不動産のいえらぶ > 住まいのノウハウ > ハウツー > HOW TO 注文住宅

HOW TO 注文住宅

注文住宅とは夢とこだわりの結晶です。すでに間取りや仕様が決まっている建売りや分譲住宅などとは違いますので、
時間が掛かってもこだわりをしっかり実現した家を建てたいと言う人には最適です。
注文住宅とはいったいどのような流れで完成するのか、自分たちの意見はどこまで通すことができるのか、
計画から竣工までどのくらいの期間がかかるのか…。注文住宅はオーダーメイドですのでキッチンや外観、
庭や耐震性や吹き抜けなど様々な要望に応えてもらえる絶好のチャンスです。
しっかりと注文住宅について勉強をして、損のない、満足のいく理想の住宅を手に入れましょう! 

土地探し
注文住宅を建てようと決めたら、まずは土地を探しましょう。
一口に土地を探すと言っても、様々な方法があるのをご存知ですか?不動産屋さんに相談したり、知人に相談したり、サイトで探したりと探し方によっては仲介手数料が不要だったり、環境がいい・またはこれから良くなっていく可能性の高い土地だったり、その他仲介手数料が不要になる可能性の高い土地の探し方などと、探し方によって見つかる土地の条件も多岐に渡ります。建物の耐震性は全く問題がなかったのに、土地が悪いせいで建物が傾いてしまった…などと言う事のないようにしっかりと下調べをして、自分に合った、良い土地を探しましょう。
詳しくはこちらから
基本設計
敷地の現況確認や役所調査を行った後に、基本設計に入ります。
基本設計とは、設計担当者の作成した「基本設計図書」を見ながら、要望や敷地条件をもとに概要を決める作業で、設計事務所との家づくりにおい大切な部分になります。こちらも一つひとつが大切な作業になります。何度も工務店などに足を運ばなくてはならない事もありますが、ここまで施主が参加することができるのも注文住宅ならではの醍醐味です。
大変な作業になってくるかもしれませんが、できる限り情報を収集しながら積極的に行動し、理想の家を実現しましょう!
詳しくはこちらから
詳細設計
間取りなどのおおまかな形を決める基本設計が終了したら、いろいろな設備を細かく決めていく詳細設計に入ります。
注文住宅ですので、この段階で屋根の色や壁紙、照明の形や洗面台まで自由に全てを決めていくことができます。数多くの設定や組み合わせがあるため大変な作業になりますが、この段階が一番楽しい時間と言う人も少なくはないようです。
今までモデルルームに見学をしに行ったりあらゆる間取りや家具を見てきた結果、この詳細設計の段階で予算をオーバーしてしまう事が非常に多いので、しっかりと必要なものの優先順位を決めて取り掛かるようにしましょう。
優先順位を決めたのに予算がオーバーしてしまった際の対処法もご説明しています。
詳しくはこちらから
見積もり調整
当初はおおまかに3000万円の概算を出されたけれども、話し合いを進めていく中で予算が大幅にオーバーしてしまった…ということはよく起こります。
このあたりでしっかりと予算を見つめなおし、見積もりを調整していきましょう。当初出された見積もりよりも金額がオーバーしてしまった…ということはよくあることだそうですが、では実際に自分も予算をオーバーしてしまったらどうしたらいいのでしょう。優先順位はどの部分が高く、優先順位の低い部分で削れる箇所はどのあたりなのか…しっかりと頭の中で整理して、賢く見積もり内に収めましょう!
詳しくはこちらから
現場工事
建売住宅購入の場合には工事着工から現場を見ることはできませんが、注文住宅は初めから参加ができるので、しっかりと建築中の確認をすることができます。
建築されていく住宅を見学しながら、楽しんで見学をしましょう。工法や建築途中を見学していると意外な事に気づけたりしておもしろいかもしれません。
こちらのページでは工事の流れと施主の立合い重要度を説明していますが、立合いをする際には職人に直接指摘をしたり細かくチェックをしたりしないように心がけてください。
詳しくはこちらから
竣工と引き渡し
工事が完了したら施主は竣工検査に立ち会います。そして担当者や工事関係者と一緒に建物内や周辺をしっかりとチェックしていきます。
建物内の床や壁に汚れや傷跡はないか、建具の開閉はスムーズに行えるか、その他設備が正常に動作するかと言うような事を営業担当者に説明をしてもらいながら確認をしましょう。その際に不具合が見つかったら、引渡しまでの期間に修理をしてもらったり入居後に修理をするかを決めていきます。その際に書類に不具合箇所や施工日時を記しておいたり現場の写真を残しておくと、後々トラブルになることを避けられます。
詳しくはこちらから

トップへ戻る