住まいのノウハウ

引越しの見積もりって何をするの?【依頼をするまえに知っておきたい事】

賃貸

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

引越しの際に必要な手続きのうちの一つ、“引越し見積もり”。

見積もりサービスや比較サイトなどいろいろあるけれど、いまいち見積もり方法などがよくわからない!そんな経験ありませんか?

「公に価格が提示されていない分、出された見積もりが正しいのか不安・・。」

今回は引越し初心者さん向けに、引越し見積もりの仕組みを簡単にご説明します!

引越前になぜ見積もり依頼が必要か

アンケート結果

荷物量で価格が変動する

引越しの金額は荷物の量と引越し距離に応じて変動していきます。引越し先の情報はあらかじめ提示することができ、客観的に判断できますが、引越しの荷物量は一概には言えませんよね。

引越し業者によって出される見積もりが違うため、複数社へ見積もり依頼をして、最安値の会社に依頼するのが通常です。

引越し見積もり依頼の仕方

ネットで一括見積もり

見積もり依頼に時間をかけたくない人は、一括見積が手軽です。

引越し前の住所と引越し後の住所を入力し、家具・家電、段ボール量を入力して登録すると選択した会社からの見積もり連絡が届きます。

たくさんの会社に見積もり依頼をすると・・

ネットから一括見積を依頼すると、多くは電話で引越し会社から連絡が入ります。
(電話番号を登録しなければメールの場合も)
そのため、10社に依頼すると着信がとまらなくなるかもしれませんね。

よくばって見積もりの出しすぎをしないように気を付けましょう

引越し見積もり依頼後のフロー

見積もり依頼を申し込むと、引っ越し会社さんから連絡がはいり、そこでおおよその荷物量の確認が行われ、概算の見積もりが提示されます。

訪問見積もり

電話やメールでの見積もりはあくまで“概算”。結局は業者の方に荷物量を直接確認してもらわなくては、確定見積もりを提示してもらえません。

訪問時間はだいたい1時間程度は見込んでいた方がよさそうです。

訪問見積もりは1対1ではやらない

電話やメールでの見積もりでは正確ではない部分も、訪問では具体的に見積もりを出してくれます。その点、1度は訪問での見積もりをだしてもらうことをお勧めします。

しかし、1対1での見積もりを行うと、強引な営業を受けてしまう場合もあります。
なるべく自分一人ではなくご両親に同席してもらうか、1度に複数社の訪問をしてもらいましょう。

解体の窓口

まとめ

引越しの会社決定のフローは、

①一括見積サイトに登録
②電話での見積もり概要
③訪問見積もり

それなりに日数もかかってきます。見積もりの依頼時期は、直前ではなく引越しの日程が固まった段階でお願いするようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事