暮らし

一人暮らしに必要な住所変更の手続きとは?重要なポイントをピックアップ!

電気 水道 ガス 申し込み

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

実家から離れて一人暮らしをすると、初めてのことが多くて戸惑うことがあると思います。

特に必要な手続きも多く、どのように進めればいいのかわからない方も多いでしょう。

そこで今回は、一人暮らしをする際に必要な手続きについて分かりやすくまとめてみました。

引越し前に必要な手続き

電気・水道・ガスの申し込み

実家から離れて一人暮らしをする際には、引越し前に電気と水道、そしてガスをそれぞれ個人で新規契約をしなければなりません。

ちなみに、連絡をする時期は遅くても入居する1週間前に連絡してください。

また、マンションによってはまとめて電力会社に加入したり、水道の連絡を不動産が行ってくれるケースがあるため、まずは不動産会社に連絡したほうがいいでしょう。

・電気

電気 水道 ガス 申し込み

電力自由化によって電気の契約先を選べるようになりました。

そのため、自分に合った電力会社や契約プランを検討し電話、もしくはインターネットで申請しましょう。

・水道

管轄の水道局へ電話、もしくはインターネットで使用開始日を伝えてください。

・ガス

ガスの場合は、引越し先を管轄する都市ガス、もしくはプロパンガス会社へ申請しなければなりません。

また、新居でガスを利用するためにはガス会社の立ち合いのもと開栓する必要があります。

そのため、電話やインターネットなどで入居日や住所などを伝え、開栓手続きを申請してください。

住民票異動の手続き

仮に引越し先が実家の市区町村外になる場合、転出届を出し「転出証明書」を受け取っておきましょう。

この転出証明書は、引越し後の住民票の移動手続きで必要となるので、大切に保管してください。

また、この手続きは引越しの2週間前から申請できるので、早めに手続きを済ませておきましょう。

ちなみに大学進学のために一時的に一人暮らしをする場合は、生活拠点は実家にあると判断されるため、住民票の異動をしなくても問題ありません。

また、運転免許の更新や成人式の会場は住民票のある地域になるので、実家のある地元で成人式へ出席したい場合は、住民票は移さない方がいいです。

ただし、健康保険証や選挙の案内は同様に住民票に記載されている住所をもとに案内が届くので、注意してください。

ネット回線の申し込み

ネット回線の申し込み

インターネットを新規で申し込む際に、回線工事が必要な場合があるのですぐに使うことができないかもしれません。

また、引っ越しシーズンだと待たされる可能性もあるので、入居日が決まったらすぐにインターネット契約をしておいた方がいいでしょう。

オンラインからでも契約可能なので、実家のパソコンから申請することもできます。

転送サービスの申し込み

郵便局の転送サービスを使用すれば、実家に送られた自分宛ての郵便物を新居へ送る事が可能です。

手続き方法は、郵便局の窓口にある転居届を出す、もしくは郵便局のHPから申し込みすれば、転送サービスを無料で受けられます。

ただし、転送が開始されるのは1週間ほどかかるので、こちらも引越しの一週間前に済ませておきましょう。

引越し当日に確認しておく事

新居へ引越しが完了したら、昼間のうちに電気や水道、そしてガスの確認をしておきましょう。

電機はブレーカーの確認、水道は蛇口をひねるなど、それぞれの設備がしっかりと使用できるか確認してください。

また、ガスは前述した通りガス会社の立ち合いが終わった後に使用可能となります。

引越し後の手続き

住民票異動

住民票の異動手続きの際には、引越し前にもらっておいた「転出証明書」と身分証明書、そして印鑑を持って引越し先の役所へ行ってください。

役所の窓口へ転入届を出せば、住民票の異動は完了です。

また、役所では転入届を提出すると、国民健康保険や転居に伴って必要な手続きを窓口で案内される場合もあるので、まとめて済ませておきましょう。

ちなみに、引越し後の2週間以内に行うのが目安で、この時に住民票の写しを申請して受け取っておくといいですよ。

運転免許の住所変更

運転免許の住所変更

運転免許証は、引越し手続きの際に本人確認の証明のために使う機会が多いです。

そのため、運転免許証は最寄りの警察署へ行き、免許証の住所変更を済ませておきましょう。

会社や学校での住所変更

会社や学校へ転居したことを連絡しましょう。

この場合、転居届が用意されている場合が多いので、書類に記入して提出してください。

その他の住所変更

他にも手続きをしなければいけないものがあり、例えばクレジットカードや個人契約の保険など、住所変更が必要なものはたくさんあります。

そのため、住所変更が必要なものをリストアップして整理しておいた方が良いでしょう。

また、ネットで住所変更ができるものがあるので、ホームページで確認してみてください。

まとめ

始めて一人暮らしの引越しをする際には、このように数多くの手続きをしなければなりません。

しかし慌てずに、時間に余裕をもって手続きを順番良く進めていけば問題ありません。

手続きと住所変更をしっかりと済ませて、安心して新しい生活がスタートできるようにしましょう。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼一人暮らし向きのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

一人暮らし向きの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事