ライフスタイル

これでぐっすり!良い睡眠を取るために外せないアイテムとは

ライフスタイル

ハイライト

  • 良質な睡眠をとるために外せないアイテムとはなにかアンケートをとってみた。
  • ぐっすり眠るには快眠枕が一番という結果になった。
  • 様々なアイテムで心身ともにリラックスした状態にするのがよさそうだ。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

ライフスタイル

一日の疲れを癒す睡眠、どこでも気にせず熟睡できる人もいれば、そうでない人も多いです。良質な睡眠は健康体を作るとも言われますので、毎日ぐっすりと眠りたいもの。しかし、ただ寝るだけで熟睡はできていない人も多いようです。

良質な睡眠のために快眠グッズを使うという方法もありますが、良い睡眠をとるために外せないアイテムは何か、アンケートをとってみました。

Question

良い睡眠をとるために外せないアイテムは何ですか?

  • A快眠枕:64%
  • Aアイマスク:14%
  • A加湿器:10%
  • AリラクゼーションCD:9%
  • Aサプリメント3%
  •           

良質な睡眠のために必要なアイテムとは

ぐっすり眠るには快眠枕が一番

アンケートの結果、快眠枕が多くなりました。

  • 自分にあった枕が一番重要だと思います。実際枕を変えたら寝つきも良くなって首も痛くないし高くてもいいものが良いと思いました。
  • 枕が合わないと寝にくいし次の日、寝違ったら最悪だから。合う枕じゃないと安眠できない。
  • 寝心地の良い枕でなければ、目覚めたときの肩や首の痛みがあるから。
  • 良く以前は寝違えをおこして首を痛めていたので、低反発の枕は現在必須となっています。
  •         

まとめると…

身体に合った枕でないと寝違える心配があるからという意見や、実際に枕を変えたことで寝つきがよくなり、寝違えもなくなったという体験談に基づく意見もありました。

    

第1位からは引き離されるもアイマスクや加湿器も大健闘

アンケートの結果、第2位のアイマスクに次いで、加湿器が第3位、第4位にリラクゼーションCD、第5位がサプリメントとなりました。

  • 少しでも明るいと眠ることが出来ないので、家にいるときでもアイマスクはかかせません。
  • アイマスクで真っ暗な状態を作らないと安眠できないので必需品です。
  • 空気が乾燥していると喉がカラカラになって、鼻も詰まって起きてしまうので、加湿器は必需品。
  • 冬は空気が乾燥しているので、肌がつっぱったり喉が痛くなったりする。加湿器は欠かせない。

まとめると…

真っ暗でないと眠れないという意見や、喉や肌の乾燥を防ぐために加湿器は欠かせないという意見がありました。人によって快眠のために色々と工夫していることが分かりました。

総まとめ

良い睡眠をとるには心身を満たすべし

アンケートの結果、快眠枕がトップとなりました。長時間の睡眠で体に合わない枕を使用しては負担がかかり、寝つきが悪くなるだけでなく寝違える可能性もあるようです。また、アイマスクや加湿器などで快適な睡眠時間を作るのも重要なようです。

良質な睡眠のためには、自分の体に合った寝具を利用するのは大前提であるとして、アイマスクや加湿器、リラクゼーションCDなどを用いて心身ともにリラックスした状態にするのがよいでしょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年1月26日~2月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【リラクゼーションCD】

  • リラクゼーションCD(40歳/男性/会社員)
  • 聴いていると落ち着く、だんだんと眠たくなってきて自然と眠りにつくことができる。(29歳/女性/専業主婦主夫)
  • 良い睡眠をとるためには様々な方法があると思いますが、良い音楽を聴いていると、リラックスしやすい感じがします。(44歳/男性/契約派遣社員)
  • 癒されるリラクゼーションCDを聞くことで、眠りにつくことができます。(36歳/男性/会社員)
  • やっぱり心を気持ちよくさすために、聞きながら寝るのがいいと思います。(34歳/男性/会社員)
  • 音楽を聴きながら寝るのが好きでよくやっています。そのため、リラックスできるCDを聴きながら寝ると、寝付きが良くてき快眠できます。(31歳/女性/パートアルバイト)
  • 緊張状態が解けて、簡単に眠くなる。瞑想CDだけでなく、ロシアの聖歌隊の音楽CDでもリラックスできて、よく眠れます。(45歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 今までで一番効果があった。寝付きが良くなればその後朝まで気持ちよく眠れる。(54歳/男性/無職)
  • お風呂上がりから寝るまではディズニーのクラシックをかけています。(37歳/女性/専業主婦主夫)

【加湿器】

  • 冬場は空気が乾燥して喉がイガイガして熟睡出来ない事が多く、加湿器で一晩中部屋を潤うようにしてからは、熟睡できています。(65歳/男性/会社役員)
  • 冬は加湿が絶対必要、なかったら口が乾き過ぎて目が覚めることもあるので。(39歳/女性/パートアルバイト)
  • 乾燥防止のためにも、加湿器をつけて寝ています。よくねむねています。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 冬は空気が乾燥しているので、肌がつっぱったり喉が痛くなったりする。加湿器は欠かせない。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 最近のどが渇いてしまい、咳が出るととまらなくなってしまうため加湿器は必需品です。(30歳/女性/会社員)
  • 乾燥してると喉や鼻がつらいので、程良い湿気があるといいなと思います。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • この時期は乾燥しているので、加湿器がないと朝起きた時に喉が痛くなってしまっているから。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 冬は乾燥して、のどが渇いてしまうことがある。加湿器があると乾燥しないのでよく寝れる。(29歳/女性/学生)
  • 加湿器は必要ですね。肌がぱりぱりするのをふせいでくれますし喉にもよいので。(47歳/女性/パートアルバイト)
  • 空気が乾燥していると喉がカラカラになって、鼻も詰まって起きてしまうので、加湿器は必需品。(36歳/女性/専業主婦主夫)

【アイマスク】

  • 暗くないと眠れないので。アイマスクが無くてもタオルや腕で目を覆っています。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • アイマスクです。ひんやりしているしているものや温かいものなど色々あるからです。(30歳/男性/無職)
  • 道路沿いに住んでいるので、車のライトなどの明かりが気にならないように。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • アイマスクです。友達にすすめられてからしているのですが、すごく落ち着いてよく眠れるようになりました。(37歳/女性/会社員)
  • 最近、ほっとアイマスクを使用し始めたのですが、思っていた以上によかったので。(30歳/女性/パートアルバイト)
  • 少しでも明るいとなかなか寝付けないから。暗いほうが落ち着くから。(27歳/女性/契約派遣社員)
  • アイマスクは目元が暗くて、すっと眠りにつけるので手放せないアイテムです。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 少しでも光が目に入ってきていると感じると落ち着かないためです。(27歳/女性/その他専門職)
  • アイマスクは外せません。少しでも明るいと寝つきが悪くなったり、寝ている途中でも目が覚めてしまうからです。(49歳/女性/パートアルバイト)
  • アイマスクの購入を検討している最中です。目が温まる?し、真っ暗になるのでいいのかもと。(45歳/女性/その他専門職)
  • 少しでも明るいと眠ることが出来ないので、家にいるときでもアイマスクはかかせません。(25歳/女性/自由業・フリーランス)
  • アイマスクで真っ暗な状態を作らないと安眠できないので必需品です。(26歳/男性/会社員)
  • 羊の人形を数えると言ったら笑われるのでアイマスクにしておきます。(58歳/男性/会社員)
  • 目を温められるアイマスクをすると、じんわりと温かさが伝わって気持ちいいです。(37歳/女性/パートアルバイト)

【快眠枕】

  • 枕ですね。枕が自分にあっていないと熟睡できないと思うので枕ですね。(33歳/女性/無職)
  • 枕を変えるだけで、寝つきが大分変って、睡眠の質が変わることを体験したので。(34歳/男性/その他専門職)
  • ゆっくり沈み込む枕が大好き。枕が変わると眠れないのでとても大事。(42歳/女性/専業主婦主夫)
  • 良く以前は寝違えをおこして首を痛めていたので、低反発の枕は現在必須となっています。(37歳/男性/会社員)
  • 枕の高さで、全然眠りが違ってくるので、自分にあった枕が外せないアイテムです。(47歳/女性/無職)
  • 枕が合わないとよく眠れないので、市販の枕ではなく自分でいろいろ堅さや高さを工夫してよく眠れる枕を作っている。(57歳/女性/専業主婦主夫)
  • 枕は大事です。値段はまあしましたが、自分に合った枕をオーダーメードで作ってもらって快適に寝れるようになりました。(45歳/女性/契約派遣社員)
  • 適切な高さの枕がないと、姿勢が不自然に感じてしまうので、ぐっすり眠ることができません。やはり何よりも枕が大事だと思います。(46歳/女性/自営業(個人事業主))
  • 枕が自分に合っていると良質な睡眠がとれるらしいので枕は重要だと思います。(32歳/女性/会社員)
  • 快眠枕だけとも限らない気もしますが、枕は重要だと思います。高さや柔らかさが重要だと思います(39歳/男性/パートアルバイト)
  • 言い睡眠をとるためには、枕や布団などの寝具は、いいものを使いたいから。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 枕が合わないと肩こりになったり、目覚めがよくないので自分にあった高さや柔らかさを選ぶ。(36歳/女性/専業主婦主夫)
  • 枕が合わないと首や肩に負担がかかり安眠できないと思います。オーダーメイドで枕を作ってもらうのが欲しい物の一つです。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 寝具がいいと、良い睡眠をとれるだけでなく、寝付きも良くなると思います。(37歳/女性/無職)
  • 自分の頭にあった枕を吟味して買ったので今はこれがないと眠れません(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 枕は固かったり、高かったりと、好きなタイプの物の方が気持ち良く眠れると思うからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 枕が気持ちよくない、身体にあっていないと落ち着かない。きちんと自分にあった枕は本当に朝まで快眠!(27歳/女性/会社員)
  • 枕が高すぎると首が痛い。枕が硬いと頭が痛い。枕も大事だと、硬い枕を使い続けて気付いた。(35歳/男性/会社員)
  • 寝心地の良い枕でなければ、目覚めたときの肩や首の痛みがあるから。(31歳/女性/自営業(個人事業主))
  • 枕が合っていれば基本的によく眠れると思うので、これが一番です(30歳/女性/会社員)
  • まくらが合わないと、首が痛くなって寝られないので。ひどいときはまくら無しの方が良かったりします。(51歳/男性/専業主婦主夫)
  • 枕が合わないと寝にくいし次の日、寝違ったら最悪だから。合う枕じゃないと安眠できない。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 快眠枕が良いですが、そもそも良い睡眠を必ずしもとりたいとは思ってません。(34歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 枕で寝ごごちが変わったり、寝つきがよくなったりすると思うから。(25歳/女性/その他専門職)
  • 枕が違うと熟睡度や疲れの取れ方が違うと身をもって感じたので。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 枕は重要だと思います。できれば体形にあったオーダーメイドの枕が理想。(36歳/女性/会社員)
  • 良い寝姿勢で寝ることが良い眠りに直結するから。一番影響があると思う。(33歳/女性/無職)
  • 自分の納得する枕でなければ、熟睡することが出来ないので快眠枕は必須アイテムです。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 枕は大切なアイテムだと思います。質の良い眠りにはかかせません。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • 枕とマットレスが自分の体に合っていると、途中で目覚める事もなく朝起きた時も目覚めが良いから(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 枕があるのとないのとではかなり違いますし必須アイテムだと思います(20歳/男性/学生)
  • 枕が良くないと眠れないという事をよく聞くので、値段が高くても寝心地の良い枕を使用しています。(41歳/女性/無職)
  • ビーズ入りの枕が一番首の角度が安定して眠りやすく、翌日疲れを残しずらいため(24歳/男性/無職)
  • 眠りやすい枕を使うようにすると、しっかりと眠ることができるからです。(33歳/男性/会社員)
  • 枕の有無はとても重要です。できれば、自分の首や頭に合うものを用意した方がいいです。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 快眠枕ですね、テンピュールの枕最高ですよ、手放せないですね。(36歳/男性/会社員)
  • 良い睡眠をとるためには、枕が重要なので快眠枕を使っています。(29歳/女性/無職)
  • とにかく良質な睡眠が何より大事と思っているので、枕は一番重要視しているから。(36歳/女性/専業主婦主夫)
  • 良い睡眠をとるためには枕が重要になってくるので、良い睡眠をとるためには快眠枕は外せないアイテムです(33歳/男性/会社員)
  • どんな状況でも、ぐっすり眠れるが、枕だけはどうしても無いと困る。(37歳/男性/自営業(個人事業主))
  • シンプルに、快眠枕が、良い睡眠をとるための必需品だとおもいます。(51歳/男性/会社員)
  • 自分に合った枕を使用して眠る事はとても重要だと考えます。枕が違うと安眠できません。(42歳/女性/パートアルバイト)
  • 枕ですね。あとはいらないと思います。睡眠薬はひつようですが。(47歳/女性/パートアルバイト)
  • まくらが一番大事です。普段から使っているのでないと落ち着きません。(26歳/女性/パートアルバイト)
  • 質の良い睡眠をとるためには快眠枕が有効であるという事を聞いたので試してみたところ、以前より快適になりました。(61歳/女性/自営業(個人事業主))
  • 快眠、とはいかないまでも自分に合った枕を使うことができればいい眠りに就くことができると思います(36歳/女性/契約派遣社員)
  • 快眠枕でも快眠できないくらいなので、これがないと全くもって睡眠の質がぐだぐだです。(50歳/女性/会社員)
  • 元々枕が変わると寝付けないタイプなので今の枕は絶対に必要です。(39歳/男性/無職)
  • 枕の高さや肌触りによって睡眠のとり方がまったくちがうので、高価なものでも快適なものを買いたい。(47歳/男性/会社員)
  • 枕が良くなかったらいい眠りにならないと思うので、枕は大事だからです。(24歳/女性/会社員)
  • 頭がしっくりくる枕はマストアイテムです。枕が合わなかった時期は肩こりがひどかった。(55歳/女性/会社員)
  • 枕がフカフカでお日様の匂いがするものだと本当によく眠れるから。(23歳/女性/学生)
  • 自分にあった枕が一番重要だと思います。実際枕を変えたら寝つきも良くなって首も痛くないし高くてもいいものが良いと思いました(24歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 頭に接している枕が不快なものだったら良い睡眠をとれないので心地よい枕で寝たいです。(31歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 快適な枕がないと安眠できないことが多いから。耳栓を使うことも多いが、静かなら枕が大切なものとなる。(40歳/男性/自由業・フリーランス)
  • それ以外に何も使っていないので、枕が一番大切だと思うからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 枕があわないと疲れが取れないと聞いて枕を替えたら本当によく眠れるようになったので。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 頭の収まりが悪いと寝付けないのでベストフィットする枕を探すことが一番大切だと思います。(31歳/女性/会社員)
  • 枕が変わると寝つけないのもありますし、オーダーメイドなので自分に合っています。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 私は入眠が良い方なので入眠よりも睡眠の質を優先しました。枕が合わないと目覚めが悪かったり、寝違いなど熟睡の妨げになるので枕は大切なのではないかと思います。(36歳/女性/会社員)
  • たまにホテルなどで、普段と全然違う枕だと、首が疲れて寝てもすっきりしないことがある。枕にそんなにこだわりはないけれど、たまに本当に好きじゃない枕に出会うことがあって、ちょっと残念な気持ちになる。(24歳/女性/学生)
  • 快眠枕が良い睡眠の一番のアイテムですね。枕の高さと軟らかさが一番の条件です。(55歳/男性/会社員)
  • 枕がないと寝にくいのはありますが、中々いい睡眠はとれてないのでその中では枕かなと思いました。(23歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 自分の体に合った枕でないと、心地よい熟睡は得られないと思うから。(39歳/男性/会社員)

【サプリメント】

  • 一番良いのは睡眠導入剤の切れるのが短いもの、その次に信仰の時間(46歳/女性/無職)
  • サプリメントですね。最近みつけたサプリメントが意外と効果があるようです。(45歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 寝る前にはいつも睡眠を促すようなサプリメントを飲んでいます。(53歳/男性/自由業・フリーランス)<
いい家選ぶ、いえらぶ
▼一人暮らし向きのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

一人暮らし向きの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事