暮らし

暑さ対策に繋がる!サーキュレーターと扇風機の違いについて解説します

扇風機で涼む

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

暑い夏を快適に過ごすために欠かせない家電と言えば、扇風機ですね。

室内全体の温度を下げるためにはエアコンが最も効果的ではありますが、電気代が気になる方や冷え性の女性などは、扇風機だけで夏を乗り切るという方も少なくないようです。

また、扇風機は風力の強弱調整も可能ですので、入浴後に汗を抑えて早く涼みたい時など、ちょっとした場面で気軽に活用出来る点も大きな魅力です。

最近ではサーキュレーターの人気も高いですが、扇風機との違いについて明確に把握している方は少ないかもしれません。

フォルムや構造などが似ているこれら2つの製品ですが、使用目的や機能性、さらにはコスト面においても大きな違いがあることをご存知でしょうか。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを知ることで、どちらの機能が自宅に合っているか適切に選ぶことが出来るでしょう。

今回は、サーキュレーターと扇風機の違いについて解説します。

扇風機

サーキュレーターと扇風機の違い① 使用目的

2つの製品の明確な違いとしては、扇風機は人の身体に直接風を当てて涼しくするのに対して、サーキュレーターは強い風を送ることで室内の空気を循環させて部屋全体の温度を下げ、涼しくします。

そのため、サーキュレーターはエアコンとの相性も良く、併用する方やエアコンの代用に使う方も多くなっています。

サーキュレーターの特徴として、直線的な強い風を送ることがあります。

ピンポイントに一定の場所に強い風を送りますので、人が直接当たる風としては適しません。

一方で、扇風機は広範囲に優しい風を送り、強弱の風力調整も優れています。

その点では、扇風機の方が人が涼む風としての適しているといえるでしょう。

エアコンとの併用を考えている方はサーキュレーター、エアコンの使用を抑えたい方は扇風機を選ぶと良いかもしれませんね。

サーキュレーター

サーキュレーターと扇風機の違い② それぞれの機能性

それぞれの機能性と違いについて説明しましたが、より効果的に使用するためにはそれぞれの配置が重要になります。

通常、高い温度の空気は軽いので天井に集まり、低い温度の空気は重く床にたまる性質を持っています。

そのため冷気は床に溜まることになるのですが、サーキュレーターは床に漂う冷気に強い風を当てることで拡散し、室内全体の温度を均一化する効果があるのです。

エアコンと併用する際は、エアコンの真下にサーキュレーターを配置し、床に向けて風を送りましょう。

そうすることで床に溜まる冷風をかき回し、冷たい空気を室内全体に広げることが出来ます。

逆に冬はサーキュレーターの角度を上向きにすれば、天井に集まった温かい空気が拡散し、より効率的に室内を温かくすることが出来るでしょう。

一方で、扇風機を配置する場合は「外の温度が高い時は室内から窓に向けて置き、窓から暑い空気を出すようにする」「外が涼しい際は開けた窓の前に置き、外からの風が入るようにする」といった配置が効果的ですよ。

また、扇風機の使用時には体調を崩さないために「睡眠中は体に直接風を当てない」などの注意点もありますので是非気をつけて下さい。

扇風機で涼む

サーキュレーターと扇風機の違い③ コスト面について

次はコスト面の違いを見てみましょう。

購入する際は、サーキュレーター、扇風機共に様々な商品があり、機能によってその値段は様々です。

次に利用した際のコストですが、1日12時間使用の日額計算で考えた場合、それぞれ扇風機(40W)12.4円、サーキュレーター(50W)15.5円となります。

また、1時間あたりですと扇風機が0.57円、サーキュレーターが0.78円といずれにしてもサーキュレーターのコスト負担が大きく見えますが、サーキュレーターはエアコンと併用する事で省エネの効果が期待できることも忘れてはいけません。

エアコンと併用することで、月の電気代が半分ほどに抑えることができるケースもあり、購入にかかるコストも十分に補えることが出来るでしょう。

エアコンで室内の温度を下げ十分に涼みたいけど、電気代が気になる方はぜひ節約に優れているサーキュレーターとの併用を考えてみてはいかがでしょうか。

一方、扇風機は3時間の運用で電気代が16円のエアコンに対し、電気代が約2円となっていますので基本的にローコストで抑えることが出来ます。

また、最近では消費電力が少ないDCモーターを搭載した省エネ扇風機などもありますので、機種によってはさらに節約が可能な場合もありますよ。

経済的

解体の窓口

サーキュレーターと扇風機の違い④ オススメの最新家電

それぞれの特徴を説明しましたが、どちらの機能も必要とお考えの方はサーキュレーター機能付きの扇風機がおすすめです。

こちらは購入代金が少しかかりますが、文字通り扇風機の機能に加えてサーキュレーター機能がついている優れた機種となっていますので、エアコンとの併用はもちろん、様々な場面で活躍すること間違いなしです。

まとめ

サーキュレーターと扇風機の違いについて、解説しました。

それぞれメリットとデメリットがあり、自分に適した物を選ぶには、コスト面と機能性どちらを優先するのか検討する必要があります。

また、サーキュレーター機能付きの扇風機もおすすめですので、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事