暮らし

許可なしでも飼育可能!?自宅で飼える珍しい動物!

ワラビー

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

昔から一般的にペットとして知られているのは、犬や猫ですよね。

またハムスターといった小動物や観賞魚も人気が高く、賃貸物件で飼える場合もあります。

さらに日本には、専門機関に飼育の許可をとらなくても飼える動物がまだまだいるんです!

こんな動物が!?

許可なしで飼育可能な動物たちをご紹介します。

珍しいペットと一緒に暮らしてみるのも、楽しいかもしれません。

<クジャク>

クジャク

動物園などで豪華な羽を広げているクジャク。

実は、日本国内のショップで購入して飼育するぶんには、許可や手続きが必要ないのです。

鳥類を専門的に扱っているショップで販売されていることが多く、値段も約2~10万円程と予想以上に高額というわけではありません。

また寿命も約20年と長寿な鳥なので、空間を美しく彩るお友達として長い付き合いができますよ。

<アルマジロ>

アルマジロと聞いても、あまりピンと来ない方も多いのではないでしょうか。

背中にうろこ状の固い甲羅をもち、背中を丸めて身を守る姿は、まるで大きなダンゴムシのようです。

そんなアルマジロですが、特別な許可も必要なく人にも懐くので、近年ペットとして徐々に人気が出ています。

販売価格は約40~50万円程となかなかの高額ですが、年々数が減少しているので今後さらに価格が高騰する可能性が。

アルマジロ飼育をお考えの方は、早めにお迎えしてくださいね。

<ミーアキャット>

ピーンと直立する姿がなんとも可愛いミーアキャットは、ペットとしてひそかな人気があります。

主に大型のペットショップにいることが多いですが、なかにはミーアキャットを専門に扱うお店もあるのだとか。

その価格は25~40万円程で、一般的に大人より赤ちゃんのミーアキャットのほうが安いようです。

しかし群れで生活する動物なので、個体ではストレスがたまってしまう可能性が。

ミーアキャットを飼育する際はペアで飼う可能性を考え、倍の予算を用意しておいたほうがいいでしょう。

<ワラビー>

ワラビー

小型種のカンガルーであるワラビーも、エキゾチックアニマルを取り扱っているショップで購入できます。

動物園で見る姿とはまた違った愛くるしい一面が見られるので、ペットとして飼っている方も実際にいますよ。

しかし価格は種類によって15~40万円程と異なり、広大な飼育スペースも必要なため飼育難易度は高い動物と言えるでしょう。

<スカンク>

強烈な臭いのする分泌物を噴射することで知られるスカンク。

狂犬病を媒介する可能性があるため、輸入が制限されており入手は困難ですが、まれにペットショップで販売されていることがあるようです。

またその際は、肛門腺が除去されて避妊・去勢済みで販売されているので、悪臭の心配はありませんよ。

価格は、25~30万円が相場です。

運がよければ、本来の白黒模様の種類以外にも、アルビノ種に会える可能性があります。

<アルパカ>

アルパカ

クリクリの目に長いまつ毛が特徴的なアルパカは、動物園でも人気ですよね。

アルパカは日本で唯一生産・販売をおこなっている牧場があり、ペットとして飼育可能です。

その価格相場は180~200万円ほどと高額で、飼育するスペースも広大な敷地が必要です。

また草食動物の習性上多頭飼いは必須なので、お迎えの際はかなりの予算を用意する必要があります。

少し臆病ですが優しい性格なので、慣れてくれば飼い主には社交的に接してくれますよ。

<カピバラ>

癒し系動物として、度々名前が挙がるカピバラ。

世界最大の齧歯類として知られていますが、ほのぼのとしたお顔やおっとりとした動きが何とも愛らしい動物です。

あまりペットショップに流通することはありませんが、ネットショップやエキゾチックアニマルを扱うお店で入手できます。

価格は約70万円前後で、同じ齧歯類のモルモットと比較すると約350倍もの値段に。

また食欲も旺盛で1日2~3㎏の食事をとるので、食費もかなりかかる動物です。

<フェネック>

フェネックと聞いても、あまりイメージが湧かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

犬にもキツネにも似ている愛らしい顔立ちが特徴的で、ペット愛好家の中で注目の動物です。

その価格はペットショップの場合100万円前後、ブリーダーから購入する場合は70万円前後と、価格に差があります。

性格は臆病で警戒心が強いです。

しかし、感情表現が豊かなので、慣れると色々な仕草をして甘えてくれますよ。

<ピラニア>

ピラニア

残忍な人食い魚のイメージのあるピラニアですが、日本でも購入可能です。

そのイメージとは違い、実際は臆病でデリケートな性格をしており、飼育する際は多頭飼をおすすめします。

価格は400~700円と手ごろで水質の変化や病気にも強いため、飼育難易度も低めと言えるでしょう。

まとめ

普段動物園で見るような動物も、実は自宅で飼える可能性があります。

ペットショップに流通することが少ない種類でも、専門店で取り扱っていることがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、これらペットを飼う際、賃貸物件の場合は、飼育可能なペットについてもしっかり確認することが大切です。

万が一、ペット全面禁止のお部屋だと、トラブルにつながりかねません。

そこで、ペットと一緒に住みたいという方は、きちんとペット可の物件を選びましょう。

いえらぶでは、大好きなペットと快適に暮らせるお部屋を多数ご用意しております。

お部屋探しはいえらぶで!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事