不動産のいえらぶ > 青森県の不動産・住宅を探す

青森県不動産・住宅を探す

青森県の不動産・住宅

物件の種別を選択してください

青森県の賃貸マンション・アパート・一戸建て
青森県のマンション
青森県の一戸建て
青森県の土地

農業や漁業が盛んな青森県の不動産情報

【緑豊かな青森県】青森県は日本の本州最北端に位置する県で、面積は全国8位の9,645平方キロメートル、人口はおよそ130万人で31位となっています。県庁所在地は青森市です。県人口の52%は青森市、八戸市、弘前市に居住しています。北は津軽海峡を挟んで北海道が位置し、南で岩手県、秋田県と隣接しています。県内には世界遺産の白神山地や景勝地である十和田湖を有し、美しい自然環境が数多く残っています。

【第一次産業が盛ん】青森県は全国有数の農業算出県で、リンゴ、ナガイモ、ニンニクが全国一の生産量を誇っています。漁業においても、サバ、イカなどが国内一の水揚げがある八戸港を有します。農産物、水産物ともに全国に広く出荷されています。

【ねぶた祭りで盛り上がる】毎年8月に青森市で開催されるお祭りが青森ねぶた祭りです。期間中の参加者は毎年300万人を越えるとも言われており、青森の夏の風物詩となっています。ねぶた祭りは、平安時代の征夷大将軍・坂上田村麻呂が「蝦夷」征伐の際に灯篭で照らし、笛や太鼓ではやし立てたというものと、七夕とお盆の「迎え火」「送り火」が合わさって変化していったものという説があります。高さ5mにもなるねぶたが笛や太鼓と共に引き回される様は大迫力で、「はねと」と呼ばれる踊り手たちが楽しげに飛び跳ねる様子は見る者の心を奪います。青森の夏を楽しむならねぶた祭りは欠かせません。

【青森県の交通】青森県内には青森空港と三沢空港があり、鉄道はJRの在来線と新幹線が、私鉄では弘南鉄道、津軽鉄道、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道などが走っています。2016年に北海道新幹線が開通したことで、新青森駅から新函館北斗駅まで所要時間がおよそ1時間でアクセス可能になり、北海道がぐっと近くなりました。首都圏からも新幹線利用で最短3時間程度で到着できます。

【青森の不動産事情】青森県の賃貸物件は県庁所在地の青森市と八戸市に集中しています。青森市の家賃相場は単身者用のワンルームで3.5万円、ファミリー用の2LDKで6.3万円です。首都圏の予算と比較すれば、青森なら同じ家賃で倍以上広い間取りの賃貸物件を借りられるでしょう。マンション、アパート、一戸建てなど様々な賃貸物件が探せます。また売買物件を見ても、土地の地価が手頃なため購入もしやすいでしょう。青森県の不動産情報が知りたいなら、いえらぶポータルをご活用ください。どなた様にもご満足いただける不動産情報をご提供します。
青森県の駅から不動産・住宅を探す

りんごとマグロとねぶたの本州最北端の街 青森県

本州最北端の県である青森県は国内有数の豪雪地帯であり、冬は大人の背丈を越えてしまうほどの雪が積もることも珍しくありません。一方で八甲田山・恐山・十和田湖・津軽海峡など、厳しい環境がつくり上げた豊かな自然にも恵まれています。
青森県内には現在40もの市町村がありますが、その中でもつがる市・平川市・黒石市の3市が地方税が安い地域となっています。
この3市はいずれも年間の地方税が10万円未満となっているので、家計の負担も軽く暮らしやすい地域です。トップ3以外で同じく地方税が10万円未満となっているのが五所川原市とむつ市です。
なお地方税が安い自治体トップ10の中には、県内の人口の過半数を擁する青森市・八戸市・弘前市もランクインしています。
現在県内でお引越し先をお探し中の方も、これから青森県へお引越し予定の方も、まだ移住先が決まっていない方はこちらのランキングをご参考にしてみてはいかがでしょうか。

美味しいリンゴが名産の青森土地価格ランキング

青森といえば名産品として知られるりんごやねぶたまつりなどが有名ですが、そんな青森の土地価格はどのようになっているのでしょうか。一番高いとされているのが、県庁所在地である青森市です。重要無形民俗文化財として東北三大祭りの1つの青森ねぶた祭りが開催されている土地で、青森県の中核都市として発展を続けている地域です。小学校から大学まで揃っているので、家族で暮らすのにも不安が少ない土地となっています。一方、青森市からバスを使用し二時間ほどで行けるつがる市が一番低く、一位と比べると約4分の1の土地価格となっております。夏には爽やかな水田が、秋には稲穂のそよぐ田園が見られ、自然とともに、のんびり暮らせる地域となっております。交通の利便性や自然の環境などを考慮しながら、ぜひ自分の気になる土地価格をこの機会に調べてみましょう。少し範囲を伸ばして検討すると、新しい生活の選択肢が増えるかもしれませんね。

本州の一番北にある青森県の犯罪数ランキング

新生活を始めるときに気になる条件の一つに、安全性があると思います。ここでは、1000人あたりの犯罪数ランキングを青森県で統計してみました。一番犯罪数が少ないとされたのは、2006年に2町1村が合併されて誕生した平川市です。碇ヶ関温泉などが有名で、教育機関も整っているため、子育ても安心して行うことが出来ます。一方、多いとされたのは県庁所在地である青森市です。ねぶた祭りなどが催されるこの土地はとても人口が多く、交通の利便性も高いため青森県内で住みやすい地域に該当しますが、それゆえ犯罪数が多くなってしまう傾向にあるようです。生活安全企画課などで犯罪対策が行われており、犯罪抑止対策や未成年に対する声かけ事案対策にも力を入れているため、安全に暮らせるような対策のされている素晴らしい地域となっております。その他の地域も多くありますので、一人暮らしや家族で暮らそうと検討されている方は、一度目を通してみることをオススメいたします。

青森県三沢市など公園の敷地が広い場所にも良い物件があります

東北地方の最北端に位置する【青森県】内での物件探しにもよく使えるコチラのサイトで、理想の場所で理想の物件を手に入れてください。色んなランキングがあって、重点を置く点からの物件探しをすることができるんです。例えば【青森県】の1人あたりの都市公園面積のランキングは、お散歩やジョギングを日課としている方には必見のランキングです。【三沢市】は県内の中でも都市公園面積が広いので、運動する方やお子さんがいる方にはぜひ【三沢市】内の物件情報を見て頂きたいです。市町村の名前をクリックすると、さらにその街の他のランクも見ることができるという、とっても便利な機能です。病院や学校といった、暮らしには欠かせない施設の情報が盛りだくさんなので、利用しないと損なサイトです。ここから悔いのない【青森県】内の物件探しをしてください。

青森県内で保育所に近い物件探しをするならコチラへ

全国各地の【公立保育所数】がランキング形式で掲載されている当サイトなら、【青森県】の各市町村の【公立保育所数】も簡単に把握することができます。【弘前市】や【むつ市】から、【公立保育所数】が多い順にランク付けされているので、小さなお子さんがいるご家庭にとっては嬉しい情報だと思います。それぞれの市町村名をクリックするだけで、そこで紹介されている物件を一気に閲覧することができます。アパートからマンション、戸建て、さらには土地情報まで豊富に掲載されているので、ご希望のタイプの物件にすぐに出会うことができます。【青森県】などの都道府県別ランキングだけでなく、全国版のランキングもありますので、興味のある方はぜひご覧ください。ランク付けされているのは【公立保育所数】だけでなく、【犯罪率の低さ】や【公園面積】など色々あります。

事前に青森県に行かずとも子育てに適した場所での物件探しが可能

小さなお子さんがいる方にとって引っ越しする際の一番の懸念点の一つに、保育所や幼稚園の数がどれだけあるかということが挙げられます。そんな心配を取り除いてくれるのが、こちらの物件情報紹介ウェブサイトなんです。全国の市町村の保育所や公立幼稚園、私立幼稚園などの施設をランキング形式で把握することができ、同時に物件も探すことができます。【青森県】へのお引っ越しを控えているのなら、【弘前市】は保育所や公立幼稚園が多いので子育てしやすい環境にあると言えます。気になった市町村名をクリックして、ぜひ病院数や犯罪率といった他の情報も手に入れてください。物件情報も多数紹介していて、実際にその土地に足を運んだかのように詳しい情報を入手することができます。見知らぬ土地での後悔しない物件探しをしたいのなら、こちらのサイトは必見です。

青森県の私立幼稚園数をランキングにてご紹介中です

日本本州最北端に位置する県である青森県。リンゴなどの生産地などで有名であり津軽弁といった独特な方言が魅力的であると考えます。
今回は青森県の私立幼稚園数をランキング形式でご紹介をしております。青森にお住まいを検討中の方などに一度ご覧いただければと思います。
まず青森は40の市町村から成り立っており、こちらのランキングでは10の市を主にランキングしております。一番幼稚園数の多い地域であるのが青森の中心地である青森市となっており、東北新幹線の線路や鉄道などといった交通機関も充実しておりますので住みやすい地域であると考えます。
また平川市と呼ばれる地域は幼稚園の数が少ないですが、数々の山々がそびえ立つなど自然環境に恵まれておりますので子育てのしやすい環境であると思い、是非ライフスタイルに合った地域でお住まいを考えて頂ければと思います。
この機会に是非ご活用ください。

子育て世代に嬉しい数値!青森県の待機児童数ランキング

全国的に有名な大迫力の祭りねぶた祭りや、農産業がさかんであり陸奥の国としても有名なのが青森県という東北地方の地域であります。
転勤など様々な理由で青森県へ引っ越しなどを考えている方に、青森県の保育所入所待機児童数をご紹介しているこちらのランキングもお住まい探しの参考にしていただければと思います。
全国区でも有数の待機児童数がゼロという県である青森県は、ランキングを見てわかるとおりどの市も待機児童がゼロという素晴らしい数値となっています。
もともと青森県内での出生率が年々減少しており子供が少ないというのが一つの理由でもありますが、子育てをしやすい環境が充実しているというのが青森県の魅力なのではないかと思います。
この機会にお子さんとの時間をより長く持つというのもいいのではないのでしょうか。是非ライフスタイルにあった地域でのお住まいをお探しくださいませ。

転校・入学の前に知っておきたい、青森県の小学校数ランキング。

青森県内で新しいお住まいをお探しの皆さん、また、県外からお引越しの皆さん、お住まいになられる地域を選ぶ際はどのような点に着目していますか。お子様がいらっしゃる方に、ぜひ注目してい頂きたいのが、その地域の小学校の数。最近では少子化の影響で、閉校になる小学校が増えている地域もあります。小学校の数が少ない場合には、遠方の学校までやむなく通学するケースも多いようです。これから小学校入学を控えた、またはお引っ越しに伴って転校されるお子様のいらっしゃる方は、ぜひお引越しになられる地域の通学環境、まずは学校数をお調べ頂くことをおすすめします。青森県内でもっとも小学校の数が多いのは、青森県旧三市の一角を構成する都市、青森市、八戸市、弘前市。いずれも人口20~30万人程度の、商業施設なども充実した、交通の便の良い地域です。

お住まいの街はどうでしょう?青森県の中学校数ランキング。

青森県内で新しいお住まいをお探しの皆さん、また、県外からお引越しの皆さん、これからお住まいになる地域をお選びになる際には、どの様な点に着目されていますか?お子さまがご一緒の場合や、これから将来的に子育てをお考えの方は、この先お子さまが幼稚園、小学校、中学校と進学されることを想定して、新しいお住まいの環境を探される場合も多いと思います。こちらでは、青森県内の地域ごとの中学校数をランキング形式でご紹介しております。青森県内で最も中学校数が多いのは八戸市で27校、次いで青森市が22校、弘前市が18校となっております。一方で、中学校の数が最も少ないのが黒石市で4校でした。中学校の数が少ない場合は、自宅から遠い場合もやむなくそこに通学するケースもあります。部活動や塾などで帰るが遅くなることも多い中学生、できるだけ徒歩で通える範囲内だと、保護者の方もご安心です。

安心につながる、青森県の病院数ランキング。

世界遺産白神山地をはじめ、豊かな自然に恵まれた青森県。本州最北に位置し、県内全体が豪雪地帯に指定されるなど、冬の寒さはやはり厳しいです。そんな青森県だからこそ、いざという時に安心できる、病院の数は意識しておきたいところ。こちらでは、気になる青森県の一般病院の数をランキング形式でご紹介しています。一般病院とは病床数が20以上で、通院及び入院診療で一般的な治療が可能な患者を対象とする医療施設です。県庁所在地の青森市がトップで18所、第2位の八戸市が17所、次いで弘前市が14所となっています。一方で、平川市ではわずか1所。定期的に通院の必要のある方や、持病をお持ちの方はもちろん、今は健康に心配のない方も、やはり医療施設の数は充実している地域をお勧めします。お引越し先をお決めになられる際は、ぜひ一般病院の数をご配慮に入れたうえ、ご検討ください。

知ってましたか?青森県の10000人当たりの病床数ランキング

全国でも有数の農業産出国であり、特にリンゴの生産で有名な青森県。また世界遺産にも登録されている「白神山地」、北側には「津軽海峡」が存在しているなど自然が豊富であることも特徴です。新青森駅を通る東北新幹線は東京まで続いており、都心へもアクセスが可能です。「ねぶた祭り」というイベントも日本人なら一度は耳にしたことがある程有名なイベントです。このように青森県には魅力的な要素が数多く存在します。そんな青森県にお住まいをお探しの方は是非一度、こちらをご覧ください。こちらのランキングは青森県各市の10000人当たりの病床数をランキングでご紹介しているものです。自分が住む地域の医療環境というのは重要な要素になってくると思います。その基準の1つとしてこちらのランキングも参考にされながらお住まいをご検討されてみてはいかがでしょうか。

知っておきたい!青森県の小児人口10,000人当たりの小児科医師数ランキング

国内で一番の収穫量を誇るりんごやニンニクが有名であり、山の幸や海の幸をふんだんに活かした郷土料理が多く存在する青森県。世界遺産にも登録されている白神山地は多種多様な動物や植物の生態系が存在しており、東北地方の中でも独特の雰囲気があることも魅力です。そんな青森県で物件等をお考えの方は是非、こちらをご覧になってみて下さい。こちらは青森県の小児人口10000人当たりの小児科医師数をランキングでご紹介しているものです。お住まいを探す際の場所に関して、学校などの教育施設や買い物等で普段から利用するショッピング施設などは大事な要素になってくると思います。それに加えて病院等の医療施設、特に幅広く利用される小児科も重要なものになってくるのではないでしょうか。是非青森県でお住まいをお探しの際はこちらのランキングも参考にされながらご検討されてみて下さい。

青森県の産婦人科医師数ランキングをご紹介!

自分が住んでいる地域に産婦人科医師がどれくらいいるのか気になりませんか?こちらのページでは、青森県内の市を15~49歳の女性人口10000人あたりの産婦人科医師数が多い順にランキング形式で掲載しております。青森県内で最も10000人あたりの産婦人科医師数が多い市は弘前市で、9.70人となっており、全国ランキングでも29位にランクインしております。弘前市は、産婦人科医師数の他にも、公立保育所数、公立幼稚園数、病床数、小児科医師数で県内1位になっており、「あんしん」と「そだてる」に強い地域といえます。次点で医師数が多い市はむつ市で、6.14人となっており、恐山はじめとして温泉など多くの名所を有する自然豊かな街です。こちらも女性には心強い地域です。弊社ではこの他にも多数の市域の情報を掲載していますので是非お住まい探しにご活用ください。

日本一の砂丘を持つ、待機児童数ゼロの青森県

林檎・大蒜・牛蒡・カシス・鮃・ワカサギ・シラウオ・菜の花・・・これら全ての収穫量が全国1位となっている青森県は、本州最北端にある東北地方の県です。
また東通村には猿ヶ森砂丘があり、その大部分は防衛省管轄の敷地になっていますが大きさは日本一で、その面積はなんと鳥取砂丘の27倍以上です。
そんな隠れた日本一を持つ青森県の中で共働きで頑張っているご夫婦や、産休・育休明けにお仕事を再開される予定のお母さんたちにとって気になる公立保育所数が多い自治体ランキングを発表します。
1位は弘前市で、2位は同率でむつ市と八戸市がランクインしました。この3市は私立保育所数ランキングでも八戸市が2位・弘前市が3位・むつ市が10位とランクインしています。なお青森県は、県内全域において保育所入所待機児童数が0人と素晴らしい結果を挙げています。
青森県でのお引っ越し先選びの際は、ぜひこういったランキングも参考にしてみてください。
新着物件

レオパレス青葉の画像

賃料4.55万円
小中野駅
【バス】2分
上明戸
停歩7分
1K / 23.18㎡

レオパレスMの画像

賃料4.45万円
三沢駅
【バス】32分
三丁目
停歩2分
1K / 23.18㎡

レオパレスTOKIの画像

賃料3.95万円
三沢駅
【バス】22分
ひがし野団地
停歩12分
1K / 23.18㎡

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る