不動産のいえらぶ > 賃貸 > 大分県の賃貸を探す

大分県賃貸物件を探す

大分県の賃貸

大分県の賃貸物件事情を知ろう

大分県で賃貸物件の需要・供給ともに多いのは県庁所在地である大分市です。東九州の主要都市であり、その中心の大分駅には日豊本線、豊肥本線、久大本線が通っており、鉄道交通の要衝となっています。温泉の町として有名で、観光業が盛んな別府市にも物件が多いです。ほかに福岡県との県境に位置する中津市、湯布院温泉で有名な由布市などに安定した賃貸物件の供給があります。人気の市町村は大分市、別府市、中津市、宇佐市、日田市と続き、また人気の駅は大分駅、賀来駅、高城駅、別府駅、滝尾駅などになります。バスや車で生活する人も多く、駐車場付きの物件も増加傾向にあります。平均賃料は大分市、別府市が他のエリアよりも若干高めで、最近人気の高まっている日田市も大分市の平均賃料に近づいてきています。

大分県の賃貸物件に住むメリットは?

大分県といえばます別府温泉、湯布院温泉といった温泉を思い浮かべるのではないでしょうか。大分にはそのほかにも日田・天ヶ瀬、九重“夢”温泉郷、竹田・長湯といった特色ある温泉群が各地にあり、温泉好きにはたまらない、心も体も癒される県です。県の地形は山地の占める割合が多く、「九州の屋根」とよばれるくじゅ う山群をはじめとした名山が連なっており、登山客に人気です。また2015年には東九州自動車道が全線開通し、北は北九州から南の鹿児島市まで、大分県からの交通アクセスが大変便利になりました。大分県の見どころとしては、温泉の他にも水族館、キャラクターテーマパーク、九重夢大吊橋などがあり、多くの人々が訪れています。多彩な自然と食文化に恵まれた大分県で賃貸を探してみませんか?

大分県の生活環境は?

大分県は九州地方の東部に位置する県です。面積は6,340.61km²そして人口は約117万人で、県庁所在地の大分市に人口も賃貸物件も多く集まっています。人口は昭和60年の125万人から減少に転じ、東京一極集中や過疎化の進行により減少傾向が続いています 。平成22年には35年ぶりに120万人を下回ることとなりました。大分県は温泉が多く、源泉数4,790か所、湧出量約29.8万リットルと、ともに日本一になります。県は「おんせん県おおいた」と称し温泉のPR活動を進めています。気候は比較的温暖で自然災害も少ないといわれています。九州の西側の県に比べて夏はさほど暑くなく、冬は内陸部などが寒くなる傾向にあります。食生活は、特産品として乾椎茸やかぼすが知られており、また大分県民はから揚げが大好きで県内各地に多くのから揚げ屋があります。

地域情報各地域独自の文化が光る大分県の賃貸

大分県は九州地方の南部にあり、温泉やスポーツで有名な県ですよね。実は大分県の歴史は非常に古く、はるか3万年以上も前にさかのぼります。人間と交戦した形跡があるナウマンゾウの化石が発見されたことから、日本全国で見ても大変古い時期から人類が暮らし始めていたようです。戦国時代前後には当時の清国やポルトガル国などと南蛮貿易を行い、国内市場とは別に独自の市場を築き産業を発展させてきました。気候も温暖で変化が少ない地域であることから、一年を通してとても暮らしやすい地域といえます。またなんといっても温泉が有名な都道府県で、湯布院温泉や別府温泉などは全国有数の温泉地であり、賃貸物件を大分市で借りて休日に温泉めぐりなんかをしたらとても楽しいですよね。江戸時代の領土の名残からか福岡市や熊本市のような大都市が形成されなかったこともあり、かえって落ちついて暮らせそうです。またプロスポーツチームもあり、大分県全体としてもスポーツには力を入れているという点も注目です。
大分県の駅
新着物件

九信ビルの画像

賃料3.3万円
大分駅
徒歩11分
1K / 23.55㎡

サーパス中津留の画像

賃料10万円
大分駅
【バス】11分
中津留1丁目
停歩2分
3LDK / 73.02㎡

レオパレスゆうの画像

賃料2.95万円
大在駅
徒歩9分
1K / 29.81㎡

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る