不動産のいえらぶ > マンション > 山形県のマンションを探す

山形県マンションを探す

山形県のマンション

山形県の生活環境は?

日本海に面する山形県は、全域が日本海側気候であり、県域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯です。基本的には夏冬ともに平均気温が高いため、雪は降っても解けやすく、積雪量はそれほど多くはありません。しかし鶴岡市などでは突発的に豪雪となる年もあるため、山形県で暮らせば冬場の雪かきは必須となっております。また山形県は果樹王国として全国的にも有名で、サクランボは日本一の生産量を誇ります。「佐藤錦」は高級ブランドのサクランボとして知られており、米の収穫量は県別順位で5位(2006年)であることから、フルーツ以外に米の生産も盛んです。そのため、山形県のマンションに住まえば、おいしい食材を手に入れることができます。

山形県のマンションに住むメリットは?

サクランボの生産量日本一で知られている山形県は、「果樹王国」と呼ばれるほど、フルーツの生産が盛んに行われています。そのため、山形県に住まえばスーパーなどで新鮮なフルーツを気軽に購入することができます。また県全域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯に指定されていることから、冬季の雪は非常に激しいというのが特徴です。冬季の雪は非常に激しい山形県では、マンション暮らしがオススメとなります。マンションは鉄筋コンクリート造が基本です。鉄筋コンクリート造であることから、一戸建てと比べると気密性が高いので、寒い冬が訪れる山形県でも暖かく暮らすことができるでしょう。冬でも暖かく暮らせるのが、山形県のマンションに住むメリットです。

山形県のマンション事情を知ろう

山形県のマンション数は全国に比べて少ないとされています。マンション戸数は47都道府県中42位(2008年)、総世帯数に占めるマンション戸数の割合は45位となっていることからも分かるように、山形県のマンションの数は少ないのです。しかし近年では県庁所在地である山形市を中心に、マンションの建設が増えてきています。山形市の場合は、高さ20メートル超か6階以上のマンションを「中高層分譲マンション」と規定しており、これに該当するマンションが毎年3?4棟ほど建設されているのが特徴です。そのため山形県でマンションを購入するのであえれば、山形市で求めると住まい探しがしやすいでしょう。もちろん、こちらでは山形市以外のマンション情報を取り扱っております。

地域情報山形県のマンションに住む

山形県は、銀山温泉、湯野浜温泉、蔵王温泉、白布温泉など、県内の35の市町村のすべてに温泉が湧き出し、温泉王国とも呼ばれています。また全国の生産量の約7割を占めるさくらんぼをはじめ、米、そば、米沢牛、ラ・フランスなどの産地として全国的に知られています。松尾芭蕉の「奥の細道」に詠まれたことでも有名な最上川が県内の各地域を流れ、その周りを山々が囲み、県内の7割以上を森林が占める美しい自然でいっぱいの山形県。その県内は、県庁所在地の山形市がある村山地方、新庄駅がある最上地方などそれぞれ固有の方言や特徴ある食文化が息づいた4つの地域に分かれており、JR線や東北中央自動車道、山形自動車道などの道路網で結ばれています。加えて東京に向かう山形新幹線「つばさ」や県内2つの空港により、首都圏からのアクセスも便利です。やはりマンションが多いのは県庁所在地の山形市やその周辺。ぜひぴったりの物件をお探しください。

山形県の市区町村

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る