暮らし

子育てしやすい街に住もう!見極めに役立つ3つのポイント

花を持つ笑顔の女の子

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

子どものいるファミリー世帯だと、できるだけ子育てしやすい街に暮らしたいものですよね。

近年は共働きの夫婦も多くなっているため、周りの方への理解や協力が必要となります。

そこで今回は、子育てしやすい街かの判断基準に役立つポイントを3つご紹介します。

子育てしやすい街の判断ポイント①施設に注目する

子育てしやすい街かどうかを見極めるポイントの一つが、子どもと利用する頻度が高い施設の有無です。

様々な施設がありますが、とくに確認しておきたい施設は以下の3つです。

・病院

医療機関のイメージ

子育ての際に必要な施設として挙げられるのが「病院」です。

子どもはちょっとしたことで体調を崩すもの。引っ越しや転園による環境の変化なども、時として子どもの心身に影響を及ぼします。

また体調不良のほかにも、予防接種や健康診断などで病院を利用する機会も多いでしょう。

子どもがいると病院を利用する機会も増えるので、小児科や歯科、救急病院などがあるかを確認してください。

休日診療、夜間診療を受け付けている病院も近くにあると便利です。

ファミリー向け物件を探す!

・公園

公園

公園も子育てに欠かせない施設の一つです。

自動車などが通らないので(駐車場のある公園は除く)、小さな子どもでも安心して遊べますし、友達を作ったり、近所のママ友と仲良くなったりと、コミュニケーションの場として重宝します。

公園には自然が多く、虫を捕まえたり植物に触れたりする機会も得られるので、情操教育(感情や想像力を養い豊かな心を育む教育)にもうってつけでしょう。

小さな子どもでも思いっきり遊べる"芝生がある公園"や"遊具が充実している公園"が近くにあると便利ですよ。

なお、安全上の理由からボール遊びなどを禁止している公園もあるので、何をして遊べるのか、何が禁止されているのかを合わせて確認しておくことをおすすめします。

ファミリー向け物件を探す!

・図書館

図書館

図書館も情操教育にぴったりの施設であり、多くの本に触れることで心の成長を促します。

図書館では本の貸し借りだけでなく、時期によっては読み聞かせが行われることもあります。

また、図書館によっては読み聞かせの幅が広く、英語や外国語などで読み聞かせを行うこともあるので、子どもの成長につながる良い機会となるでしょう。

ファミリー向け物件を探す!

子育てしやすい街の判断ポイント②子育て支援の取り組みをチェック

子育て支援のイメージ

子育てしやすい街に暮らしたいなら、"子育て支援"が充実しているかどうかを確認しましょう。

子育て支援の内容は地域によって異なりますが、たとえば「妊婦さんへのタクシー券の配布」や「中学生までの医療費の無料化」などが挙げられます。

サポートの内容は、それぞれの自治体のホームページに詳しく書かれているため、一度確認されることをおすすめします。

また、子どもの通学路(スクールゾーン)の見守りサポートを行ったり、夜間パトロールをしたりする地域も少なくありません。

さらに、児童館や学童保育などに力を入れている地域もあります。

夫婦二人で子育てを頑張っている家庭をサポートできる環境は整いつつあり、昔で言うところの鍵っ子(両親が共働きで、学校から帰っても家に一人きりの子ども)の安全面も確保されてきています。

子育て支援が充実した地域だと、何か困ったことがあっても人に頼ることができるので、安心して仕事と子育ての両立に励めるでしょう。

ファミリー向け物件を探す!

子育てしやすい街の判断ポイント③街の様子を実際に見てみる

親子で散歩

「雰囲気が良いな」「住んでみたいな」などの気になる街を見つけたら、実際にその街を訪れて街の様子を直に見てみましょう。

その際、商業施設や公園などに行き、子どもが多いかどうかを確認してみてください。

子どもの数が多い=子育て世代の方が多く住んでいると判断できますし、子どもの多い街は子育てしやすい街の可能性が高いと言えるでしょう。

また、歩道が整備されているかどうかも確認しておきたい大切なポイントです。

道路整備の有無は、子どもが安全に道路を歩けるかどうかを判断するのに役立ちます。

道路がデコボコしたり割れたりしていないか、一時停止やスクールゾーンなどの標識が設置されているか、などを確かめてみましょう。

子育て向きの環境かどうかを見極める際に第一に考えなければならないのは、お子さんが安全に暮らせることです。

さらに、街選びの際には周辺環境による影響も考慮しなければなりません。

たとえば、空気の汚染や騒音問題、治安、設置されている街灯の数、警察の防犯パトロールの有無などは子どもの安全面に関わることなので、しっかりと確認しておきたいところです。

加えて、危険な目にあった子どもたちの駆け込み寺として知られる「こども110番の家」の設置についても調べておくと良いでしょう。

各家庭と地域が連携を取れている街は、安全面、防犯面でも安心できる街と判断できます。

子育てしやすい街かどうか、子どもが笑顔で暮らせる街かどうかを自身の目で確認し、一つずつ不安要素を取り除いていくことが大切です。

ファミリー向け物件を探す

まとめ

子育てしやすい街かどうかを判断するには、施設の有無や子育て支援の充実化などをチェックすることが大切です。

また、不安要素がないかを、実際に街を歩きながら自身の目で確認することが重要と言えます。

何よりも優先すべきなのは、子どもの安全です。

子どもが健やかに成長できるよう、安全で子育てしやすい街を探してみてくださいね。

いえらぶでファミリー向け物件を探す!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事