住まいのノウハウ

空き家を安く買うにはどうすればいい?空き家バンクや購入のポイントとは

いえらぶコラム編集部

空き家を安く買うにはどうすればいい?空き家バンクや購入のポイントとは

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

リモートワークが普及しお家時間が増えたことで、「もっと広い部屋が欲しい」「持ち家でのびのびと過ごしたい」と考える方も増えたのではないでしょうか?

そこで注目されているのが、空き家です。

空き家というと古いといったイメージがありますが、安く状態がいい物件を購入できることもあります。

今回は 空き家を探す方法や空き家が安くなる理由、空き家を購入するときのポイントをご紹介します。

空き家を買うなら空き家バンクを利用しよう

年々増加している空き家は倒壊や治安の悪化などのリスクがあることから、2014年からは法律により空き家を放置できなくなりました。

放置しているとペナルティが課せられるので、空き家を手放したいと考える所有者が増えています。

空き家を購入したい方にとっては、とてもよいタイミングだと言えるでしょう。

空き家を買うなら空き家バンクを利用しよう

<空き家バンクとは>

激安で市場に出回ることも多い空き家ですが、不動産会社での取り扱いがないこともあります。

そこでおすすめなのが、空き家バンクです。

空き家バンクとは自治体が主体となって運営しているもので、空き家を所有している人と空き家を探している人が登録し、空き家の情報を提供するサービスです。

自治体が仲介役として、売手と買手、貸手と借手をマッチングさせます。

一見不動産会社と同じようなサービスをしているようですが、運営するのは自治体なので無料で使用することが可能です。

<空き家バンクのメリット>

とにかく安く空き家を購入できる

不動産会社を利用すると必要になるのが、仲介手数料です。

(売買価格×3%+6万円)+消費税と上限額が定められていますが、物件によっては高額になるケースも珍しくありません。

しかし、空き家バンクなら不動産会社を介さず売手と買手が直接契約を結ぶので、仲介手数料は発生しません。

その分、不動産を購入する費用が抑えられるのでより安く購入できるでしょう。

補助金を受けられる

ほとんどの自治体の空き家バンクでは、補助金や助成金を受け取れます。

建物のリフォーム費用を一部補助してくれるといったものもあるので、購入後のコストも抑えられるでしょう。

利用する空き家バンクの自治体がどのような補助をおこなっているか調べて、積極的に申請することをおすすめします。

多くの空き家情報が見られる

とくに都会から引越して田舎暮らしを始めたい方にとっては、地方の空き家情報をネットで確認できるのでとても便利です。

また、反対に空き家を売りたい人や貸したい人にとっては、より多くの人に物件をアピールできるようになったと言えるでしょう。

<空き家バンクのデメリット>

便利な空き家バンクですが、デメリットも存在します。

個人間の契約でトラブルが起きやすい

不動産会社に依頼した場合は、不動産会社がこれまでの取引実績や専門知識をもとに販売価格や契約条件を定めます。

個人間の契約では不動産会社を仲介しないことで仲介手数料はかかりませんが、契約上の不備や交渉のトラブルなどが起こる可能性が高いです。

さらに仲介役がいないことで、長期に渡って解決できないこともあります。

このようなトラブルを避けるために専門家を雇ったり契約をやり直したりして、余計に費用や時間がかかってしまうケースも考えられます。

すべての自治体が空き家バンクを運営しているわけではない

全国的に空き家問題が取りただされていますが、すべての自治体が空き家バンクを運営しているわけではありません。

また、自治体によってサポートの内容も異なることに注意が必要です。

<空き家バンク以外の選択肢>

自治体が運営している空き家バンク以外にも、民間企業が空き家情報を紹介するサービスや無償譲渡できる空き家の情報をまとめたサイトなども存在します。

さまざまなサービスを利用しながら、条件に合う空き家を探すとよいですよ。

空き家が安くなる理由

空き家が安く売りに出されていると魅力的ですが、安くなっている理由が必ずあります。

販売価格のみで購入しあとに後悔のないよう、どのような場合に安くなるのか知っておきましょう。

空き家が安くなる理由

<リフォームや修繕する必要がある>

購入後にリフォームや修繕する必要がある場合、安く売りに出されることがあります。

とくに空き家であれば築年数が経っていることも多いので、安く購入できたとしても、住みはじめてからコストがかかってしまうかもしれません。

水回りの設備を取り替えたり大規模修繕をおこなったりすると、空き家のメリットをあまり受けられないこともあるでしょう。

<瑕疵物件である>

瑕疵物件とは物理的・心理的な欠陥がある物件のことを言います。

具体的には、

・法律上の建築基準を満たしていない

・過去に自殺や殺人が起きた事故物件だった

・周辺に火葬場や工場など嫌悪施設がある

などがあげられます。

このような物件は買手を選ぶので、安く販売していることがあります。

<旧耐震基準の物件である>

建物は耐久性を確保するために、耐震基準が定められています。

この耐震基準には旧耐震基準と新耐震基準があり、1981年5月31日までは旧耐震基準が適用されていました。

震度5強程度の揺れでも倒壊しない構造として設定されていますが、現在起きている地震の大きさを考えると安心できないかもしれません。

耐震診断を受けたり耐震補強工事をおこなったりして、耐震性を上げる必要があります。

>>マンションの耐震基準を知っておこう!マンションを購入するなら気になる耐震性について

<任意売却の物件である>

空き家自体の問題ではなく住宅ローンを支払えないなどの理由で、任意売却として売りに出されていることもあります。

売主としても早く売却したいので、大幅な値下げに応じてくれる可能性もあるでしょう。

>>住宅ローン返済できないとどうなる?払えなくなる理由と4つの対処法

空き家を購入するときのポイント

最後に空き家を購入するときのポイントをご紹介します。

購入後に後悔しないよう、事前に空き家購入のポイントを知っておきましょう。

空き家を購入するときのポイント

<空き家の情報をよく集めておく>

ネット上で確認できる情報には、やはり限界があります。

実際に住宅としての機能性が十分かどうか、周辺環境に問題はないか、売却理由はなにかといった細かい情報は現地で確認したほうがよいです。

また、購入後に「建て替えようと思って購入したけど再建築負不可物件だった」「住んでみたら大きな傷や不具合が見つかった」などの問題が見つかった場合、売主とのトラブルは避けられないでしょう。

どちらにとっても気持ちのよい取引ができるように、購入したい空き家は現地に行って情報を集めるようにしてください。

<空き家取得にかかる税金を知っておく>

空き家購入には、購入費のほかに取得時や取得後にかかる税金が存在します。

空き家を購入するときは、以下の税金も資金計画に含めるようにしましょう。

・印紙税 売買契約書に貼る印紙として納付する税金

・登録免許税 登記手続きの際にかかる税金

・不動産取得税 不動産を取得したときにかかる税金

・固定資産税 不動産を取得している人に毎年課税される税金

<リフォーム・修繕費用を把握しておく>

先ほどもお伝えしたように、空き家はリフォームや修繕が必要なことが多く、それにかかる費用もはじめから考慮しておいたほうがよいです。

費用を把握していないと、リフォームや修繕後に費用が予想以上にかさみ、負担になってしまうことも考えられます。

リフォーム費用を考えると、空き家ではなく新築物件を購入したほうがよい場合もあるでしょう。

>>リフォーム費用の相場はいくら?リフォーム時に利用できる制度もチェック!

解体の窓口

まとめ

空き家は安く買えることも多く、購入後にマイホームにしたり空き家をカフェとして利用したりなど、さまざまな活用方法があります。

購入後のトラブルを避けるためにも、空き家が安くなる理由や空き家購入のポイントを押さえて、素敵な空き家を購入してくださいね。

いえらぶでは、こだわり条件からあなたにピッタリの住まいが見つかります。

賃貸物件売買マンション土地など、ライフスタイルに合わせた不動産を探しましょう!

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事