いえらぶ物件検索 > 住まいのノウハウ > 基礎知識 > 知っておきたい住の事 > カーポートは固定資産税が上がる?

住宅購入
カーポートは
固定資産税が上がる?

固定資産税の原則

固定資産税と言うのは固定資産(土地や建物)の所有者に対して毎年課税される地方税です。土地や建物が所在する市町村(東京都特別区の場合は東京都)が作成する固定資産課税台帳に登録された価格を基準として、1.4%(標準税率なので、地域によって異なります。)の税率で課税されます。なお都市計画地域では都市計画税も課税されます。
建物は基本的に固定資産税評価額が課税標準額(税率をかける金額)になりますが、土地については住宅用の特例があり、課税標準額は固定資産税評価額よりも低くなります。
住宅用の特例とは、居住用(所有者の居住用に限られません)として使用される家屋の敷地とされる土地については、面積が200㎡以下の部分の価格を6分の1とされるものです(家屋の総床面積の10倍までの部分に限られます。200㎡を超える部分については3分の1になります。都市計画税は、200㎡以下の部分は3分の1、200㎡を超える部分については、3分の2になります。)。
このように、住宅に係る固定資産税は非常に優遇されています。

カーポートは課税の対象?

固定資産税の課税対象になる家屋は登記がされているかを問わないそうです。つまり現況で判断されるため建物が登記されていなくても課税されてしまいます。ちなみに建物とは

  1. ① 屋根があり、三方以上外周壁や建具で囲われていること(外気分断性)
  2. ② 基礎等で土地に固定されていること(土地定着性)
  3. ③ 居住、作業、貯蔵等に利用できる状態にあること(用途性)

を指すようです。
地面に固定されていて屋根と三方向以上を壁で囲まれている「車庫」のようなものは家屋の定義に当てはまってしまいますが、屋根しかないカーポートは、ふつう壁がありませんので対象外になります。
ちなみに物置は屋根・壁がありますが基礎をどれだけ固定するかで異なります。

トップへ戻る