令和6年能登半島地震の影響について

お客様各位


平素よりいえらぶポータルをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2024年1月1日(月)に発生した令和6年能登半島地震により被災をされた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


被災地域の物件や周辺環境に被害が発生している場合がございます。

地震の影響により、掲載情報が実際と異なる可能性があることをご了承ください。


2024年1月4日 株式会社いえらぶGROUP

那覇市の賃貸物件一覧

1,441

並び替え

-

那覇市周辺の家賃相場

沖縄県の家賃相場一覧

このデータは駅徒歩15分以内の賃貸物件を元に独自のロジックで算出しています。最終更新日:2024年2月1日(毎月1日更新)

那覇市の賃貸物件に関するよくある質問


Q.那覇市の賃貸物件数はどれくらいありますか?

A.那覇市の賃貸物件数は2023年5月5日現在、1,742件掲載されています。希望の家賃や1DK、2LDKといった間取り、バストイレ別などのこだわり条件で絞り込むことで希望にあった賃貸物件が見つけやすくなります。

Q.那覇市の家賃相場はどの程度でしょうか?家賃を抑える方法が知りたいです。

A.那覇市の家賃相場はこちらで確認することができます。那覇市の中でもおもろまち、天久、銘苅などの新都心エリア、県庁前周辺エリアは家賃相場が高く、小禄や識名など中心部から離れた場所は比較的安い賃貸物件も多くなります。築年数の古い物件であれば那覇市内でも月々3万円台の賃貸物件もあります。ただ、家賃の安いエリアは生活利便性が低い、治安が悪いといった可能性もあるので周辺環境をチェックして生活イメージができるか確認しておくといいでしょう。

Q.那覇市の賃貸物件を探す上で気をつけることはありますか?

A.沖縄は虫が大きくてたくさんいるので、虫が苦手な人は3階以上の部屋を選ぶといいでしょう。地面に近い階ほど、当然虫との遭遇機会が増えます。逆に、3階以上で築年数の浅い賃貸物件であれば家の中で虫と出会うことはほとんどありません。家をいつも清潔に保っておく、生ごみを長時間置いておかないなども効果的なので24時間ゴミ出し可能な物件を探すのもおすすめです。車を所有する予定の場合は駐車場があるか、乗用車の場合は軽専用の駐車場ではないか、駐車場代はいくらかなど駐車場の情報もチェックしましょう。

Q.那覇市の中で人気エリアはどこですか?

A.沖縄県那覇市には、住みやすいエリアがいくつかありますが、以下の4つをおすすめします。


①栄町・牧志エリア
栄町・牧志エリアは、那覇市の中心部に位置しています。ゆいレールの駅も多くあるので交通の便がよく、ショッピングや飲食店が充実しています。国際通りにも近く、観光客にも人気のエリアです。飲食店が多いエリアがいいという方、車を持っていない方、ゆいレール沿線に職場のある方におすすめです。


②小禄エリア
小禄エリアは、那覇市の南部に位置しており、自然豊かな環境に恵まれています。公園やビーチが近くにあり、子育て世帯にもおすすめです。また、那覇空港にも近いので、出張や旅行が多い方にも便利な立地です。


③首里・壺川エリア
首里・壺川エリアは、那覇市の東部に位置しており、歴史ある建物や文化財が多く残っています。また、静かな環境にある住宅街が多く、落ち着いた生活を送りたい方におすすめです。人気の小学校も多いので、子供のいるファミリーにもおすすめです。

④新都心エリア
新都心エリアはゆいレール「おもろまち」駅や「古島」駅が最寄り駅です。移住者も多く住んでおり、泊小学校や天久小学校など評判のいい小学校も新都心エリアが学区となっています。大型商業施設や公園なども充実しており、家賃相場は高めですが便利で人気のエリアです。

エリアごとに特色があるので、自分の生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

Q.那覇市内のスーパーマーケットについて教えてほしい

A.那覇市には色々なスーパーマーケットがあります。それぞれのスーパーについて口コミを紹介します。スーパーごとに特徴があるので、チラシもチェックしてお得にお買い物をしてください。

■サンエー
(口コミ)沖縄県内で最大手のスーパーマーケットです。那覇メインプレイスや浦添パルコシティなど大型の商業施設の中にあるので、商業施設にいくついでにお買い物ができて便利!売り場が広くて沖縄土産などもたくさん置かれてます。

かねひで
(口コミ)沖縄の老舗スーパー。独自の仕入れで「なんでこれがこの価格?」といった掘り出しものを見つけるのが楽しい!

ユニオン
(口コミ)銘苅や真嘉比、前島など那覇中心地にも店舗があって、24時間営業しているので便利だし安い。

りうぼう
(口コミ)ちょっと高めで成城石井みたいなイメージです!ちょっといいワインやチーズとかを買いたいときにおすすめ!

コープ
(口コミ)新都心のコープは鮮魚コーナーがいい!

マックスバリュ
(口コミ)トップバリュ製品を買いたいときに行きます。安謝や銘苅、松山、牧志、若狭など那覇市内にたくさんあって利用しやすいです。

ザ・ビッグ
(口コミ)イオンのディスカウント型スーパーでとにかく安いのが素敵!那覇市内では小禄にあります。


沖縄エリアの賃貸情報

那覇市の賃貸に引っ越し予定の方必見!!!基本情報からマニアックな情報までご紹介します!

【那覇の間取りごとの賃貸の家賃相場】

那覇の間取りごとの賃貸の家賃相場は、以下の通りです。

  • 1K:4万円~6万円
  • 1LDK:6万円~8万円
  • 2LDK:8万円~10万円
  • 3LDK:10万円~12万円

賃貸物件の家賃相場は、間取りの他に、立地、築年数、設備、周辺環境などによっても異なります。
たとえば、那覇の中心部に位置する物件は、郊外よりも家賃が高くなる傾向にあります。
また、築年数が新しい賃貸物件や、設備が充実した賃貸物件は、家賃が高くなる傾向にあります。
賃貸の各家賃の相場感に合わせた暮らしの水準は、以下の通りです。

1K
一人暮らしに適した間取りです。賃貸の家賃が安いため、貯蓄や趣味にお金をかけることができます。一般的には、4.5畳未満のキッチンスペースがあり、部屋との間に仕切があります。つまり、ワンルームとの違いは仕切りがあるかです。一方、1DKは一般的には、あわせて4.5畳から8畳未満のダイニングとキッチンスペースがある点で異なります。
1LDK
一人暮らしや、二人暮らしに適した間取りです。賃貸の家賃は1Kよりも高くなりますが、キッチンやリビングが独立しているため、プライバシーが守られます。生活空間を分けられる、レイアウトが自由にできる、好みのインテリアを置くことができる、家に友人を招いても狭くないなどが人気の理由です。 後々同棲を考えている場合、喧嘩したりしてプライベート空間がほしいといった時にも便利です。
2LDK
二人暮らしや、三人暮らしに適した間取りです。賃貸の家賃は1LDKよりも高くなりますが、子供がいる家庭や、来客が多い家庭に適しています。賃貸アパートやマンションでも人気の物件ですが、子供が二人以上だと狭くなるので子供の成長に合わせて引っ越しも検討する必要があります。
3LDK
三人暮らしや、四人暮らしに適した間取りです。ファミリー向けに一番人気の間取りになります。またキッチンにこだわった物件も多いのでママの強い味方になってくれる間取りです。

那覇で賃貸物件を探す際には、自分の予算やライフスタイルに合った賃貸物件のを探すことが大切です。
また、賃貸の家賃相場を事前に調べておくことで、交渉の際にも有利になります。

【賃貸物件を探す際にチェックすべきこと】

那覇で賃貸の部屋を探す際には、間取りや収納、設備など、いくつかの点に注意する必要があります。

まず、間取りは自分のライフスタイルに合っているかを確認しましょう。
一人暮らしなら1Kや1DK、2人暮らしなら2LDKや3LDKが一般的です。
また、家族で住む場合は、子供の人数や年齢を考慮して間取りを選ぶようにしましょう。住む人数が増えるほど、広めのマンションや戸建など選択肢を広げると良いでしょう。
また、子供がいる場合は近くに学校があるかどうかも肝です。

次に、収納スペースは十分にあるかを確認しましょう。
洋服や家電、日用品などの収納スペースが十分ないと、部屋がすぐに散らかってしまいます。
特に収納スペースが各部屋についているかを見ておきましょう。安い物件程収納が小さかったり家具を置くスペースが無かったりします。
部屋の数が少なければなおさら家具を置いてしまうと更に部屋が狭くなってしまうので、収納の数は要チェックです。

エアコンは必須かどうかを確認しましょう。
那覇は夏がとても暑いため、エアコンがないと快適に過ごすことができません。
また、冬は比較的過ごしやすいですが、エアコンがあると暖房もできるので、あった方が安心です。
また、エアコンがあったとしてもちゃんと動くかどうかの確認が必要です。後付けしようと思っても室外機を置く場所がなかったり、工事費が高くなることもありますので気をつけましょう。

洗濯機置き場や冷蔵庫置き場があるのかを確認しましょう。
洗濯機置き場や冷蔵庫置き場がない場合、部屋に置く場所を自分で探す必要があります。
また、洗濯機置き場や冷蔵庫置き場があっても、サイズが合わない場合もあります。
外置きの場合は洗濯機の錆に注意です。折角高品質な洗濯機を持っていたとしても、外置きの場合ダメになりやすいので気を付けてください。

使用できる電力容量を確認しましょう。
電力容量が少ない場合は、エアコンやドライヤーなどの電気製品を同時に使用すると、ブレーカーが落ちてしまうことがあります。特に間取りが狭いほどブレーカーが落ちやすいので家電にこだわる方は気を付けてください。

これらの点に注意して、自分の希望に合った物件を探しましょう。
また、物件を探す際には、不動産会社に相談することも大切です。
不動産会社は、物件情報や周辺環境など、さまざまな情報を提供してくれるので、効率的に物件を探すことができます。

【物件の状態を確認する】

那覇で賃貸物件を探す際には、物件の状態をよく確認することが大切です。
ここでは、賃貸物件の状態確認のポイントをいくつかご紹介します。

壁や床のひび割れや汚れは、賃貸物件の老朽化やメンテナンス不足が考えられます。
これらの問題がある場合、今後の修繕費用がかかる可能性が高いので、注意が必要です。
引っ越す際には前もって老朽部分などが無いか確認と写真等でその事実を記録しておくとよいでしょう。

水回りの設備不良は、生活する上で大きな不便となります。
給湯器やトイレ、キッチンなどの設備が正常に作動するか、必ず確認しましょう。特にトイレの水が流れないが一番困るので真っ先に確認をすると良いです。
窓やドアの開閉は、防犯上重要なポイントです。
窓やドアがきちんと開閉できるか、また鍵がきちんとかかるかを確認しましょう。鍵については引っ越し時に鍵交換されているかの確認をしましょう。

エアコンの動作確認は、夏や冬に快適に過ごすために重要です。
エアコンが正常に作動するか、また冷房や暖房の効き具合を確認しましょう。不調があれば自分で修理するのではなく、必ず不動産会社に連絡しましょう。

断熱性や遮音性は、生活の快適性に大きく影響します。
断熱性が高いと、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。
遮音性が高いと、外からの騒音を気にせずに過ごすことができます。壁に耳を傾けて隣の声や物音が聞こえないか確認をしておくと良いでしょう。

周辺環境は、生活する上で重要な要素です。
賃貸物件の近くにスーパーやコンビニ、病院などの生活に必要な施設があるか確認しましょう。
また、交通の便や治安なども確認しておきましょう。

これらのポイントをよく確認して、自分に合った賃貸物件を見つけましょう。

【那覇で賃貸物件でのお困りごとは住まいの総合相談窓口へ】

2007年より運営されている沖縄県を事業主体とした「住まいの総合相談窓口」は、住まいに関する様々な相談拠点を目指し、沖縄県民の疑問・不安の解消に協力してくれます。
お住まいの賃貸物件での隣人トラブルや退去等にまつわる相談にも応えてくれますので、トラブルに巻き込まれた際には安心ですね。

【那覇へ引っ越しの際に必要な手続き】

那覇以外の市区町村から引っ越しをする際は市役所での転入届の提出が必要となります。
提出期限や必要書類を事前に確認し、市役所と自宅との行き来にならないように注意しましょう。
那覇市役所では転入・転出・転居の手続きにおいて、インターネットから窓口を予約することができます。
窓口が混み合う時間でも事前に予約することで、スムーズな手続きを進められるため安心して手続きを進められるでしょう。
ただし、当日の予約はできないため、前日までに希望時間を予約しましょう。

<転入届の提出>
窓口:那覇市役所本庁舎ハイサイ市民課・首里支所・小禄支所・真和志支所
期限:転入届は引っ越した日から14日以内
届け出に必要なもの:転出証明書、届出人の印鑑、マイナンバーカード

※該当者は下記の書類も届け出に必要となります。
国民年金手帳(加入者のみ)、国民健康保険保険証(加入世帯に入る方)、在学証明書(小・中学生のいる方)

引っ越しの際にはライフライン(水道・電気・ガス)などの手続きも必要となります。
引っ越した後にライフラインが使えないという状態にならないよう、それぞれの手続き先を確認しましょう。

<お問い合わせ先>
水道:那覇市上下水道局
電気:沖縄電力など(お好きな小売電気事業者へお問い合わせください)
ガス:お使いのガス会社へお問い合わせください。
※賃貸物件の中には電力会社を選択できない場合があります。
公式HP:https://www.city.naha.okinawa.jp/water/

電気や水道の開通の際は基本的に不要ですが、賃貸物件のガスの開通時には作業員の立ち会いが必要な場合があります。
なお、水道の使用開始は引っ越しの1週間前までが目安となります。
引っ越しのシーズンである3月頃は市役所の窓口やライフラインの窓口が混み合います。
時間に余裕をもった賃貸物件の引っ越しの計画を立てることで不便なく賃貸物件の引っ越しを行うことができます。
上記の情報をぜひご活用ください!

【那覇のおすすめ引っ越し業者】

那覇には多くの引っ越し業者がありますが、その中でも特におすすめの業者をいくつかご紹介します。

1位:アート引越センター

アート引越センターは、創業1977年の全国に100店舗以上展開している豊富な経験と実績を持つ大手引っ越し業者です。
沖縄県には那覇に隣接する浦添市、豊見城市に2つの支店があります。
社内研修が徹底されており、お客様の声をもとにした社内評価制度も設けられているためサービスの質が高いといわれています。
他社と比較すると料金はやや高く感じる部分があるかもしれませんが、業界屈指の質の高いサービスを提供しているため安心して引っ越しをしたいという方にはおすすめです。
公式HP:https://www.the0123.com/?utm_source=gmb&utm_medium=social&utm_campaign=webclick&y_source=1_MTY2OTA4MzQtNzE1LWxvY2F0aW9uLndlYnNpdGU=

◆沖縄支店
住所:沖縄県浦添市前田985-1
電話番号:098-874-0123
◆沖縄南支店
住所:沖縄県豊見城市名嘉地167
電話番号:098-856-0123

2位:日本通運

日本通運は、全国180店舗以上展開している大手引っ越し業者です。
那覇にも支店があり、24時間365日WEBでの受付が可能です。
総合物流企業ならではではありますが、様々な輸送方法を選択できるため、予算や日程など都合に合わせた賃貸物件の引っ越しを実現できるのもポイントです。
料金は他社と比較すると割安で価格重視で賃貸物件の引っ越し業者を選びたい方にはおすすめです。
また、引越プランナーによる見積もりから引っ越しの手配、アフターフォローまで親切・丁寧な対応を受けられます。
公式HP:https://www.nittsu.co.jp/contact/madoguchi/okinawa/

◆琉球物流第一営業部
住所:沖縄県浦添市伊奈武瀬1-9-8
電話番号:0120-154-022

3位:サカイ引越センター

サカイ引越センターは全国200店舗近く展開している業界最大手の引っ越し業者です。 創業は1971年で直近6年は連続で売り上げトップを記録しています。 沖縄県には2つの支店があり、那覇にも1店舗、沖縄市に1店舗あります。 引っ越し難易度の高い家での研修が行われており、スタッフの技術力は非常に高いものとなっています。 賃貸物件の引っ越し当日は、プロのスタッフが丁寧かつスピーディに荷物を運んでくれるので安心です。
公式HP:https://www.hikkoshi-sakai.co.jp/company/network/okinawa.html

◆那覇支社
住所:沖縄県那覇市安謝617-190
電話番号:0120-103-599
◆沖縄支社
住所:沖縄県沖縄市高原7-23-10 リビングビル201号
電話番号:0120-946-909

4位:ロジスティード(LOGISTEED)

ロジスティード(LOGISTEED)も、全国展開している大手引っ越し業者です。
2023年3月までは日立物流という社名のため現在の社名に聞きなじみのない方も多いかもしれません。
那覇の隣の豊見城市に支店があり、引っ越し料金の見積もりは無料です。
また、賃貸物件の引っ越し当日は、プロのスタッフが丁寧に荷物を運んでくれるので安心です。
公式HP:https://www.logisteed.com/kyushu/information/office/okinawa_map.html

◆ロジスティード九州株式会社 沖縄出張所
住所:沖縄県豊見城市与根50-71
電話番号:098-852-2066

5位:ハトのマークの引越センター

ハトのマークの引越センターは、地域密着型の引越業者が集まっている組合で、全国150拠点ある引っ越し業者団体です。
エリアごとに加盟している地域密着型の業者(加盟店)が業務を行ってくれます。
地域密着の業者の集合体ではありますが、組合として研修や評価制度が整っているため質の高いサービスの提供をしています。
引っ越しのプランが多く、またオプションサービスも整っているため、状況や予算に合わせた賃貸物件の引っ越しを行うことができます。
公式HP:https://www.hato.or.jp/facebook/center/okinawa.php

◆那覇中央センター
住所:沖縄県那覇市通堂町4
電話番号:098-864-1954

引っ越し業者を選ぶ際の注意点

引っ越し業者を選ぶ際には、いくつか注意点があります。

  • - 料金: 引っ越し料金は、業者によって大きく異なります。複数の業者から見積もりをもらって、比較検討しましょう。
  • - サービス: 引っ越し業者によって、サービス内容も異なります。賃貸物件の引っ越し当日の作業内容や、引っ越し保険の有無などを確認しましょう。
  • - 対応: 引っ越し業者は、24時間365日対応している業者もあれば、平日のみ対応している業者もあります。また、土日祝日は割増料金がかかる業者もあります。

引っ越し手続き

引っ越しをする場合、いくつかの手続きが必要です。

  • - 引っ越し先の住所変更: 引っ越し先の住所を、役所や保険会社、金融機関などに変更する必要があります。
  • - 転出届と転入届: 引っ越し前の住所地で転出届を提出するとともに、引っ越し先の住所地で転入届を提出する必要があります。
  • - 車の住所変更: 車の住所を変更する場合は、車検証の住所変更手続きが必要です。
  • - 保険の住所変更: 保険の住所を変更する場合は、保険会社に連絡して手続きが必要です。

引っ越しは、人生の一大イベントです。引っ越し業者選びや、引っ越し手続きは慎重に行うようにしましょう。

※台風接近中※
2023年5月31日現在、沖縄地方には台風2号(マーワー)が発生しています。
沖縄本島の南側に停滞していますが、5月31日ごろにゆっくりと北上していく進路予測となっています。
6月1日夜頃に沖縄本島に上陸し、6月2日に最接近、夕方ごろには過ぎ去る予報となっています。

https://www.google.com/maps/@23.4971108,127.4226915,6z/data=!3m1!4b1!4m2!21m1!1s%2Fg%2F11v0c22v3l?entry=ttu

台風は沖縄県でよく見られる現象であり、夏~秋にかけて多く発生します。
台風は強風や豪雨をもたらし、家屋や生活に大きな被害を与える可能性があります。
そのために対策をすることは非常に重要です。
特に賃貸物件に住んでいる場合、自分で物件の所有権がないため、物件の安全対策をしっかりと行うことが求められます。
那覇市の賃貸物件にお住まいの方は困ったことにならないよう、下記の対策を参考に台風に備えておきましょう。

1.窓ガラスの対策

窓ガラスが台風で割れると、室内への風や雨の進入が進みます。
台風が来る前に、窓やドアをしっかりと閉めて鍵をかけ、カーテンやブラインドを閉めてください。
また、窓ガラスには養生テープを貼って割れにくくするか、段ボールや毛布などで覆ってください。
これらの対策をすることにより、物件を破損から守るだけでなく、自分自身の身を守ることにもつながりますのでできる限り対応しましょう。

2.賃貸物件周辺のチェック

賃貸物件の周りには飛ばされやすい物がないかを確認し、可能であればそれらを適切に固定または室内へ運びます。
自転車やプランター、ガーデニング用具などの普段は外に置いているものがあればできる限り運び込むことをお勧めします。

3.備蓄品の確保

那覇市ではあまり発生頻度が高くありませんが、台風時は停電や断水が起こる可能性もあります。
飲み水、非常食、懐中電灯、携帯電話の充電器(車用のものやモバイルバッテリーなど)、必要な薬、現金、重要な書類などをあらかじめまとめておくことが重要です。
非常食がない場合はご飯を炊いておき、冷蔵庫で保存しておくといいでしょう。

4.賃貸物件の保険

台風による建物への被害は火災保険に加入していることで補償される場合が多くあります。
賃貸物件では契約時に火災保険も契約していると思いますので、もしもの際は火災保険の補償内容を確認し手続きを進めましょう。
ただし、人や自動車などを対象としたものは火災保険ではなく傷害保険や自動車保険での対応となるため、それらの保険内容も確認しておくことをおすすめします。

5.情報のチェック

台風の動きは日々、または時間ごとに変わるため、気象庁や沖縄県のホームページ、ラジオやテレビなどで最新の予報や警報を確認してください。 また、避難指示や避難場所についても確認しておきましょう。

▼台風時のお問い合わせ先
那覇市役所 総務部 防災危機管理課(https://www.city.naha.okinawa.jp/safety/saigai/taihu.html
電話番号:098-861-1102
沖縄気象台(https://www.jma-net.go.jp/okinawa/typhoon/information/index.html
電話番号:098-833-4290(平日)・03-3434-9085(休日)

これらの対策を取ることで、台風から自分自身と賃貸物件を守ることができます。
しかし、何よりも大切なのは自分自身の安全です。
台風の接近時や通過中は絶対に外出せず、安全確保に努めてください。

【那覇の基本情報】

那覇は、沖縄県の県庁所在地であり、沖縄本島の中心都市です。
1921年に市制施行され、沖縄県庁や那覇市役所のある泉崎周辺にビジネス街が集積しています。
また近年は米軍基地返還後に新都心として都市化が進み、サンエーメインプレイスを中心とした商業スポットが数多く建設されました。
また、土地が少ない那覇の地価は上昇しており、高層マンションの建設も進んでいます。
価格は内地と比較しても決して安くはありません。
もちろん沖縄という土地柄、那覇も観光資源が充実しています。
国際通りや牧志公設市場など、多数の観光スポットがあります。
近年は中国人観光客をターゲットとした観光スポットや飲食店などが多く活況でしたが、新型コロナの流行以降は客足が途絶えていたこともあり、一部の観光施設では閉店などが目立ちました。
ただし、その中でも新しいリゾートホテルは次々とオープンまたはリニューアルしており、ヒューイットリゾート那覇のようなインフィニティプールは新たな観光資源として注目されています。

那覇の景観

【人口の推移】

那覇の人口は、2022年現在で約32万人です。過去10年間で人口は減少傾向にあります。
那覇の人口は、昭和30年代には約20万人でしたが、その後は急速に増加し、平成30年代には約32万人となっています。
また、那覇の人口構成は高齢化が進んでおり、平成30年代には65歳以上の高齢者が約1割を占めています。
これまで子供が多く、高齢者が長生きという沖縄のイメージがありましたが、徐々に那覇も少子高齢化が進んでいることがわかります。
また、内地からの移住者が増えたり、リゾートバイトのような一時的な人口増加もありますので、急激に人口が減少することは考えづらく、人の増加に合わせて生活環境も充実していくと考えられます。

那覇市HP:https://www.city.naha.okinawa.jp/admin/toukei/jinkou/index.html

【那覇の歴史的な出来事】

那覇は、琉球王国時代から栄えてきた歴史ある街です。
琉球王国時代は、沖縄県を中心に存在した王国で、約450年間続きました。
琉球王国は、中国や東南アジア、日本などとの交流があり、独自の文化や芸術を発展させました。
また、琉球王国は、日本と中国の間での仲介役としても重要な役割を果たしました。
第二次世界大戦中には激しい戦闘が行われ、市内には多くの遺跡や史跡が残されています。
1945年6月、米軍は沖縄本島に上陸し、那覇も激しい戦闘が繰り広げられました。
那覇は、米軍の攻撃により壊滅的な被害を受け、多くの人々が犠牲になりました。
今現在でも不発弾の処理などで、一時的に那覇に爆発物処理を行う自衛隊員を見かけることがあります。

【那覇まつり】

那覇では、毎年5月に「那覇まつり」が開催されます。
那覇まつりは、琉球王国時代から続く歴史があり、多くの人々に愛されています。琉球舞踊やエイサーなどの伝統的な芸能が披露され、多くの人々が集まります。
那覇の各地でパレードや花火大会などのイベントが開催されます。

公式HP:https://www.naha-otsunahiki.org/

また、「泡盛フェスティバル」や「沖縄国際映画祭」など、多数のイベントが開催されています。
近年はコロナの影響でお祭りなどのイベントが中止されていましたが、23年からはイベントが久しぶり再開されており、多くの観光客が那覇内に集まっています。
沖縄国際映画祭:https://oimf.jp/

【有名な観光地やお土産物】

那覇には、「首里城」や「識名園」など、多数の有名な観光地があります。
また、「ちんすこう」や「島らっきょう」、「泡盛」など、沖縄ならではのお土産物も多数あります。
特に新垣ちんすこうは非常に有名で、地元民でもなかなか買えないほどの人気商品です。

首里城

【地理情報と自然環境の情報】

那覇は、沖縄県南部に位置する市で、東シナ海に面しています。沖縄本島の中央部に位置し、南北に細長い形をしています。
また、那覇は、熱帯性気候であり、年間を通して温暖な気候が続きます。
市内には「曙緑地公園」や「新都心公園」、「首里城公園」など、自然豊かな公園も多数あります。
大きな山や川はありませんが、首里と呼ばれるエリアには比較的自然が豊富です。
琉球王朝時代の王都でもあるため景観も非常に良いので観光客や地元民にも愛されるエリアです。
首里城公園HP:https://oki-park.jp/shurijo/

【那覇の生活環境】

那覇の家賃相場は、1Kタイプのアパートで約5万円から、3LDKタイプの物件で約10万円程度です。
また、地価は、市内中心部に近い場所ほど高くなっています。なお、沖縄県内での生活費は、都市部と地方部で異なりますが、全国平均に比べてやや高めです。
例えば、那覇の場合、家賃は1Kで約5万円程度、光熱費は1人暮らしで月額約1万円程度、食費は月額約3万円程度が目安とされています。
沖縄県内での物価は、全国平均に比べてやや高めです。
例えば、那覇の場合、米国産牛肉は100gあたり約400円程度日本産牛肉は100gあたり約300円程度ビールは350ml缶で約200円程度が目安とされています。
また、沖縄独自のブランドも増えており、市民のブランド志向も上がっていますので、物価上昇に合わせた生活スタイルの変化も必要かもしれません。
治安については、全国的に見ても比較的良好な水準にあります。
また、那覇では、防犯に関するイベントが開催されることもあります。
例えば、那覇警察署では、防犯パトロールや防犯啓発イベントなどが行われています。
ただし、夜間の一人歩きや、人気のない場所では注意が必要です。
例えば国際通りは人気観光スポットだったので夜中でも街灯や人並も多かったのですが、コロナ以降人の動きが減ったため暗い場所もあります。
そういった場所には近づかないようにする必要があります。
ただし、そういった場所にはおいしいラーメン屋さんがあることも事実です。
大人数で訪れると治安の心配もなく良いでしょう。
国際通り商店街HP:https://naha-kokusaidori.okinawa/

小学校・中学校・高校など教育施設については、那覇には多数の公立学校があります。
また、私立学校も多数あり、那覇には成績の良い高校もあります。
例えば、沖縄県立首里高等学校沖縄県立那覇高等学校などがあります。
那覇国際高校は特に英語教育に熱心です。

医療施設については、那覇には多数の病院や診療所があります。
特に、沖縄県立中部病院や沖縄赤十字病院などの大型総合病院があります。
新都心ですと、おもろまちメディカルクリニックが大きく、広々とした駐車場があるので便利です。
また、急な病気の場合は那覇市立病院が救急の受付をしていますので、急な病気の際には便利です。

那覇市立病院HP:https://www.nahacity-hospital.jp/

また、ドラッグストアも多数あります。
ウエルシア薬局やマツモトキヨシなどがそうです。
内地系のドラッグストアも増えていますが、ダイコクドラッグが特に人気で外国人観光客もよく利用するほどです。

最寄り駅やバスなどの交通の便については、那覇には「ゆいレール」という路面電車があります。
沖縄都市モノレールには、那覇空港駅や旭橋駅、県庁前駅などがあります。
ビジネス街に向かうのであれば県庁前駅が便利です。
新都心のような商業スポットに向かうのであればおもろまち駅が便利でしょう。

公式HP:https://www.yui-rail.co.jp/

また、那覇には、多くのバス路線があります。
バス路線には、那覇バスターミナルや県庁前バス停などがあります。
どちらも泉崎周辺にありますので、バスで色々な場所に行きたいのであればまずは那覇バスターミナルに向かってください。
最近、バスターミナルのビルがリニューアルしたので新たな観光スポットにもなっています。

公式HP:http://www.kotsu-okinawa.org/index_info3.html

【那覇の魅力】

那覇は、沖縄県の県庁所在地であり、沖縄本島の中心都市です。
そのため、多くの人々が集まる場所として、飲食店やショッピング施設が充実しています。
那覇には、沖縄料理を中心とした多くの飲食店があります。
中でも、国際通り周辺には多くの有名店があります。
また、沖縄そばやゴーヤチャンプルーなど、沖縄ならではの料理も多数あります。
ですが、ここ近年はAEON MALL沖縄ライカムやパルコシティと呼ばれる大型ショッピングモールが那覇以外にオープンし、那覇でショッピングを楽しむ人は減ってきています。
それでも変わらず週末には那覇メインプレイス周辺は人が沢山集まってショッピングやデートを楽しんでいます。

スポーツ施設については、那覇内には多数のスポーツ施設があります。
例えば、沖縄県立武道館や沖縄県立体育館などがあります。
コナミスポーツや天久スポーツランドなどが58号線近くにあります。
また24時間使えるジムも増えてきて、コロナの時に運動ができる場所として非常ににぎわっていました。

芸術施設については、那覇には多数の美術館や博物館があります。
例えば、沖縄県立博物館・美術館や琉球王国歴史資料館などがあります。

国際通り

【那覇のエリア特徴】

那覇は、沖縄県内でも広いエリアとなっており、北側・中心部・南側でそれぞれに異なる特徴があります。

北側
那覇の中心部から北側のエリアでは、首里城があることもあり歴史情緒あふれる街並みが広がっています。
観光スポットも多数あるため観光客でにぎわっています。
学校:城西小学校、那覇市立真嘉比小学校、那覇市立真嘉比中学校
スーパーマーケット:サンエー那覇メインプレイス
病院:那覇市立病院
中心部
那覇の中心部に位置するエリアは、交通アクセスが良く、商業施設や飲食店が充実しています。
また、那覇空港から近く国際通りがあるため観光にも便利です。
スーパーマーケット:イオン那覇店、マックスバリュ牧志店
病院:沖縄赤十字病院、大浜第一病院
南側
那覇の中心部から南に位置するエリアは、比較的賃貸物件の家賃が安く、ゆったりと暮らすことができます。
また、海に近いため自然を満喫することができます。
学校:那覇市立小禄小学校、那覇市立小禄中学校、那覇市立真和志小学校、那覇市立真和志中学校
スーパーマーケット:
病院:沖縄協同病院

那覇で賃貸物件を探す際には、自分の予算やライフスタイルに合ったエリアを探すことが大切です。
また、各エリアの特徴を事前に調べておくことで、より良い賃貸物件を見つけることができます。

【那覇の公共サービス】

那覇の公共サービスは、市役所、警察署、バスターミナル、モノレールの駅、ゴミ処理など多岐にわたります。

市役所は、那覇泉崎1丁目1番1号に所在しています。
市役所では、住民登録、戸籍手続き、税金の納付など、様々な行政手続きを行うことができます。

那覇HP:https://www.city.naha.okinawa.jp/kurasitetuduki/index.html

警察署は、那覇に10箇所あります。
警察署では、犯罪の捜査、交通安全の取締り、住民の安全確保などを行うことができます。
また免許証の裏書など引っ越しの際に最寄りの警察署に立ち寄ると良いでしょう。

公式HP:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2015030100024/

バスターミナルは、那覇バスターミナルと国際通りバスターミナルの2箇所あります。
那覇バスターミナルは、那覇中心部に位置し、沖縄県内の主要都市や離島へのバスが発着しています。
国際通りバスターミナルは、那覇の繁華街である国際通りに位置し、那覇の主要観光地へのバスが発着しています。

公式HP:http://www.kotsu-okinawa.org/index_info3.html

モノレールの駅は、那覇空港駅、県庁前駅、首里駅、牧志駅、安里駅、おもろまち駅、ゆいレール美栄橋駅の7箇所あります。
モノレールは、那覇を走る路面電車です。
那覇空港から市内中心部までのアクセスに便利です。

公式HP:https://www.yui-rail.co.jp/

ゴミ処理は、那覇では、可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみの3種類に分けて処理されます。
可燃ごみは、週に1回、不燃ごみは、週に2回、粗大ごみは、事前に申請が必要となります。
ゴミの出し方については、那覇のホームページで確認することができます。
那覇のゴミ出しの曜日は、以下のとおりです。
可燃ごみ:月曜日、木曜日、土曜日
不燃ごみ:火曜日、金曜日
粗大ごみ:水曜日、日曜日

▼家庭ごみ分別
https://www.city.naha.okinawa.jp/kurasitetuduki/gomirisaikuru/gomi/katei/gomi5.html

▼ゴミの出し方
https://www.city.naha.okinawa.jp/gomitop.html
那覇の公共サービスは、市民の生活を支える重要なものです。
那覇に住む際には、これらの公共サービスを利用するようにしましょう。

【ペット可賃貸物件で気を付けるべきこと】

那覇のペット可賃貸物件は、那覇の賃貸物件全体の約10%程度です。
ペット可賃貸物件を探す際には、以下のポイントに注意しましょう。

ペット可賃貸物件の賃料は、ペット不可賃貸物件よりも高めに設定されていることが多いです。
ペットの種類やサイズを事前に不動産会社に伝えましょう。
賃貸物件によってはペット飼育のルールを守る必要があります。
敷金や礼金の金額がペット不可賃貸物件よりも高くなる場合があります。
ペットの事故やトラブルに備えて、ペット保険に加入することをお勧めします。

ペット可賃貸物件を探す際には、自分のペットにとって快適な環境で、ペット飼育のルールを守ることができる賃貸物件を選ぶようにしましょう。

マンション建替法によるマンションの建替えと那覇市の権限移譲について

マンション建替法は、建物の区分所有法に基づく建替え決議が行われた場合、建替えに同意した区分所有者が、市長の認可を受けて法人格を持つ建替組合を設立し、マンションの建替事業を実施することができる法律です。この法律は、マンションの建替えを円滑化し、良好な居住環境を確保することで、国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的としています。

沖縄県から那覇市への権限移譲は、地域の自主性と自立性を高めるための改革を推進するための法改正に基づいて行われました。これにより、平成24年4月1日以降、一部の事務が沖縄県から那覇市に移譲されました。

マンション建替法の改正に関する詳細情報は、国土交通省のパンフレットやウェブサイトで確認できます。また、沖縄振興開発金融公庫の都市居住再生建設資金融資の対象区域も関連しており、マンション建替えや改修を支援する制度が提供されています。

那覇市では、マンション建替組合の設立が認可されたケースもあります。これにより、那覇市内で丸竹ファミリーマンション建替組合を設立し、丸竹ファミリーマンションの建替えが行われました。このような建替え事例は、マンション建替法によって促進され、市内全域のマンションの老朽化対策や建替えが期待されています。

さらに、沖縄振興開発金融公庫による都市居住再生建設資金融資の対象区域も拡大されました。令和2年4月1日以降、那覇市内全域がマンション建替え事業の対象となりました。これにより、対象区域内の住民が老朽化したマンションの建替えを支援するための融資制度が利用できるようになりました。

那覇市では、対象区域の他にも都市計画マスタープランに基づき、融資が利用できる地域が定められています。これにより、那覇市全体の都市居住再生や建替えに向けた取り組みが推進されることが期待されています。融資の利用条件や詳細については、沖縄振興開発金融公庫や国土交通省のウェブサイトで確認できます。

いえらぶ君
著者名:SEM事業部編集部
株式会社いえらぶ琉球で不動産会社様のSEOを中心としたマーケティング業務に従事。
不動産ホームページの構造改善や暮らしに関するコンテンツ記事の提供を行う。
沖縄でサービスを開始して今年で10年。
年間500社以上の不動産会社様のホームページ品質向上に奮闘中。
月間100万PVのコラム執筆、上位表示率90%以上の沖縄賃貸ポータルに携わっている。

那覇市の駅から賃貸物件を探す

那覇市に隣接する市区町村から賃貸物件を探す

那覇市の詳細な地域から賃貸物件を探す

条件から探す

那覇市の賃貸物件を間取りから探す
那覇市の賃貸物件をこだわり条件から探す
那覇市の不動産を別の種別から探す
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • 新築戸建て
  • 中古戸建て
  • 土地
沖縄県の不動産を別の種別から探す

那覇市の物件ランキングを見る

いえらぶParkから月極駐車場を探す

ここから検索条件を
保存できます

選択中の市区町村

変更

那覇市

-の賃貸物件を探す

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄
沖縄県

詳細条件

すべて解除

種別
賃料
間取り
専有面積
築年数
駅徒歩

こだわり

変更

指定なし

該当物件数-

こだわり条件変更

物件紹介コンテンツ
賃料
位置
入居条件
構造
建物設備
室内設備
キッチン
バス・トイレ
冷暖房
収納
通信
セキュリティ
その他

以下の物件を保存しました

読み込み中