暮らし

理想のインテリアは、家具を揃えるところから始めよう!

片付けに悩むカップル

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

日々の暮らしを円滑にするために欠かせないもの、それは家具やインテリア。

ベッドやソファ、クローゼット、テレビボードにドレッサー、ローテーブルなど、暮らしに必要な家具やインテリアは数多くあります。

ところで皆さんは、『家具』と『インテリア』の違いってご存知ですか?

まずインテリアですが、日本語に訳すると『室内装飾』という意味で、家具は『生活の為に家に備えておく道具』という意味だそう。

日本では家具イコールインテリアと捉えられることが多いですが、似ているようでちょっと意味合いが違っているんですね。

今回は、そんな家具やインテリアについてお話ししたいと思います。

綺麗なリビング

思い切ってインテリアに合わせて家具を買い替える方法もアリ

新しい住まいが決まったら、どんな家具を揃えようか、どんな配置にしようか、テーマカラーはどうしようか等、あれこれ想像するのは楽しいひと時ですよね。

しかし、全部をお気に入りの家具で揃えようと思ったら予算オーバーしてしまって、仕方なく予算内で別の家具を選ぶことももちろんあります。

その時に選んだ家具が意外と使い易くて満足する例もあれば、思ったより使いづらくて買ったことを後悔したという例もあるでしょう。

そんな住環境を変えたいと思うなら、いっそ買い替えるというのも1つの方法です。

片付けられた部屋

日本人はもったいない精神が根付いているため、まだ使えるものをただ捨てるのは心苦しい方も多いと思いますが、思い切って買い替えることでストレスが軽減し、作業効率を上げることが期待できます。

不要になった家具はリサイクルショップに売ったり、親戚や知人に譲ったりする他、例えば縦置きで使っていたカラーボックスを横置きにしてテレビボード代わりに使うなど、違った用途で使う方法なら無駄にすることなく再利用できます。

理想のインテリアを成功させるには、最初から全部揃えない

また、最初からあれもこれも欲しいと思って揃えてしまって、いざ新居に移ったらあまり活躍しなかった家具があるというのも『インテリアあるある』ですよね。

そうした失敗を避けるためにもまずは必要最低限のものだけを揃えて、生活が落ち着いたら徐々に増やしていくのも良いですね。

どうしても欲しいと思っていたものでも、意外と「これってやっぱりいらないかも」と思うかもしれませんよ。

そうしたら無駄遣いも減らせるし、その分を本当に必要になった家具の購入に充てることができます。

最近はDIYも流行っているので、既製品で気に入るものがなければ手作りするのもオススメです。

DIYをする男性

家具の向きや配置を変えて、気分転換

買い替える方法以外では、模様替えもオススメ。

模様替えは体力と時間が必要ですが、お金と引っ越しの手間をかけることなくお部屋の印象を変えることができます。

模様替えをしたリビング

模様替えのついでに断捨離も一緒に行えば、不要な家具を処分して新たなお気に入りを加える楽しみも。

こうして考えると、インテリアって結構奥深いものだと思いませんか?

解体の窓口

おわりに

家は1日の疲れを癒し、翌日もまた頑張るためのエネルギーをチャージするための場所。

自分に合った方法で理想のインテリアを実現したいですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事