ライフスタイル

【意外な結果に!】一人暮らしなのに定期的に浴槽につかる人が〇割に!

ライフスタイル

ハイライト

  • 一人暮らしの人に定期的にお風呂に入るかアンケートをとってみた。
  • 約6割の人がシャワーだけでなくお風呂にも入ると回答した。
  • 毎月の請求額を考えながら、入浴する回数を変えてもいいのかもしれない。
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

ライフスタイル

一日の疲れを癒すことが出来る入浴ですが、普段はシャワーで済ませる人もいるでしょう。毎回お風呂に入っていると水道代やガス代も高くなっていきますし、そこまで風呂に定期的に入るのではなくシャワーで手早く済ませたいという人もいるのではないでしょうか。

というわけで、定期的にお風呂に入るかアンケートを取ってみました。

Question

【一人暮らしの人限定!】シャワーだけでなくお風呂にも定期的に入りますか?

  • Aはい:57%
  • Aいいえ:43%

一人暮らしで浴槽につかるのか

一日の疲れを癒したい?入浴してよりリラックスしたい!

アンケートの結果によると、約6割の人がシャワーだけでなくお風呂にも入ると回答していました。

  • シャワーだけだと体はキレイになるが、疲れが取れない気がするので、時間があるときはお風呂にも入る。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 毎日入ります。シャワーだけだと疲れもとれないし、体臭もきつくなりそうな気がするので。(40代/女性/契約派遣社員)
  • 体が冷えないように2日に1度は入るようにしています。むくみがとれますしね。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 真夏でなければ、入浴時にはほとんどバスタブにお湯を張って入浴している。そのほうがリラックスできると思う。(50代/男性/自由業・フリーランス)

まとめると…

風呂に入らずシャワーで済ませてしまっても良いのでしょうが、それだと身体の汚れは落とせてもすぐに身体が冷えてしまったり、疲れが取れにくいと感じているようです。入浴することで身体の血行が促進されるので疲れが取れたりリラックス出来るのが大きなメリットといえますし、浴槽の中でマッサージなどを行えばより身体のコリもほぐすことが出来るでしょう。

風呂に入ると水道代もガス代もかかってもったいなく感じる?

逆に風呂に入らずシャワーで済ませてしまう人は約4割でした。

  • 毎日のこととなれば水道代もあるけど、掃除がすごく大変だからシャワーだけにしてる。(30代/男性/会社員)
  • 一人だけなのでお風呂の水代やガス代がもったいないので、お風呂にはあまり入りません。(20代/女性/無職)
  • たった一人入るのに湯槽にお湯をためるのがもったいないので、冬でもごくたまにしか入らない。(20代/女性/専業主婦主夫)
  • お風呂沸かすのにも時間がかかるし、1人だけなのでもったいないから。(20代/男性/学生)

まとめると…

まず風呂に入る時点で浴槽にお湯を溜める、お湯を沸かす、入浴した後の処理など様々な面倒な点が出てきます。それを毎日繰り返すとなると使ったお湯は捨ててしまうものなので水道代もかかりますし、お湯を沸かす時のガス代も多く必要になってしまいます。

また一人暮らしの女性などの場合はセキュリティが万全であるなど他に外せない条件が先立つ場合もあるようですね。

毎日の入浴で浴槽も汚れてしまうので掃除も欠かせなくなるので、とても手間がかかります。節約志向が強い人にとってはたった一人の入浴はもったいないものだと考えているのかもしれません。

総まとめ

ちょっとお金はかかるけど、身体をリラックスさせる為には入浴も必要?

以上のアンケート結果では半分以上の人がシャワーだけでなく風呂にも入るようですが、もったいないのでシャワーで済ませる人も多くいるということが分かりました。

入浴することで身体を効率良く温めることが出来るだけでなく、リラックス効果もあるので一日の疲れを癒せることが、お風呂に入る大きなメリットと言えます。しかし、それを実感する為にはお湯を溜めないといけません。その分水道代もガス代もかかりますし、経済的な問題も発生することになるので、毎月の請求額を考えながら、入浴する回数を変えてもいいのかもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年3月9日~3月23日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • お風呂は大好きなので、毎日入ります。お風呂では雑誌を読んだり、勉強したり、1時間以上は入っています(30代/女性/自営業(個人事業主))
  • 忙しい時はシャワーだけですが、疲れをとりたいときなどは浴槽にゆっくり使っています。(50代/男性/無職)
  • お風呂好きなので、できれば毎日でも入りたいです~。残り湯は有効活用するのだ。(40代/女性/会社員)
  • 湯船には絶対毎日入ります。お風呂に浸からないと疲れが取れないから。(30代/男性/会社員)
  • 浴槽にためた水を洗濯物に使わないので普段は入らないけれど、身体の疲れを取るために時々入ります!(20代/女性/パートアルバイト)
  • 夏はシャワーが多いですが、冬は寒いので湯船に入る日が多いです。(40代/女性/専業主婦主夫)
  • 時間に余裕があるときや、とにかく疲れているときは湯船に入るようにしている(30代/女性/学生)
  • 冬場は特に湯船につかって温まります。夏場もなるべく湯船に入るように心がけています。(40代/男性/会社員)
  • 週に1~2回。贅沢に感じるのでもう少し減らしてもいいと思う。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 体が冷えないように2日に1度は入るようにしています。むくみがとれますしね。(20代/女性/パートアルバイト)
  • お風呂で疲れを癒したいって思うのでしっかりお風呂はなるべく沸かします。(20代/女性/無職)
  • 基本お風呂には毎日つかります。シャワーだけだと疲れが取れない気がするので(10代/女性/学生)
  • しっかりと浴槽に使ったほうが、疲れが取れてぐっすり眠れる気がするから。(20代/女性/学生)
  • 物件の都合で水道代が定額なので、どうせなら使ってやる、と思って毎日入ってます。(40代/女性/専業主婦主夫)
  • 気分的に入りたいとき、寒いとき、洗濯がたくさんたまっていて洗濯にお湯を使えそうなときに入ります。(20代/女性/自由業・フリーランス)
  • 毎日入ります。シャワーだけだと疲れもとれないし、体臭もきつくなりそうな気がするので。(40代/女性/契約派遣社員)
  • お風呂にしっかりと入るようにしていると、身体が温まるからです。(30代/男性/会社員)
  • お風呂にはいることが大好きなので、浴槽には毎日はいっています。(20代/女性/専業主婦主夫)
  • ただし、自宅では一切入りません。スポーツジムに通っているので、そこで毎日入ってます。(40代/男性/会社役員)
  • ユニットバスの家のときはお風呂ためなかったけど、お風呂トイレ別の家に引っ越してから、のんびりお風呂に入れるのが嬉しくてよくためるようになった。ちゃんと残り湯で身体を洗ったりするようにもなった。(20代/女性/学生)
  • 冬場は寒いのでシャワーだけだと風邪をひきそうなので毎日入ります(20代/女性/パートアルバイト)
  • お風呂に入らないとリラックスできないような気がするんですが、どうなんでしょう。(40代/女性/会社員)
  • お風呂に浸かることで疲れを癒すことができるので、入るようにしています。(30代/男性/会社員)
  • 基本的にはシャワーですが週末などゆっくりしたいときにはお風呂につかります。(30代/女性/会社員)
  • お風呂には毎日入ります。シャワーだけですと完全いおとし切れていないようで気持ち悪いです。(20代/女性/パートアルバイト)
  • お風呂にも入らないと疲れがなかなか取れないし、入浴が好きだからです。(20代/女性/会社員)
  • シャワーだけだと体はキレイになるが、疲れが取れない気がするので、時間があるときはお風呂にも入る。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • お風呂で定期的に半身浴をします。飲み物・防水スピーカー・たまに本や雑誌を持ち込んで、時にはお風呂の中でマッサージをします。女性なのでお風呂に浸かるのは美容にも冷え性にも良さそうです。(30代/女性/会社員)
  • シャワーのほうが水が多く流れて勿体ないのでお風呂に入ります。(20代/女性/無職)
  • 冬場はシャンプーした後になんとなくお湯をためてしまいます。コンディショナーとかは出る時に体と一緒に洗い流してます。そうじゃないと寒くてたまりません。(40代/女性/自営業(個人事業主))
  • 夏はシャワーだけで済ましますが、冬は温もりたいので、入ります。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 真夏でなければ、入浴時にはほとんどバスタブにお湯を張って入浴している。そのほうがリラックスできると思う。(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 1日の疲れを取るためには、やはり湯船に浸からないとやっていけません。また、冬場は温かいお湯に浸かりたくなるものです。(20代/女性/学生)
  • 冬は寒いしお風呂に入った方が気持ちがいいから入るようにしている。(20代/女性/学生)
  • 冬は、とても寒くて、シャワーだけでは風邪を引きそうだから。また、友達がとまりにきたときは、絶対にお風呂のお湯を溜めている。(10代/女性/学生)
  • シャワーで済ます方が安上がりなのでシャワーが多いですが、お風呂にもはいります。(40代/男性/契約派遣社員)
  • やっぱり、疲れもストレスも湯船に浸かったほうが良く取れるから。(40代/男性/無職)
  • ほとんどの毎日入ります。シャワーだけでは疲れが取れないように思います。特に冬は湯船につかったほうが体が温まると思います。(50代/女性/専業主婦主夫)
  • 東北の方に住んでいるので、冬になると寒くなるためお風呂にも定期的に入る(10代/男性/学生)
  • お風呂大好きなので、ユニットバスでも湯船にお湯をためて半身浴しています。本当は肩まで浸かりたいけど水道代がかかるので我慢しています。(30代/女性/契約派遣社員)
  • シャワーだけでは疲れが完全に取れません。リラックスもできない。(50代/男性/契約派遣社員)
  • 風呂にはいるのは健康にいいから。シャワーだけでは健康にいいとはいえないと思う。(20代/女性/学生)
  • 時間のある時は入浴剤を入れてゆっくり湯船につかりリラックスします。(30代/男性/会社員)
  • いろいろな入浴剤を入れて楽しみたいし、手足を伸ばしてゆっくりしたいから。(40代/女性/会社員)
  • シャワーだけでもいいですが寒い時期も暖める為と夏は汗を掻くのでまめに入ります(30代/男性/会社員)
  • 冬は寒いので時間に余裕のある日はお風呂に湯をはってガッツリあたたまるようにしています。(30代/女性/会社員)
  • 寒かったり、体がとても疲れている時は入浴剤を入れてゆっくりと浸かります。(20代/女性/会社員)
  • 夏はシャワーのみで過ごします、秋から冬にかけてはきちんと風呂に入ります(50代/男性/会社員)
  • 疲れた日やゆっくり時間がある夜などは、お風呂に使って本を読んだりして汗をかいています。(20代/女性/会社員)
  • やっぱりお風呂に入らないと気持ちよく翌日を迎えられない。7、8、9月を除けば毎日入ってます。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 湯船につからないと入った気がしませんね、もちろん毎回入ります。(30代/男性/会社員)
  • 私はお風呂に入ることが好きなので毎日入ります。シャワーだけとか、入らないということはしません。(10代/女性/学生)
  • 私は山形に住んでいるので、冬場などシャワーだけでは寒いので、お風呂にも入ります。また、他の季節でも疲れが取れる気がするので、定期的に入ります。(20代/女性/会社員)
  • お風呂もついているので特に冬場は入りますが、できるだけ節約できるようシャワーだけに努めています(40代/女性/パートアルバイト)
  • と言うか毎日お風呂に入っています。シャワーは楽ですが疲れがとれないと感じることが多かったので相当疲れている時以外はお風呂にしてます。(20代/女性/学生)
  • 夏場はシャワーで済ます事が多いですが、それでも筋肉に疲労を感じたら熱い風呂に浸かって回復を図ります。勿論冬場は毎日入浴します。日本人ですから!(50代/男性/自営業(個人事業主))
  • ほとんどシャワーですが、お風呂自体は好きなので、リラックス目的のために入ります(30代/女性/会社員)

【いいえ】

  • 一人暮らしだとフロ釜の掃除が面倒くさいので、時間に余裕ガある時にしか入りません。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • お風呂に入るのは不定期です。朝寝坊して急いでいたらシャワーだけに。(20代/女性/学生)
  • ユニットバスなので、浴槽に溜めたお湯はすぐ流さねばならずもったいないから。(30代/男性/会社員)
  • ガス代や水道代がもったいないからシャワーだけしかしない。浴槽に入りたくない。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • めんどくさいこと、一人だとお湯がもったいないことなどが理由です。たまにはいることはあっても、定期的に入ることはないです。(20代/女性/学生)
  • 一人で湯船に入ると光熱費が高くなる。だから普段はシャワーのみにしている。代わりに実家に帰ったときは、ゆっくり湯船に使っている。(30代/男性/無職)
  • お風呂の湯船にゆっくり浸かりたい気持ちはありましたが、節約のためにシャワーにしていました。(30代/女性/無職)
  • 1人暮らしだとお湯をためるのも面倒だし、水道代節約のためにもシャワー。(20代/男性/パートアルバイト)
  • シャワーだけですね。帰りが遅いのでお湯をためるのが面倒なのです。(20代/男性/その他専門職)
  • 入りません。寒いですけど、なんか勿体なくて。湯船に入りたいときは他で入ります。(30代/女性/パートアルバイト)
  • ガス代がとてもかかるのでシャワーで済ませる。金銭的にも余裕がないので。(10代/男性/パートアルバイト)
  • 基本的にお湯が無駄になるような気がするのでシャワーだけです。(20代/男性/会社員)
  • 一人だけなのでお風呂の水代やガス代がもったいないので、お風呂にはあまり入りません。(20代/女性/無職)
  • ここ1年くらいはシャワーのみ。湯船を張る時間とか掃除を考えるとなかなか入れない。(30代/女性/契約派遣社員)
  • 水道代やガス代も節約したいので、お風呂に入ることはほとんどない。(20代/女性/学生)
  • お風呂沸かすのにも時間がかかるし、1人だけなのでもったいないから。(20代/男性/学生)
  • たった一人入るのに湯槽にお湯をためるのがもったいないので、冬でもごくたまにしか入らない。(20代/女性/専業主婦主夫)
  • 浴槽にお湯をためるとそれだけ水道代と光熱費がかかるのでシャワーで済ませています。(30代/男性/会社員)
  • 夏の時には、シャワーだけにしています。少しでも電位が節約できるからです。(20代/男性/学生)
  • 自分しかいないので風呂をためるのが面倒でもったいないからシャワーで済ませてしまいます(10代/男性/学生)
  • 追い炊きしかついていない為シャワーしか入りません。1回のためだけにためる水道料の事を考えるとシャワーで済ませた方が安いからです。(20代/女性/契約派遣社員)
  • 風呂を貯める手間、時間を考えるとシャワーでいいかと妥協してしまいます。(20代/男性/学生)
  • ほとんどシャワーですませますが、冬場身体が冷えている時はお風呂にはいります。追い炊き機能がないのでゆっくりははいりません。(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • お風呂に湯を張るのが面倒で、いつもシャワーで済ませてしまいます。湯船に浸かりたい時は、近くの温泉に行きます。(20代/女性/会社員)
  • お風呂に入るとガス代がかかるため。光熱費の中で一番高いガス代を節約したい(30代/女性/会社員)
  • 湯船にお湯をためてもすぐに出てしまうしもったいない、なるべく節約したいと思うからです。(20代/女性/パートアルバイト)
  • ごくたまに入る事はあっても定期的には入らない。シャワーだけでも十分なため。(30代/男性/契約派遣社員)
  • お湯を溜めるのに時間がかかるのでシャワーだけにするのが習慣化していまいました。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 浴槽に貯める湯が勿体無いので、殆どシャワーで済まします。浴槽に浸かりたい時は、温泉施設・健康ランド等を利用します。(60代/男性/会社役員)
  • シャワーだけです。手早く済ませたいので。たまにお風呂に入りたくなる時もあります。(30代/男性/会社員)
  • お風呂に入る習慣がないのでよっぽど暇な時にしか入りません。1年に一回も入らない年もあります。(20代/女性/学生)
  • 本当は湯船に浸かりたいが、1年位前から排水管の流れが悪くなっているのか、栓を抜くと水が次第に洗い場に溢れてくるようになったので、仕方なくシャワーだけ。(40代/女性/その他専門職)
  • 家にお風呂はついてますがお湯をためるのが面倒なので、スポーツクラブの浴槽につかっています。(50代/女性/会社員)
  • お風呂に入りたい気持ちは山々ですが、やっぱり金銭面的に湯船には入れません。シャワーだけで十分かなと思います。(20代/女性/会社員)
  • 本当にお風呂に入りたい時は、近所の銭湯に行ったほうがくつろげるので。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 誰が入ったか分からない風呂に入るのは無理。病気がうつるかもしれないから(20代/男性/自由業・フリーランス)
  • ほぼシャワーです。冬ですらシャワーです。冬にむしょうにお風呂に入りたいときだけ風呂に入ります。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 面倒なのでついついシャワーだけで済ませてしまいます。広いお風呂だったらいいのいなぁって思っています。(30代/女性/無職)
  • 毎日のこととなれば水道代もあるけど、掃除がすごく大変だからシャワーだけにしてる。(30代/男性/会社員)
  • シャワーだけで済ませる事が多いです。水道代ももったいないからです(30代/男性/会社員)
  • 風呂掃除を怠っているので、不衛生で入ろうという気持ちになりません。(30代/男性/会社員)
  • 水を節約したいと考えているし、お風呂を入れてもすぐ冷めてしまうから入りません。(20代/女性/学生)
  • 洗濯する前日のみ、湯船にお湯を入れる。そして残り湯は有効利用する(40代/女性/無職)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事