住宅購入
住宅購入に
適した年齢は何歳?

適齢なんてあるの?

人生の中で結婚の次に大きなイベントになるであろう「住宅の購入」。人生の中でまだマイホームを持っていない人は一度は夢に見るのではないかと思います。
人生において最大のイベントである結婚には男子は18歳以上、女子の場合は16歳以上という、民法で定められた「適齢」がありますが、それでは住宅の購入はいつごろが適齢期なのでしょうか。

住宅を購入するタイミングは?

海外から住宅購入を見てみると、政府が積極的に住宅購入の支援をしていたアメリカが30歳、ドイツでは42歳、中国では27歳、そして日本は41歳だと言います。一戸建てやマンションなど購入する住宅の種類によってそれぞれの平均年齢は異なりますが、日本で最も年齢が若いのは、建売住宅の37歳だそうです。それではいったい住宅を購入する際のタイミングはいつが良いのでしょうか?もちろん自分自身のライフスタイルにもよりますが、住宅を購入するには、頭金や住宅ローンが組めるなど資金的な段取りが出来ていることが重要になってきます。また将来の家族構成を踏まえて、購入する家がどんなものが良いのかを決めなければなりません。結婚して家族を持つ30代がまさに適齢期でしたが、結婚も晩婚化し40代で購入する人や単身の住宅購入も目立っています。そして老後に備えて50代以降の方が購入することも珍しくなくなりました。通常住宅の購入には、住宅ローンで購入する場合頭金が必要ですしローン審査が通らないと融資が受けられません。資金的な面で考えると30代になってからの購入が現実的でしょう。

ローンの返済はどうなるか

満20歳以上71歳未満で、最終返済時の年齢が満81歳未満が平均的なローン返済の設計になります。しかし、老後の生活資金を考えると定年退職する60歳ぐらいには完済したいところです。30年~35年のローンを組んでその後繰上げ返済すると考えても、タイミング的には30代で購入できるのが良いと思います。
自己資金がある人なら高齢でも住宅購入ができるかと思いますが、住宅ローンの支払い面から見ると若い方がより有利です。また子供の出産や結婚する人の多い30代は、収入や家族構成など人生の方向性も定まってくるのではないかと思います。また結婚した時が住宅購入に適した時期と言う人もいますし、人によって様々のようです。
また住宅市場の動向も低年齢での住宅購入を勧めているようです。

トップへ戻る