暮らし

空き家購入のメリット・デメリットとは?空き家を購入する方法はこれ!

いえらぶコラム編集部

空き家購入のメリット・デメリットとは?空き家を購入する方法はこれ!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

現在、空き家の増加が大きな社会問題となっており、国も空き家問題の対策に乗り出しています。

一方で、マンションの価格が新築と中古ともに高騰しており、空き家が住宅の選択肢として注目されています。

以前よりも空き家を購入する手段も増え、「空き家をリフォームして好みの住居にしたい」と考えている方も多いでしょう。

そこで今回は、空き家購入のメリットとデメリット、空き家を購入する方法、空き家購入の注意点をご紹介します。

空き家購入のメリットとデメリット

空き家を購入する前に、空き家を取り巻く現状やメリット・デメリットを知っておきましょう。

空き家購入のメリットとデメリット

<空き家の数が増えている!?>

そもそも、空き家とはどういった住宅を指すかご存知ですか?

国土交通省によると、空き家とは1年以上人が住んでいない、または利用されていない住宅のことを言います。

空き家は年々増加の一途を辿り、平成30年の調査では、全国の住宅の13.6%が空き家だということがわかりました。

また、住宅を相続する人がいないなどの空き家予備軍を含めると、これからさらに増加していくと考えられます。

空き家は放置していると治安悪化や倒壊などのリスクが発生するので、深刻化する空き家問題の解決が急がれている状況です。

<空き家購入のメリット>

安く購入できる

空き家購入のもっとも大きなメリットは、安く購入できることでしょう。

なかには「激安」と言われるような破格の価格で購入できる空き家もあり、とにかく安く住宅を購入したいという場合に最適です。

また、販売価格のわりに面積が広いということもあり、住宅の築年数にこだわりがないという方に向いているでしょう。

立地条件がいい

空き家というと古くて状態が悪いというイメージがありますが、その分好立地の場所に建っていることが多いです。

住宅は立地条件のよい場所から建てられていくので、新築住宅よりもアクセスや周辺環境がよいというケースも珍しくありません。

場合によっては、人気エリアや駅近の空き家を購入できる可能性もあるでしょう。

<空き家購入のデメリット>

購入後にコストがかかる可能性が高い

安く購入できる空き家ですが、購入後のコストがかかってしまうかもしれません。

空き家は築年数が経っていることが多いので傷みが激しく、補修や修繕が必要になる場合があります。

安く購入できたとしても、結局メンテナンス費用が高くついてしまうこともあるでしょう。

住宅ローン控除を受けづらい

住宅ローン控除とは、住宅ローンを借り入れた際、一定期間の間は残高に応じて所得税が還付される制度です。

税金の負担が軽減されるのでメリットが大きいですが、空き家の場合だと住宅ローン控除を受けられないケースが多いです。

住宅ローン控除は、戸建ての場合築20年以内の物件でなければなりません。

しかし、空き家だと築20年を過ぎていることも多く、住宅ローン控除を受けるために既存住宅売買瑕疵保険に加入したり耐震基準適合証明書を取得したりする必要があります。

空き家を購入する方法

空き家問題が深刻化しているように、貸し出したり売却したりせず、ただ放置されている空き家がこれまで多くありました。

しかし、空き家特別措置法が施行されたことによって、空き家を活用する動きが強まっています。

ここでは、空き家を購入する方法についてご紹介します。

空き家を購入する方法

<知り合いから購入する>

空き家を処分したい知り合いや親族がいれば、相談してみましょう。

直接交渉する場合は不動産会社に支払う仲介手数料を支払う必要がないので、購入費用を抑えることが可能です。

しかし、個人間の売買においてトラブルに発展する可能性があるので注意しましょう。

また、売却ではなく無償譲渡する場合は受け取る側に贈与税が課税される可能性があるので、あらかじめ税金の負担について話し合っておく必要があります。

>>マンションを譲渡した場合にかかる贈与税とは?計算方法についても詳しく解説!

<不動産会社に相談する>

不動産会社に相談すれば、ネットでは流通していない空き家の情報を紹介してくれる場合があります。

また個人間売買ではなく仲介業者がいたほうが安心できるという方は、空き家の取り扱いがないかどうか問い合わせてみるとよいでしょう。

<空き家バンクを活用する>

空き家の増加に伴い、空き家を利用したい人と空き家を賃貸・売却したい人をマッチングさせるサービスを運営する自治体が増えています。

このサービスは空き家バンクと呼ばれ、自治体だけではなく民間企業も空き家に関するサービスを展開しています。

空き家バンクを利用すれば空き家の情報をネットから簡単に確認できるので、地方の空き家も見つけやすくなるでしょう。

一方で、契約の際には自治体が仲介することはできないので、個人間売却になるか不動産会社に仲介を依頼する必要があります。

>>空き家を安く買うにはどうすればいい?空き家バンクや購入のポイントとは

空き家購入の注意点

安く購入できることが魅力の空き家ですが、空き家ならではの注意すべき点が存在します。

空き家を購入したあとに後悔しないよう、空き家購入の注意点を見てみましょう。

空き家購入の注意点

<住宅としての機能>

空き家を購入する際、とくに住宅としての機能性を保っているかを確認しましょう。

人が住まなくなった住宅は老朽化しやすく、管理の状況によってはカビによって傷んでいたり雨漏りしていたりと、快適に過ごせる環境でないこともあるでしょう。

その場合は修繕費用がかさむ可能性があるので、購入する前に、住宅の不具合を診断するインスペクションを受けることをおすすめします。

一方で「とにかく安い空き家を購入して自分でリフォームしたい」という方は、リフォームや修繕にどれくらいの費用がかかるのかを把握し、あらかじめ購入費用として考慮しておく必要があります。

>>リフォーム費用の相場はいくら?リフォーム時に利用できる制度もチェック!

<空き家になった理由>

空き家を購入するなら、空き家になった理由も必ず把握しておくようにしましょう。

空き家になった理由によって、購入後に手放す原因になるかもしれません。

「相続したけど住む予定がない」「転勤によって放置している」などの理由であれば問題はないですが、近所トラブルや過去に事件や事故があったという場合は、さらなるトラブルを招く可能性もあります。

空き家の所有者にかならず確認したり近隣住民に話を聞いたりして、購入する空き家の情報を調べるようにしてください。

<空き家購入にかかる税金>

不動産を購入するときには登録免許税や不動産取得税、所有権移転登記費用など、購入費用以外に購入にかかる税金や経費が発生します。

また、購入後も固定資産税や都市計画税がかかります。

空き家購入で合計どれくらいの費用がかかるのか、どのような費用がかかるのかを知り、長期的な視点から資金計画を立てることが必要になるでしょう。

>>不動産購入の資金計画はおおざっぱにしない!気をつけたいポイントとは?

解体の窓口

まとめ

空き家問題が深刻化することに伴い、空き家を利用しやすい環境が整えられつつあります。

また、住宅購入の選択肢として空き家を考える方も増えており、空き家バンクなどのサービスが注目されています。

安く購入できる空き家ですがデメリットや購入時に注意すべき点もあるので、さまざまな空き家を比較しながら購入するようにしましょう。

いえらぶでは、全国の売買マンション戸建て土地をご紹介しています。

新築一戸建て中古一戸建てなど、幅広い条件からあなたのライフスタイルに合った理想の住まいを見つけられます!

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事