不動産のいえらぶ > 土地 > 栃木県の土地を探す

栃木県土地を探す

栃木県の土地

新着物件

栃木県の土地事情を知ろう

関東地方最大の面積を誇る栃木県。県内の土地物件は県庁所在地である宇都宮市が多く、平均価格は1㎡あたり5.64万円となっています。次いで、宇都宮市の南部に位置する下野市が4.23万円/㎡、下野市に隣接する小山市が3.88万円/㎡となっています。また、渡良瀬川と緑溢れる山の豊かな自然が広がる足利市も比較的土地が多く、平均価格は3.13万円/㎡となっています。沿線では、JR宇都宮線や東武宇都宮線の各駅周辺において多くの物件をお探し頂けます。面積は200㎡以上が多く、地域によっては300㎡以上の物件も見つけることができます。比較的広い土地が充実していますので、どなたでも理想のマイホームを建設できることでしょう。

栃木県の土地を買うメリットは?

栃木県は関東を代表する工業地域を擁しているほか、埼玉や東京へのアクセスがスムーズなことから、首都圏のベッドタウンとしても機能しています。また、内陸の緑豊かな自然環境に恵まれていることから、酪農や畜産業、農業も盛んに行われており、イチゴやブドウ、かんぴょうなどが特産品として知られています。そのほか、国内はもちろん、海外からの観光客も多い、日光や尾瀬、那須高原の観光スポットや、温泉街も多く点在しており、暮らしも仕事も遊びも様々なライフスタイルが共存していることが特徴的です。交通や生活の利便性に優れながらも、東京近郊地域と比べると土地平均価格はとても安価なので、お得に土地購入をされたい方にはオススメですよ。

栃木県の生活環境は?

栃木県の人口は、県庁所在地である宇都宮市が約50万2千人でダントツトップ。続いて、小山市が約16万人、足利市が約15万9千人となっています。宇都宮市は、栃木県のほぼ中央部に位置しており、市内には鬼怒川が流れているほか、戸祭山や八幡山の緑豊かな自然に囲まれています。市の中心駅である宇都宮駅周辺に官公庁や商業施設、さらには工業団地も広がり、政治・経済の拠点として発展し続けています。気候は内陸性気候となっており、年間を通して気温の差が激しく、四季折々の変化を感じられます。また、保育園や小・中学校の教育機関、一般病院の県内数でもトップを誇り、子育ても健康面も安心・快適に過ごせる環境で、住民の暮らしを支えていますよ。

地域情報のんびり栃木で土地探し

栃木県は関東地方北部に位置し、境界部に海岸線を有しない内陸県です。
農業は平野部が米や麦の産地、高原部が酪農地、畜産地となっているほか、いちごやかんぴょうが特産で、特にかんぴょうは栃木県が99%を生産しているんです!
名物としては宇都宮のギョーザに鬼怒川の鮎、とちおとめのいちご、お土産に最適な黄ぶなもなかやレモン牛乳などなど美味しい物もたくさんあるんですよ!
観光地は北西部の日光・鬼怒川や北部の那須・塩原で盛んで、東照宮や輪王寺などの世界遺産や、鬼怒川温泉や日光湯元温泉や那須温泉郷や塩原温泉郷などの由緒ある温泉、中禅寺湖や戦場ヶ原、那須岳や那須高原など豊かな自然を観光資源とし、 これらの地域は日本初の国立公園である日光国立公園の指定地域内にあり、自然保護などの施策も執られています!
そんな栃木県に住んでみたいと思いませんか?数ある土地の中からあなたのニーズに合った物件が見つかる事間違いなしです!

栃木県の市区町村

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る