毎日を楽しく過ごそう
色によって
印象が変わる?

色が持つ力

暮らしの中にはたくさんの色があり、その色によって人は様々な影響を受けています。実際に部屋は寒くないのに壁紙が寒色だと寒々しく感じ、暖色だと暖かく感じます。その他食欲を増進させたり精神的に安らぎをくれたり、私たちは知らず知らずのうちに色の力に影響されて生活をしています。
そのような色を上手に使ってインテリアをコーディネートすると、毎日の生活に良い結果をもたらせてくれるかもしれません。
疲れがとれにくい、なかなか部屋で安らぐことができないと感じている場合には、早速実践してみましょう!

知っておきたい3つのカラー

①アソートカラー
部屋の雰囲気を作る色ですので、ボリュームとしては中程度、大体にして空間の25%ほどと考えましょう。色を考える際には場所として目につきやすいような位置にあり、面積のあるソファやテーブル、収納家具、その他にはカーテンなどに使用しましょう。
②ベーシックカラー
アソートカラーの背景色になり、アソートカラーを美しく映えるように見せる色になります。空間の70%ほどを使用しましょう。ボリュームが大きくなりますので、空間全体の色になってきます。インテリアで使用する際には、壁や床、天井など広い面積を持つ場所に使用しましょう。
③アクセントカラー
部屋全体を引き締めたり、変化をつけたりする際に使用しましょう。アクセントカラーという名前の通り、空間のアクセントとして使用します。目安としてだいたい5%程度の使用にとどめましょう。あまり使いすぎるとしつこくなってしまいます。強く印象に残るような配色を心がけます。またアソートカラーとは明るさ感や色味の異なる対比色(補色)を使用しましょう。

目的別・効果の現れる色一例

ピンク色の特徴

  • プラスの心理…かわいい・優しい・緊張を和らげる・安らぎ
  • マイナスの心理…幼い・派手・弱い・不安定
効果
かわいらしく守ってあげたくなるピンク色。ピンクは美しくなるために必要な色です。幸せな気分を作り女性ホルモンの分泌を助け、血行をよくし肌の潤いを保つと言われます。女性の方はぜひ積極的に取り入れてください。取り入れすぎると幼稚なイメージになってしまうので、注意が必要です。上手に取り入れましょう。

青色の特徴

  • プラスの心理…リラックス効果、若々しい、清潔、誠実、クールさ
  • マイナスの心理…食欲減退効果、寒色効果
効果
鎮静作用の強い寒色の代表色で知られています。水や空のイメージがあるので光によってさわやかにも陰気にもなる色です。清潔感でさわやかなイメージから水周りに、心を落ち着け睡眠の状態を整えるので寝室にも向く色といえます。
食欲を抑える色でもあるので、ダイエット中の人はブルーのテーブルクロスやブルーの照明などを効果的に利用するのもオススメです。

黄色の特徴

  • プラスの心理…活発さ、開放感、明るさ、希望
  • マイナスの心理…軽率、幼さ、奇抜さ
効果
明るくて賑やかなイメージの黄色は幸福をあらわす色でもあります。神経を刺激して、集中力を高めたり、テンションを上げる働きを持っています。その他にはっきりとした黄色は時間の流れを早く感じさせてしまう効果や、活動的なイメージがあるので落ち着いて話をしたいリビングや応接間のような場には不向きな色です。
黄色い光は交感・副交感神経を刺激するので、注意を喚起しやすく、そのため道路工事や黄色信号などの注意サイレンによく使われます。

緑色の特徴

安心感、リラックス効果、鎮静作用、やすらぎ、平和、自然的

効果
自然や植物を連想させる緑は、安心感や安らぎをもたらしてくれる色と言えます。心身ともにリラックスしたいときに、おすすめの色です。さわやかなどのイメージから心を穏やかにする効果があるので落ち着きたい寝室や書斎、リビングにも向いた色です。唯一温度を感じない中間色なのでインテリアに一番使いやすい有彩色です。

トップへ戻る