入居までの流れ

入居までの流れ

STEP1お問い合わせ
聞きたいことをまとめたら、電話やメールでお問い合わせをしましょう。
予算、介護度、認知症の有無、入居予定時期など探している条件や見学をするかしないかなど電話やメールで連絡して資料を請求しましょう。
資料請求のために電話した際には、身体の状態や予算、医療連携の有無や予算などを聞かれる場合もありますので注意してください。
STEP2入居審査と契約
住みたい住宅が決まったら入居審査と契約をしましょう。この過程は約1~2週間かかります。
診療情報提供書などを提出して、医療的援助内容など総合的に判断し入居判定が行われます。
契約日とお部屋を決める際には身元引受人が必要となります。
STEP3引っ越し
契約が完了して、いよいよ引っ越しになります。引っ越しをするにもお金はかかりますので注意を!
契約が終わったら、実際に入居する入居日を決めて引っ越し準備をします。
新居で使用するテレビやカーテン、コップなどの小物類等、ここでも出費があることを忘れずに。
STEP4入居開始
いよいよ新しい生活がスタートします!生活に必要な身の回りの物を揃えたら入居が可能です。
施設やお身体の状態にもよりますが、急いでいる場合、最短でも入居までに2週間前後はかかります。
契約に必要な書類等は、取得に時間がかかるものもあるので、事前に確認して取得しておくとスムーズです。
一般的に契約に必要なもの…
  • ●住民票
  • ●健康診断書(施設指定の項目があるもの。取得に2週間~1ヶ月かかる場合も!)
  • ●印鑑証明
  • ●連帯保証人・身元引受人
  • ●診療情報提供書、看護サマリーなど(入院されていた方)※施設によって必要なものは異なります。

トップへ戻る