不動産のいえらぶ > 一戸建て > 岩手県の一戸建てを探す

岩手県一戸建てを探す

岩手県の一戸建て

新着物件

岩手県の一戸建て事情を知ろう

岩手県で一戸建ての供給が多いのは盛岡市とその周辺の紫波町、矢巾町、花巻市などです。新築一戸建て物件はニュータウンなど住環境の整ったエリアから売り出されることもあるので、住みたいエリアの情報は細かくチェックしておいたほうがよいでしょう。岩手県の冬は寒さが厳しく、一戸建てで暮らすには寒さ対策・断熱性がしっかりした物件が求められます。新築物件であらかじめ断熱性を高くしたものや、中古の一戸建てで窓ガラスやサッシを気密性の高いものに変えたり、床下、天井裏、壁に断熱材を入れるといったリフォームをした物件なども中にはあります。チェックした物件の寒さ対策が不十分だと感じた場合は、中古一戸建てをリフォーム・リノベーションをして住みやすくするのも一つの手段です。

岩手県の一戸建てに住むメリットは?

岩手県は面積が北海道に次ぐ広さを持っています。自然に恵まれており、山地や丘陵が多く緑豊かな県として知られています。稲作や畜産業、林業、漁業が盛んでワカメやアワビの養殖は全国第1位の生産高を誇り、食料自給率は106%と、自給率が100%を越える数少ない県のうちのひとつとなっています。県の人口約130万人のうち、70%以上が内陸部の北上盆地に集中して居住しています。東北新幹線の開通などで交通インフラが整ってくるとともに製造業が発展してきた地域です。また伝統工芸の南部鉄器や、グルメではわんこそば、お菓子の南部せんべいなどが有名です。緑豊かで食材も豊富な、広々とした岩手県で一戸建てを探すならぜひこちらのサイトをご活用ください。

岩手県の生活環境は?

岩手県は、人口約133万人、面積15,275.01km²、人口密度は83.9人/km²の地域です。県庁所在地である盛岡市の人口は約30万人となっています。可住地面積が広く、都道府県別でみると第3位の広さとなっています。年間雪日数は第3位で、県内全域が豪雪地帯に指定されているものの、冬の積雪量には地形による地域差が大きくなっています。西和賀町と八幡平市は積雪量がかなり多く、特別豪雪地帯に指定されています。一戸建てを購入する際には地域の降雪量や雪対策を考慮したほうがよいでしょう。奥羽山脈は積雪量が多く雪質も良いため、スキーを楽しみたい人には最適です。農業就業人口は全国第1位と農業、漁業が盛んで自給率が高く、豊富な食材を楽しめるのも岩手県の魅力です。

地域情報岩手県で一戸建て生活

岩手県は約130万人からなる県で、総面積は全国2位と広い面積を誇るが可住地面積割合が24.3%と低く、可住地面積では全国5位内4分の1となり、人の住めない土地の割合が広い県となっています。そのため農業や林業が盛んな県となっています。また、スキーで有名な安比高原や八幡平リゾートをはじめ数々のゲレンデがあり、気候的に積雪量が多い岩手県は雪質も良いため、県内でスキーやスノーボードの国内大会や国際大会も開かれることがあり、冬場は観光客で賑わっています。
冷麺やスポーツで活気だつ県庁所在地である盛岡市には総人口の約4分の1である約30万人が住んでおり、一戸建ての物件もここを中心に近郊の紫波町や矢巾町、また奥州市・一関市・北上市など比較的大きな町に集まっています。中でも盛岡市は開発が進んでおりいわて銀河鉄道厨川駅の大規模住宅街や北部の松園ニュータウン、東北本線仙北町駅のゆいとぴあ盛南など住環境が整った物件が流通することもあります。

岩手県の市区町村

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る