不動産のいえらぶ > 徳島県の不動産・住宅を探す

徳島県不動産・住宅を探す

徳島県の不動産・住宅

物件の種別を選択してください

徳島県の賃貸マンション・アパート・一戸建て
徳島県のマンション
徳島県の一戸建て
徳島県の土地

渦潮と阿波踊りの郷 徳島県の不動産情報

四国地方東部に位置し、阿波踊りや鳴門の渦潮で有名な徳島県。剣山や次郎笈・三嶺・一ノ森など、2000m近くまで標高がある山々や、吉野川・那賀川などの清流に恵まれた土地です。そうした自然の景勝地を活かした観光名所も多く、自然に囲まれたのどかな暮らしを送れる県です。

【徳島市と鳴門市】

徳島県東部に位置し、紀伊水道に面した徳島市。隣接する鳴門市には、本州と四国を結ぶ神戸淡路鳴門自動車道のインターチェンジがあることから、鳴門市とともに交通の要衝として栄える街です。鉄道ではJR徳島駅が中心駅となっていて、4つの路線が乗り入れるターミナル駅となっています。また鉄道以外でも、関西・広島・名古屋・東京方面と徳島市内を結ぶ高速バスが多数運行しており、遠方へのアクセスも比較的しやすいのが特徴です。そして市街地には、商店街・百貨店・ショッピングモールをはじめ、多数の大型商業施設やロードサイド型店舗が集積していて、いつも多くの地元の方で賑わう徳島市。市内には5つの大学のキャンパスが置かれているので、若い世代の人口も多いという特徴があります。なお、徳島県内には7つの大学がありますが、徳島市以外では鳴門市に残りの2大学があるため、徳島県内の大学に通う学生さんが一人暮らしをするなら、徳島市または鳴門市で賃貸物件を探すと良いでしょう。両市には学生さん向けの安い賃料の賃貸アパートやマンションが多いので、条件に合う賃貸物件を見つけやすいでしょう。

【各自治体で行われている移住支援制度】

人口増加に向けた地方移住PRを行っている徳島県では、県内のほとんどの自治体で移住のための支援制度を行っています。特に吉野川市・阿波市・三好市・勝浦町・那賀町の2市2町では、移住定住促進・子育て・教育・住環境・起業の4点全ての支援を行っており、さらに地方移住を支援する団体も置かれています。具体的な施策としては、家賃補助やリフォーム補助・起業支援基金制度の設置などがあります。徳島県への移住をお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

【徳島県の不動産物件探し】

徳島県の不動産物件探しは、不動産情報サイトの『いえらぶ』がおすすめです。徳島市・鳴門市を中心に、徳島県内の不動産情報を集めました。進学や就職を機に一人暮らしを考えている方も、結婚や出産を機に一戸建てやマンション・土地などのマイホーム物件をお探しのファミリーの方も、ぜひご利用下さい。
徳島県の駅から不動産・住宅を探す

阿波踊りで知られる徳島県、一人あたりの地方税は?

鳴門の渦潮や阿波踊りをはじめ、豊かな自然や観光資源に恵まれた徳島県。そんな徳島県の、1人あたりの地方税をランキング形式でまとめました。第1位の市と第8位の市では、額面にして実に2倍以上の差があります。阿波市が第1位で唯一の8万円台。阿波市と聞くと、阿波踊りのイメージが先行される方も多いと思うのですが、国の天然記念物「阿波の土柱」が有名です。イタリアのティロル地方の土柱、アメリカのロッキー山脈の土柱と共に、「世界三大土柱」に数えられる阿波の土柱。一見の価値ありです。第2位に祭事・催事が多く、小説・映画・ドラマの舞台として取り上げられてきた三好市、第3位に温泉地として有名な吉野川市と続きます。街ごとに個性あふれる魅力を持つ徳島県ですが、お引越しの際には地方税のこともぜひ念頭においてみてください。

心躍る水都・とくしま、土地価格をランキング形式でどうぞ。

第1位は県庁所在地の徳島市。徳島県の政治・経済・文化の中心地ですが、普段はのどかな印象。吉野川河口の三角州に発展し、市の大半は徳島平野に位置し平坦ですが、市の中央には眉山がそびえ、南部には山林が広がる山間部となっており、自然に囲まれた街でもあります。 しかし、毎年8月の阿波踊りの時期には4日間に約130万人の観光客が日本国内外から訪れ、大いなる盛り上がりを見せます。第2位に続くのは徳島県有数の観光都市である鳴門市。大鳴門橋によって四国地方と近畿地方の交通の要衝となっています。続く小松島市は、かつての湾岸都市のイメージから徳島赤十字病院を核とした医療福祉都市へと変貌を遂げようとしている注目のエリア。一方、地方税も安い吉野川市や阿波市、三好市をはじめとする下位5市は1㎡あたり1万円台とかなりお手頃。

お引越しの前に知っておきたい、徳島県の犯罪数ランキング

お引っ越し先を決める上で、街の安全度の一つの指標になるのが1000人あたりの犯罪数。都市部ではどうしても高くなってしまいがちですが、徳島県の場合は県庁所在地の徳島市で12.38件、上位3件はその半分程度の6件台、その他地域は8件台となっています。徳島県の1000人あたりの犯罪数が最も少ないのが美馬市で6.34件。人口3万人ほどののどかな街ですが、近年は大型商業施設や飲食店が多数出店し、徳島県西部地域の中心都市となっています。17年連続で四国一の清流に選ばれる穴吹川など、豊かな自然にも恵まれています。第2位には「阿波の土柱」をはじめ、豊かな自然が残る阿波市。第3位には平家の楽人伝説など歴史にゆかりの深い三好市がランクイン。できるだけ犯罪数の少ない街を選びたいものですが、どうしても都市部に住む必要がある場合には、オートロック付きの物件を選ぶなど、安全面での対策に気を配るとよいでしょう。

是非ご覧下さい!徳島県の一人当たりの都市公園面積ランキング

自然が豊かでのどかな雰囲気が漂うイメージがある四国。そんな四国地方にあって、伝統芸能の阿波踊りがあることでも有名な徳島県でお住まいをお探しの方は是非こちらをご覧下さい。こちらは徳島県の一人当たりの都市公園面積をランキング形式で表しているものです。徳島県で一人当たりの都市公園面積が最も広いのは三好市です。三好市は剣山や吉野川など、四国や西日本を代表する山河が多くある自然の魅力溢れる街です。また、2位の鳴門市は大鳴門橋があることでも有名であり、関西と四国を結ぶ交通の要所でもあります。瀬戸内海気候の地域であるため雨も少なく、非常に暮らしやすい場所です。他にも徳島県には自然の魅力が溢れていて住みやすい街がたくさんありますので、こちらのランキングも参考にして頂きながら是非一度、お客様のお住まいをご検討されてみて下さい。

お住まい探しの参考に!徳島県の公立保育所ランキング!

日本の伝統芸能、阿波踊りがあることでも知られている徳島県。大鳴門橋があることで近畿地方と四国地方の交通の要衝にもなっている。そんな徳島県でお住まいなどをお探しの方は是非一度、こちらのランキングをご覧下さい。お住まいを探す上で子供を安心して育てられる環境というのは重要な要素になってきます。働いていて小さなお子さんがいらっしゃる方はお仕事中に子供を預けられる保育所の数なども気になるのではないでしょうか。こちらでは徳島県各市の公立保育所数をランキングでご紹介しています。徳島県徳島市は県内で最も公立保育所数が多い街です。気候も温暖で暮らしやすい徳島市は県庁所在地でもあるので商業施設も充実しており、徳島県での生活をお考えの際は是非検討して頂きたい場所です。他にも徳島県には魅力的な街がたくさんあるので、こちらのランキングも参考にされながらご検討されてみて下さい。

徳島県の公立幼稚園数ランキングを紹介中!

こちらのページでは徳島県内の市を公立幼稚園が多い順にランキング形式で掲載しております。徳島県は面積の8割を山地が占め、河川からの恩恵も豊富に受けている自然豊かな県です。そんな徳島県は全国的に見ても公立幼稚園数が多い県となっております。県内で最も公立幼稚園数が多かった市は徳島市で、27園となっており、全国ランキングでも18位にランクインしております。徳島市は、徳島県の県庁所在地で、「心おどる水都・とくしま」のキャッチフレーズで知られています。古くから城下町として栄え、現在でも県の政治・経済・文化の中心地として発展しています。商業施設も多数点在していますので不便しない生活を送ることができます。そして2番目に公立幼稚園数が多かった市は三好市で、26園となっており、全国ランキングでも21位にランクインしています。三好市は徳島の最西端に位置し、剣山、吉野川をはじめとして西日本や四国を代表する山河が揃っており豊かな自然に恵まれている市です。この様に徳島県は働きながら子育てができる環境が整っています。

徳島県の私立幼稚園数ランキングを掲載してます!

こちらのページでは、徳島県内の市を私立幼稚園数が多い順にランキング形式で掲載しております。徳島県は全国的に見ると残念ながらあまり私立幼稚園は多くありません。しかし子育てには向かない環境なのかというと決してそうではありません。県内で最も私立幼稚園数が多かった市は徳島市で、6園となっております。徳島市は本県の県庁所在地で、県の政治や経済の中心地でありながら、吉野川などの河川や、眉山などの山を有する豊かな自然も広がっている街です。そして2番目に多い市が阿南市で、3園となっております。阿南市は、県南における行政・交通・工業などの中心地で、交通の便も良く不自由しない暮らしを送れる街です。このように徳島県は豊かな自然に触れつつも近代化した都市で暮らせるので、子育てにはオススメの地域です。この他にも多数の市域の情報を掲載しておりますので是非当ウェブサイトをお住まい選びにご活用ください。

徳島県の待機児童数ランキングを紹介中です!

こちらのページでは徳島県内の市を待機児童数が多い順にランキング形式で掲載しております。待機児童とは、保育所への入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童のことです。徳島県の待機児童数は全国的にも少ない部類に入ります。唯一徳島市は現在34人の待機児童がいるという結果になっておりますが、残りの市には待機児童はおりません。徳島市は、徳島県の県庁所在地で、政治・経済・文化の中心都市であるため、住環境も整っており、人口が多い地域であるため待機児童も発生しております。しかし逆に子育てをするのに人気の環境であるともいえます。その一方で徳島市以外の市は待機児童は発生していませんが、人口自体が少なく、そのため保育所数も少ないので待機児童だけで判断するのが得策とはいえません。当サイトでは待機児童数のほかにも市の情報を多数掲載しておりますのでそちらもご覧になってみて下さい。

徳島県の小学校数ランキングを載せたんだじょ♪

徳島県は、北部の徳島平野を除いては全体的に山地の多い地形で、特に徳島平野以南に峙える四国山地は、西日本でも有数の険しい山岳地帯となっています。その一方で、山間部からは吉野川、勝浦川、那賀川など、水量の豊富な河川が多数流れ出しており、豊かな水資源をもたらしてくれています。そのように、自然に恵まれた徳島県は、阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏の「阿波畜産3ブランド」が有名です。そして、徳島県と言えば「阿波踊り」ですね。この阿波踊りは400年の歴史をもつ庶民の祭りであり、お盆の時期に県内一帯で行われています。 特に徳島市内の阿波おどりは全国各地から毎年130万人の観光客で賑わっています。
こちらでは、徳島県の小学校数のランキングを紹介しています。また、各市町村の詳しい情報も掲載していますので、新しく徳島県にお住まいをお考えの方は、一度ご覧になってみてください。

自然が多く残るまち、徳島県の中学校数ランキング!

徳島県は、四国の東部に位置しています。那賀川や吉野川、四国山地、紀伊水道をはじめとする自然が多く残っており、鳴門の渦潮や祖谷渓、大歩危・小歩危、阿波踊りなどの観光資源を有しています。特に、徳島市内で阿波踊りが行われる際は、全国各地から毎年130万人の観光客が訪れ、県内がいっそう賑やかになります。そのような賑やかな徳島県の中学校数をランキングにしてこちらに掲載しました。最も多かったのが県庁所在地である、徳島市の19校、次いで阿南市の11校となっています。徳島市は、地方の中核的都市として、産業をはじめ、政治、経済、文化、教育、情報といったさまざまな面において高い集積があり、住みよいまちです。そして、「四国最東端 光のまち阿南」をかかげる阿南市は、県内一長い河川の那賀川河口があり、また、竹林が多く、タケノコの生産量が全国一となっています。他の市町村のランキングを知りたい方や、より市町村に関する詳しい内容を知りたい方は、是非ご覧下さい。

徳島県のエリア別ランキング!病院数をチェック!

徳島県のエリア情報をご紹介します。まず徳島県はといえば阿波踊りが有名で徳島独特の踊りになります。また徳島県は那賀川や吉野川が有名で自然を楽しむことが出来る場所もあります。徳島県の豊かな自然でとれる野菜は美味しく、鳴門市で生産されている鳴門金時やさつまいもは全国的にも有名です。〈br/〉そんな文化や自然と食に恵まれた徳島県のエリアについてご紹介しており、安心できる環境ということで、病院の数をエリア別でランキングにしました。お住まいをお考えの方は是非ランキングをご参考にエリアをお探しください。ちなみにランキング一位は徳島市になっており、2位と圧倒的な差で1位になっております。人口の関係もあると思いますが、栄えた街だとその分安心した生活が送れるということに繋がります。他のエリアの情報もございますので、是非こちらのサイトでエリア情報をご覧ください。

徳島県のエリア別ランキング!病床数がわかる!

徳島県についてご紹介します。徳島県といえば阿波踊りなどの徳島県独特の文化があります。また徳島県は自然を楽しめる観光スポットとしても有名な鳴門海峡などがあります。日本百景にも選ばれおり、地方から観光で訪れる方も多く人気のスポットになります。また自然が豊かなことから、徳島県で採れる野菜がとても美味しく、さつまいもなども全国的に有名になっています。〈br/〉そんな魅力が沢山ある徳島県のエリア情報をこちらで掲載しています。徳島県でお住まいをお探しになられる方は是非こちらのエリアランキングをご覧ください。エリア別で病床数をランキングにしましたので、安心して病院をご利用できるエリアが一目でわかります。ちなみにランキング一位は小松島市になており、徳島市は4位、鳴門市は6位になっております。栄えている市と病床数はイコールではないことが分かります。まずはこちらで情報をお確かめください。

徳島県小児医師数のエリア別ランキングを紹介します!

徳島県といえば、阿波踊りが有名で独特な文化があります。観光スポットとしては鳴門海峡など自然を楽しむことができるエリアもあります。こちらの海峡は日本百景にも選ばれており、渦潮が間近で見られる絶景ポイントもありますので自然の雄大さを感じることができます。〈br/〉そんな魅力溢れる徳島県のエリア情報をこちらでご紹介していますので、徳島でお住まいをお考えの方は情報が気になる方は是非ご覧ください。まずこちらで掲載しているのが小児科医師数です。お子様がもしなにかの病気にかかったとき少しでも近くて良い病院に連れて行きたいというのが親の願いです。そこで小児医師数は大事なポイントになっており、数が多い方が病院も選べますし比較的安心できます。ちなみにランキング第一位は小松島市になっています。徳島市は2位となっております。エリアによって医師数が異なりますので是非こちらの情報をご参考にしてみてください。

400年の歴史をもつ阿波踊りで有名!徳島県

自然環境に恵まれた徳島県は、瀬戸内海・紀伊水道・太平洋に面している一方で、全体の8割が山地となっています。そんな自然を活かした産業や観光業が盛んで、農産物の生産や、ダイビング・ラフティングなどのアウトドアスポーツや、鳴門の渦潮や剣山などの観光スポットも多くあり、徳島名物である阿波踊りが行われるお盆の時期には、全国各地から毎年130万人の観光客が訪れます。さらに、絶滅危惧種であるアカウミガメの産卵地となっている場所もあり、ここでも自然の豊かさを伺うことができます。こちらでは、そんな徳島県の15~49歳女性人口10000人あたり産婦人科医師数ランキングを紹介しております。やはり女性が暮らす上で、妊娠から出産までのサポートをしてくれる産婦人科医師が多いということはメリットが多いので、こちらも考慮しながらお引越し先をお決め下さい。

徳島県の公立保育所数ランキングを紹介中!

お引越しをお考えの子持ちのお客様は、転居先の地域に保育所が多いほうがありがたいですよね。こちらのページでは、徳島県内の市を公立保育所の数が多い順にランキング形式で掲載しております。徳島県内の公立保育所数は他県と比べても少ないほうではなく、どの市にも最低4所は存在しており、満遍なく点在しております。県内で最も公立保育所数が多い市は、徳島市で、31所となっております。徳島市は同県の県庁所在地ですが、市街地だけでなく、吉野川や眉山などの自然も豊かに共生している住みよい街です。その他にも、一般病院数、幼稚園数、小・中学校数でも県内1位となっており、教育の中心地であるともいえます。そして2番目に公立保育所が多い市は阿南市で、24所となっております。阿南市は県南部の経済・文化・観光の中心地都市として栄えております。どちらも保育所数が多く、子持ちの方にも安心の地域ですが、この他の市も見所がたくさんありますので、是非弊社のウェブサイトから詳細をご覧になってみて下さい。
新着物件

セキスイハイムの画像

賃料4.3万円
羽ノ浦駅
徒歩11分
2DK / 40.00㎡

新浜マンションの画像

賃料3.5万円
阿波橘駅
徒歩31分
3DK / 53.26㎡

アーバンノエルの画像

賃料3.9万円
阿波赤石駅
徒歩8分
1DK / 35.00㎡

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る