畳【じょう・たたみ】 - 賃貸基礎用語

一般的な大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm)が基本。おおよそ「畳数×1.65平方メートル」が部屋の床面積と言われている。畳の面積は各地域毎で異なるのだが現在では1間が6尺の江戸間と呼ばれる規格が全国標準となりつつある。

トップへ戻る