不動産のいえらぶ > 賃貸 > 沖縄県の賃貸を探す

沖縄県賃貸物件を探す

沖縄県の賃貸

新着物件

暮らしを楽しむ

不動産と暮らしのコラム
ノウハウ・インタビュー・アンケートetc...あなたの生活を楽しくする情報メディア!

沖縄県家賃相場【安い順】

検索方法を選択してください

駅・路線から検索市区町村から検索

いえらぶ家賃相場は、沖縄県の気になる地域の平均家賃を比較することで、家賃が安いお得な地域を調べることができます。 住みたいエリアから、お得な家賃が安い地域を見つけましょう!沖縄県の家賃が安い地域を調べるなら【いえらぶ家賃相場】

沖縄県の【安い順】家賃相場表を見る(1R・1K・1DK)

【人気の駅】の家賃相場表
1 奥武山公園駅
4.17万円
2 小禄駅
4.48万円
3 安里駅
4.68万円
4 古島駅
4.76万円
5 牧志駅
4.78万円
6 美栄橋駅
4.88万円
7 壺川駅
5.08万円
8 旭橋駅
5.13万円
9 おもろまち駅
5.19万円
10 県庁前駅
5.30万円
【人気の市区町村】の家賃相場表
1 沖縄市
3.67万円
2 名護市
3.75万円
3 糸満市
3.76万円
4 うるま市
3.91万円
5 豊見城市
4.34万円
6 中頭郡西原町
4.38万円
7 島尻郡南風原町
4.38万円
8 宜野湾市
4.61万円
9 浦添市
4.76万円
10 那覇市
4.90万円

沖縄県の賃貸物件事情を知ろう

沖縄県は大きく分けて北部、中部、南部の3つがあり、県庁所在地のある那覇市は南部にあります。県内の賃貸物件としては那覇空港駅から首里駅までをつなぐモノレールの沿線や、再開発地区で新しい建物やショッピングセンターの多い那覇新都心などに人気があります。また、那覇市の南にありベッドタウンとして人口増加を続ける豊見城市にも多くの賃貸物件があります。中部の宜野湾市から北谷町、嘉手納町にかけては国道58号線が西の海岸側を通り、空港からのアクセスも便利で海も近いため、マリンスポーツを楽しむ人々に人気です。北部は豊かな自然が残るエリアで、北部の中心地になる名護市に賃貸物件が揃っています。沖縄には多くの離島がありますが賃貸物件は多くないため、賃貸探しが難しい地域もあります。

沖縄県の賃貸物件に住むメリットは?

南北に長い日本の最南端の県である沖縄県は、年間平均気温は約22℃にもなります。もっとも寒い1月の平均気温でも約17℃のため、一年中暖かく過ごすことができます。台風銀座といわれるほど沖縄県に接近する台風は多いですが、賃貸物件も台風対策のためにしっかりした造りになっているので、台風にも安心です。また日本で花粉症が起こらないのは北海道と沖縄県の二箇所だけであり、花粉症で苦しい…という方にも沖縄での生活はおすすめです!特筆すべきは海の美しさで、2014年に国立公園に指定された慶良間諸島国立公園は国内最大の海域面積を誇り、ケラマブルーと呼ばれる透明度の高い海を見ようと国内外から多くの人々が訪れています。他にも多くのビーチやダイビングスポットがあり、マリンスポ ーツを楽しみたい人に沖縄はピッタリです!

沖縄県の生活環境は?

沖縄県の人口は約142万人で、人口増加を続ける県です。一人の女性が一生に産む子供の平均数である合計特殊出生率は1975年度以来の全国1位で、14歳以下の人口の割合も全国で最も多く、若いエネルギー溢れる県と言えます。また国内外から訪れる観光客数は約569万人にもなり、沖縄を訪れる際は宿泊が必要になるため宿泊者数は全国1位となり、観光業が盛んです。交通に関しては沖縄は車社会であり、2003年に沖縄都市モノレール線が開業するまで鉄道はありませんでした。そのため慢性的な渋滞に悩まされており、「九州・沖縄地方における一般道路においての交通量」の上位5位のうち、沖縄県が4つを占めています。また平地が多くないこと等の理由で自転車保有台数は日本全国で最下位となっています。

地域情報海、空、自然。本土とは違う沖縄県で賃貸探しなら

青い海と大きな空、雄大な自然。沖縄県のそんな魅力に惹かれ、多くの人が毎年沖縄に移住してきます。しかし、沖縄の魅力はそれだけではありません。本土とは違う気候、文化。暮らしてみると多くの違いを発見し、それら全てが興味深く感じられる事でしょう。

そんな沖縄県に移住を考えるなら、まずは住まい探しから。「いえらぶ」では、県内の賃貸物件を豊富に取り扱っています。

かつて、琉球王国が繁栄を極めていた沖縄では三山時代の名残を色濃く残し、現在では北部・中部・南部と分けられていますが、そのどれもが豊かな魅力を感じさせてくれます。

沖縄の自然を感じて生活したいなら、北部の住まいはいかがでしょうか?亜熱帯のジャングルが広がる山に分け入ればヤンバルクイナや沖縄固有の生き物に出会えるかもしれません。

「とにかく沖縄の海を楽しみたい!」という方には、中部のリゾートエリアをお勧めします。休日にはシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむのもいいですね。本土と同様の便利な暮らしを求めるなら、那覇をはじめとする中南部のエリアが良いでしょう。交通環境、商業施設も充実し、快適な生活を始める事ができますよ。

映画やドラマに出てくるような沖縄らしい生活をするなら、離島がお勧めです。サトウキビ畑やオジィ・オバァとの交流も楽しめ、沖縄本島では無くなりかけている伝統や方言を知ることも出来ますよ。

【世界遺産】
国際会議の会場にも選ばれた事のある沖縄には、世界が認める重要な遺産が多いです。首里城をはじめ、斎場御嶽や識名園などは日本全国を見ても沖縄にしかないものばかり。歴史が好きな人でなくても、その情景を見ればロマンを感じてしまいます。

【食事】
沖縄を語る上でハズせないのが、沖縄の食文化です。豚肉の消費量は日本一で、「爪と泣き声意外は食べられる」といわれるほど様々な料理に使われます。本部町のもずくや金武町のタコライスなど、沖縄県内でも〇〇といえばココ、というような定番スポットがあるので是非チェックしてください。

【イベント】
5月に行われる那覇ハーリーをはじめ、年間を通して多くのイベントが開催される沖縄県。10月に行われる大綱引きはギネスにも登録されているほど、ダイナミックで見る者を圧倒します。伝統芸能を見ることが出来るお祭りや活気ある地域のイベントへ参加すれば、立派なうちなーんちゅです。沖縄県に移住を考えるなら、賃貸物件は「いえらぶ」で見つけてください。

沖縄県の市区町村

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る