• いえらぶコラム>
  • 暮らし>
  • マンションを売却するときにリフォームは必要?リフォームの相場や費用を抑えるコツを紹介!

暮らし

マンションを売却するときにリフォームは必要?リフォームの相場や費用を抑えるコツを紹介!

いえらぶコラム編集部

マンションを売却するときにリフォームは必要?リフォームの相場や費用を抑えるコツを紹介!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

マンションを売却する際に、リフォームすべきかどうか悩んでいませんか?

リフォームしたほうがきれいな状態で売りに出せるので、高く売却できるように思えるかもしれません。

しかし必要な費用やケースによっては、リフォームをしないで売却したほうがよい場合もあります。

この記事では、マンション売却時にリフォームが必要なのかどうか、リフォームなしで高く売却する方法、リフォームの相場をご紹介します。

リフォームをすべきかどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

マンション売却時にリフォームは必要?

マンションを売却する際にリフォームについて悩む方が多くいますが、基本的には必要ありません。

むしろ、リフォームしたことがマイナスになってしまうこともあります。

以下で、マンション売却時にリフォームがいらない理由や、反対に必要な場合を見てみましょう。

マンション売却時にリフォームは必要?

<マンション売却にリフォームがいらない理由>

・リフォーム費用を販売価格に上乗せする必要がある

リフォームしているマンションとしていないマンションでは、きれいな状態であるリフォーム済みマンションのほうが魅力的に映るでしょう。

しかし、リフォームをするためにはそれなりに費用がかかります。

現在リフォーム済みとして販売されているマンションは、フルリフォームである場合が多いです。

マンションの一室をフルリフォームするとなると数百万円はかかってしまうので、この費用を販売価格に上乗せする必要があります。

しかし、中古マンションを購入したい方は「販売価格のやすさ」を重視している場合が多く、リフォーム費用を回収しようとすると売却が難しくなるでしょう。

・購入後にリフォームしたい買主が多い

中古マンションを探している方のなかには、購入後に自分でリフォームして自分好みの住まいにしたいと考えている方もいます。

購入後にリフォームをする方にとっては、リフォーム済みマンションの魅力である「きれいさ」はあまりアピールポイントにならないでしょう。

むしろリフォーム費用が上乗せされたマンションは、販売価格が高いうえにリフォーム済みなので選択肢から除外されてしまうかもしれません。

<マンション売却でリフォームしたほうがよい場合>

基本的にマンションを売却する際にリフォームは不要ですが、効果的な場合もあります。

・傷や汚れが目立つ場合

傷や汚れが目立つ箇所がある場合、部分的にリフォームをしておいたほうがよいでしょう。

購入後にリフォームする場合でも、傷や汚れが目立っていると、丁寧に扱われていなかった部屋として印象が悪くなってしまいます。

さらに、買主がほかにも不具合があるかもしれないと感じてしまう可能性があります。

簡単な補修や修繕であればホームセンターで売っている道具や材料で可能なので、傷や汚れは補修しておくようにしましょう。

・半年経っても売れない場合

売りにだしてから半年経っても売却できない場合、リフォームが有効手段となるかもしれません。

売却に時間がかかってしまう理由としては、室内の印象が悪いことが大きな原因になってる可能性があります。

なかなか売却できない住宅は「売れ残り」という印象が強くなってしまい、買主から敬遠されたり、販売価格を大きく値下げしたりすることが多くなります。

売りに出してから時間が経っているなら、早期売却を目指してリフォームすることも考えてみましょう。

リフォームをしていないマンションを高く売却する方法

資産であるマンションを売却するなら、高く売却したいと思うのは当然です。

リフォームにかかる費用を活用して、マンションを高く売却しましょう!

>>マンション売却の流れと高く売れる条件とは?

リフォームをしていないマンションを高く売却する方法

<ハウスクリーニングで印象をよくする>

中古のマンションを売却するなら、清潔感がとても重要になります。

内見時に清潔感をアピールできるように、隅々まで清掃するようにしましょう。

また、プロにクリーニングを依頼するという方法もあり、ハウスクリーニングなら清掃が難しい箇所まできれいにしてくれます。

とくにキッチンやお風呂場、トイレなどの水回りは買主が気になる箇所なので、においやカビ対策も含め、売却に向けて徹底的に清掃するとよいでしょう。

>>アパートのハウスクリーニングの費用や注意点は?

<インスペクションを受ける>

中古マンションを購入したいと考えている方にとって、一番気になるのは住宅に欠陥がないかどうかです。

室内はリフォームが可能ですが、マンションが傾いているといった問題があれば、入居者一人で解決することは困難です。

新築マンションと比べれば中古マンションのほうが当然老朽化しており、マンションの構造は素人が内見で確認することも難しいでしょう。

そこで、建築士などの専門家がマンションの劣化状況や欠陥の有無を診断してくれるインスペクションがおすすめです。

インスペクションによってマンションの状態を証明できるので、買主にとっても購入のハードルが下がるでしょう。

<複数の不動産会社に査定してもらう>

マンションを査定してもらうなら複数の不動産会社に依頼を出し、比較検討するようにしましょう。

また、マンションがあるエリアの売却に強く、マンション売却の実績が多い不動産会社がおすすめです。

>>不動産会社の口コミ・評判ならいえらぶ不動産会社検索

>>不動産売却・無料一括査定サービス - いえらぶ物件検索

マンション売却時にリフォームする場合の費用

最後に、マンション売却時にリフォームする場合の費用や安く抑える方法について見ていきましょう。

マンション売却時にリフォームする場合の費用

<リフォームの相場>

リフォームは規模によって費用が異なりますが、キッチンリフォームだと50万円~150万円、トイレ10~50万円、洗面所20〜50万円、お風呂場50〜100万円が目安となります。

もし室内すべてをリフォームするとなると数百万円かかってしまうので、500万円かけてリフォームするより販売価格を500万円下げたほうが、結果として早く売却できる可能性もあります。

まずは、売却時のリフォームの需要や規模を考え、不動産会社に相談するとよいでしょう。

<リフォーム費用を抑える方法>

リフォーム業者によっても、かかる費用が大きく異なる場合があります。

一般的に個人経営の業者や工務店のほうがリフォーム費用が抑えられる傾向にあるので、不動産会社と同様に複数社で検討することをおすすめします。

また、リフォーム費用は譲渡費用として確定申告するようにしてください。

マンションを売却して得た利益は譲渡所得と呼ばれ、譲渡所得=販売価格 – 取得費 – 譲渡費用で計算されます。

この譲渡所得が多ければ多いほど譲渡所得税も増えるため、なるべく取得費や譲渡費用で経費を計上することが重要になります。

売却時のリフォーム費用は譲渡費用(マンション売却でかかった費用)として計上可能なので、マンションを売却した翌年の2月16日~3月15日に確定申告を忘れずにおこないましょう。

また、確定申告のために、リフォーム時の領収書などは大切に保管しておくようにしてくださいね。

解体の窓口

まとめ

マンション売却時にリフォームをしたほうがよいのか悩む方がいますが、基本的に売却しづらくなるので不要です。

しかし、なかなか売却に至らない、傷や汚れが目立つなどの理由があれば、不動産会社にリフォームの必要性について相談してみましょう。

いえらぶでは、全国の賃貸物件売買マンション土地などをご紹介しています。

理想の住まい探しはいえらぶにお任せください!

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事