので、毎月の出費を抑えることができますよ。

1階の賃貸物件を選ぶデメリット

1階の賃貸物件を選ぶデメリット

このように1階には意外なメリットがありますが、デメリットについても整理してみましょう。

デメリット①:外からの視線や騒音・振動が気になる

向きや立地によりますが、1階は歩道や道路、隣の住宅地に面している場合が多いです。

そのため、周囲からの視線が気になりやすく、プライバシーの確保がしにくいというデメリットがあります。

とくに、洗濯物を干す場合は女性だとかなり気になるところですよね。

また、交通量の多い車道に面している場合、車の走行音や振動が気になってしまうこともあります。

デメリット②:空き巣などの犯罪が心配

外からの視線が気になることと共通しますが、外からお部屋の中が見えやすく高層階よりも侵入しやすいため、空き巣などの犯罪に遭いやすい可能性があるのもデメリットです。

多くの方がこの防犯性への不安を理由に、1階を敬遠されるのではないでしょうか。

室内が見えにくいカーテンを使うことで対策はできますが、それでも気になるという方は窓にシャッターが付いている物件を選ぶと良さそうです。

デメリット③:湿気やカビ、害虫が発生しやすい

住宅街にある1階の物件は他の建物の陰になって、日当たりが悪いことがあります。

日当たりが悪いと湿気が滞留し、カビや結露が発生しやすくなります。

また、高層階よりも蚊や害虫が侵入しやすいので、虫対策も必要になってきます。

快適に過ごせる1階の条件

快適に過ごせる1階の条件

1階には大きなメリットもありますが、同時に大きなデメリットもあります。

しかし、同じ1階の物件でも条件を選ぶことで快適に過ごせるお部屋を見つけることができます。

ここからは、こんな1階なら暮らしやすいかも、という条件をご紹介していきます。

条件①:周辺に道路や建物が少ない

周囲からの視線が気になりやすいのが1階のデメリットでしたが、周囲に道路や建物が少ない環境であれば、視線を気にせずに過ごせます。

また、周囲が開けていることで日当たりも良くなるので、湿気やカビも発生しづらくなります。

景色も良い場所であれば、窓を開けて風と日差しを取り込むことで、開放的な気分で過ごせそうですね。

交通量の多い道路が遠ければ騒音も気にせず済むので、静かな環境を楽しむこともできそうです。

条件②:治安が良いエリアにある

1階は防犯性に不安がありますが、治安が良いエリアを選ぶとその不安を解消できるかもしれません。

治安の良いエリアであれば夜の騒音なども少ないことが予想されるので、こちらも静かに暮らせますね。

また、都心部よりも郊外のエリアを選ぶと、先述した道路や建物が少ない環境とも条件が合うかもしれません。

もし2つの条件をクリアする1階の物件があれば、なかなか好条件な可能性があります。

条件③:高台の上に建っている

1階のお部屋であっても、建物自体が高台の上に建っており、1階が道路や建物に面していない物件もあります。

そんな物件であれば視線を気にせずに過ごせて、防犯性も高いので安心して暮らせます。

また、高台の上だと景色が良いことも多いので、見晴らしの良いお部屋に巡り合えるかもしれませんよ。

条件④:防犯設備がしっかりしている

上記のような条件が満たせない都心部の物件であっても、防犯設備がしっかりしている物件であれば、安心して快適に暮らすことができます。

オートロックやモニター付きインターフォン、防犯カメラやディンプルキーなどを備えているか事前に確認しましょう。

とくに1階の場合、窓にシャッターが付いている物件も多いので、そちらも選べるとより安心です。

解体の窓口

1階の賃貸物件はこんな方にオススメ!

1階の賃貸物件はこんな方にオススメ!

以上のメリットとデメリット、そしてあると良い条件をまとめると、1階の賃貸物件は以下のような方にオススメです。

こんな方にオススメ①:暮らしを楽しみたい方

立地の良い1階のお部屋があれば、暮らしを楽しみたい方にオススメです。

日当たりが良ければ明るく開放的な雰囲気のお部屋になり、専用庭があればガーデニングを楽しむこともできます。

また、ガーデニングをするなら土や花器など重い物も搬入しなければなりませんが、1階だと昇り降りがない分ラクになりますね。

こんな方にオススメ②:家賃を抑えたい方

1階のお部屋は高層階よりも家賃が割安なので、同じ条件のお部屋だったとしても1階を選ぶだけで家賃を抑えることができます。

また、1階のお部屋は高層階よりも残っている場合が多いので、希望の条件で物件が見つからない場合でも1階を視野に入れると見つかったりします。

譲れない条件がある場合、1階を候補に入れることで意外な好物件が見つかるかもしれません。

こんな方にオススメ③:小さなお子さま連れのファミリー

育ち盛りの子どもは、どうしてもお部屋の中を走り回ったりしてしまいます。

1階のお部屋なら階下への騒音を気にせずに済むので、騒音トラブルを避けるために1階を希望するファミリーも多いです。

専用庭があるお部屋であれば、お庭が子どもの遊び場にもなるのでもっと元気いっぱい遊ばせてあげたいときに役に立ちますよ。

また荷物の出し入れもラクなので、まだベビーカーが必要な赤ちゃんがいらっしゃるご家庭にもオススメです。

こんな方にオススメ④:体力が弱くなってきた方

1階のお部屋は階段の昇り降りが辛いような、体力があまりない方にもオススメです。

高層階でもエレベーターがあれば十分かもしれませんが、1階の方が移動距離は少なくなるためオススメです。

また、駐車場がすぐ近くにある物件であれば車の乗り降りもラクになるので、体力的に不安がある方は1階を選ぶと良いかもしれません。

まとめ

何かと避けられがちな1階のお部屋ですが、実はこんなにも魅力に溢れています。

いえらぶが運営する「いえらぶ物件検索」では、1階の物件に絞って賃貸物件を検索することも可能です。

「1階のお部屋も悪くないんだな」

そう思った方は、いえらぶ物件検索で1階のお部屋を調べてみてはいかがでしょうか?

いい家選ぶ、いえらぶ
▼いえらぶで次のお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事