大家さん相談所トップ > 賃貸経営・不動産経営 > 賃貸経営と住まい新築の両立について

賃貸経営と住まい新築の両立について

質問者:
gorugo009 (愛知県一宮市)
投稿日:
2021/03/31
気になった!
44
回答数
1

賃貸経営をしながら、自身の新築購入を考える際に、問題点やリスクなどはありますでしょうか?
大家業8年目。いずれ、この物件の売却を考えながら、新築(自分の住む所
を求めようかと思います。
そこで
①賃貸経営をお願いしている不動産屋さんと住まいを求めていく不動産屋さん(場所が離れてる)2社とお付き合いする事に問題はないでしょうか?
不動産屋さんを怒らせてしまう、金銭面の情報が漏れてデカい家を買わされる、等
②賃貸経営の経理と住宅ローン(控除)との計算や経理の考え方が、根本的に違うと思いますが、リスク等はありますか?
 賃貸経営に響く様な金銭面の失敗は避けたい、法的に争うなんて事がない様にしたい。

 その他、リスク面や気をつけなければならない事等 有れば教えて下さい。
字数の関係で抽象的な文章になってしまいました。

通報する

サウザンドハンズ株式会社  

①賃貸経営で関わる不動産会社と自宅購入で関わる不動産会社を統一する必要はありません。不動産会社と、賃貸経営に関してなんらかの委託契約を結ばれていたとしても、自宅購入にまで影響を及ぼす内容にはなっていないはずです。それから、自宅購入をする際に、不動産会社を一社に絞って探す方もいますが、複数の会社とやりとりしながら、良い物件が見つかり次第、その物件を扱っている会社or紹介してくれた会社と取引を進めていかれる方も多いです。
賃貸経営で既に関わっている不動産会社には、今後の付き合いもあると思いますので、一言断りを入れておけば十分かと思います。
「金銭面の情報が漏れてデカい家を買わされる」なんてことは不動産会社を使い分けることで発生しません。
②賃貸経営の経理と住宅ローン(控除)等の関係も、基本的にリスクになる要素はないと思います。税務の話ですので、不動産会社というより、既にお世話になっている税理士の先生がいらっしゃれば、自宅を購入する場合の影響を一度相談されると良いと思います。
賃貸経営をしながら自宅を購入するときの問題点やリスクについては、賃貸物件に借入がある場合、賃貸経営の状況によっては、自宅購入の住宅ローン借入審査に影響を及ぼす場合があることです。借入が難しい金融機関や借入可能額が希望額に足りない金融機関など出てくる場合があります。これもケースバイケースですので、いくつかの金融機関と相談をしてみる必要があります。なお、賃貸物件を売却してから自宅を購入する場合や、自宅を現金購入する場合は、この問題は発生しません。
賃貸経営に響くような金銭面の失敗ですが、余裕のある返済計画の住宅ローンを組んでいれば大丈夫かと思います。ただ、「家を買うこと」自体がそもそもリスクであると言えばリスクですので、新築の自宅を購入して、何らかのすぐに売らないといけない事情が発生してしまい損が出る、という可能性はゼロにはなりません。
不動産会社と法的に争うことも、賃貸経営と自宅の購入の関係で起きることはまずないでしょう。
参考になれば幸いです。

回答日:
2021/04/13
オーナーズ・スタイル
賃貸管理システムなら いえらぶCLOUD管理機能 らくらく賃貸管理
【提携サイト】 解体の窓口 解体工事の費用を比較して、最適な解体業者1社を選ぶためのサイト

この相談を見た方はこんな相談も見ています

GOTO不動産キャンペーン