• トップ
  • 土地探し
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 見積もり調整
  • 現場工事
  • 竣工・引き渡し

HOW TO 注文住宅

基本設計

敷地の現況確認や役所調査を行った後に、基本設計に入ります。基本設計とは、
設計担当者の作成した基本設計図書を見ながら 、要望や敷地条件をもとに概要を決める作業で、
設計事務所との家づくりにおいて大切な部分になります。打合せに入る前に家族で話し合い、
希望箇所の優先順位を考えておきましょう。

基本設計の際に気をつけること

基本設計の際にしてはならないこと
自分自身で細かい図面を書いてその通りに設計するように依頼したり、部屋の大きさや位置までを指定することはお勧めできません。それぞれの家族のライフスタイルを家という形に組み上げることが建築家の能力の核心であり、設計事務所に依頼する最大のメリットなので、建築家が自由な発想のもとにプロとして力を発揮できるよう、先入観となってしまうようなものを提示するのは避けるようにしましょう。
基本設計の際にしたほうが良いこと
提示されたプランに修正して欲しい部分や付け足して欲しい部分があれば、遠慮なく伝えましょう。内容によってはコストが増えるものもあるが、コストを予算に収める作業は後の見積り調整で行うのでこ現段階では予算をそこまで気にせずに要望をしっかりと入れ込んでいきましょう。

トップへ戻る