引越し

自治体の制度チェックは意外と大切な事が判明

引越し

ハイライト

  • 引っ越し先の自治会の施策やスローガンを確認するか聞いてみた。
  • 回答はほぼ半々で、災害時の対策等はしっかり確認したいとの声が目立った。
  • しない派の人の中では、面倒という人が多くいた。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

引越し

多くの自治体にはそれぞれに制度やルールのようなものもあり、引っ越し前後でその地域に馴染むのが大変な場合も多いです。自治体や自治会の支援策やスローガンを把握しておくと、その地域での生活にすぐに馴染めることも多く、引越し後であってもチェックは大切です。

多くの場合は家庭のポストなどにその自治体のパンフレット等が定期的に届けられる場合が多いです。事前にインターネットなどで調べておくとタイムラグがなく生活が楽しめるでしょう。

このアンケートでは引っ越しにともなって地域の施策やスローガンなどを確かめるかどうかについて意見を求めました。質問内容と回答は以下のとおりです。

引っ越しが決まったら、引っ越し先の市区町村や自治会の施策やスローガン、支援制度などを確認しますか?

引っ越しが決まったら、引っ越し先の市区町村や自治会の施策やスローガン、支援制度などを確認しますか?
・はい:48%
・いいえ:52%

引っ越し前後で自治会の施策やスローガンを確認するという人は約半数でした。

「引っ越す前に確認したいですが、引っ越しが決まってからでもチェックします。」
「自治体によって施策や制度内容が異なるので、必ず確認します。」
「自治会の有無は、災害時の対策には重要。」

自治体ごとに異なっている制度の内容や災害時の対策などは確かに確認しておきたいところでしょう。ただ生活するだけではなく、万が一の事態や支援制度なども確認できればより充実した生活ができるでしょう。子育てをしている家庭であればなおさら地域の支援制度は大切になるでしょう。


自治体の支援制度を確認しないという意見もほぼ半数あり、納得できるものも多くありました。

「確認したところで、自分で変えられるわけでもないので、あまり意味がないと思う。」
「自治会への参加が面倒なので、確認せず参加しないようにしたい。」
「物件探しに夢中でそこまで気が付かないというのは正直なところです。」

自治会の施策やスローガンなどは確認してもしかたがないという意見と、自治体などへの参加をしたくないという思いがある意見がありました。物件を探すのに夢中で余裕が無い場合もあるようでした。面倒で確認しないという意見が多くありました。


引っ越しに伴って自治会の制度や施策を確認することには意外と重要性がある場合もあるようでした。特に災害に関する対策などは確認が必要かもしれません。

面倒であまり確認をしないという意見も多かったので、自身にとって必要なところを確認しておくのがよいのでしょう。

いかがだったでしょうか。引っ越しの前後で市区町村の施策やスローガン、子育てや生活の支援制度などを確認しておくのが、面倒でもムダがなく最適なのでしょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年7月1日~7月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 子供の医療費支援制度を重点的に確認します。それ以外はあまり見てません。(42歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 引越する前から転居先の区のホームページをみて、子育てにどのような施設や制度があるか確認するようにしている。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 支援制度は各自治体によって制度が違うので、自分にとって良い支援制度があるか必ず確認します。(34歳/男性/会社員)
  • 細かいところまでは確認しないが支援制度などは何があるのかは確認します(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 人付き合いをあまりしたくないので、自治会のあり方で住みやすさがずいぶん変わると思う。(43歳/女性/無職)
  • 自治会には積極的に関わっていきたいし、支援制度はできるだけ活用したいと考えるからです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 転勤等で引っ越す事の方が可能性が高いので、主人の勤務先が決まった後に、確認作業はすると思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今は市町村や自治体で色々な支援制度があるとことが多く、自分で調べて知る努力をしないと損をするので確認しています。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • そこで生活していくのに必要な情報は得るようにします。そうでないと、自分が困るかもしれませんし、引っ越し先の近所の方々とトラブルになっても困るので。(31歳/女性/パートアルバイト)
  • 自治会の有無は、災害時の対策には重要である。細かいことに縛られたくなくても、有る無しだけは確認が必要(46歳/女性/無職)
  • 念のため確認はします。最近テレビなどで各自治体のさまざまなお得な制度を紹介していることを知り、利用できるものはしたほうが自分のためになるからです。(40歳/男性/無職)
  •  小さい子どもがいるので、子育て支援については気になるので、問い合わせると思います。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 新天地で生活するのに、わかっていないと馴染みづらいし、利用できる支援制度を知らないと損だから。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 引っ越した以上、ご近所さんとのトラブルをなるべく回避したいので、なるべくトラブルを起こさないように確認をしておきたい。(21歳/女性/学生)
  • 引っ越し先での付き合いがある時のことを考えると、一応確認しておいた方がいいと思います。(26歳/女性/会社員)
  • 引越しをして落ち着いてから確認をするかもしれません。住んでいると何となくわかってくる事もあるので事前に調べたりはしません。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • これから自分が生活していく場所なのだから、きちんと確認するべきだと思う。引っ越し先を決めるうえで、一番重要なことだと思います。(35歳/女性/会社員)
  • 引越し先の市町村や自治体によって、子供に対しての支援制度や待遇も違ってくると思うので、確認します。また、スローガンも、子供やお年寄りに配慮しているかで、住みやすさも違ってくると思うので確認します。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • もう、家族があり、子供もいますから、自治体の支援や教育方針など医療の面でもとても気になります。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 子供がいるため、政策よりも支援が気になる。乳児医療は特に何歳まであるのかなど。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 引っ越しが決まった時、市役所のホームページで支援制度がないか徹底的に調べ、エコ設備関係の補助金を頂きました。(40歳/女性/会社員)
  • 勿論、住むにはその土地の税金を払うので、介護や教育面に力を入れているのか確認します。(24歳/女性/学生)
  • 自分が住む場所なので、知っておくべきことだと思います。子供がいる場合は、生活環境にも大きな影響があると思うので、重要です。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自治体によって施策や制度内容が異なるので、確認を必ずします。(36歳/女性/会社員)
  • 小さな子供がいるので、特に子育て関連の支援金や、保育園・幼稚園の保育料、医療費などを確認します。最近はどこもホームページで公開していることが多いので調べやすいです。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • その地域で行っている支援制度があれば、必ず確認します。知らないで損をするのは、勿体ないですから。(46歳/女性/会社員)
  • 支援制度を確認しないと貰える補助金も変わり、今後の生活水準にも差が生じてくると思うから慎重に調べたい(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 本当は引っ越す前に確認したいですが、引っ越しが決まってからでもチェックします。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • やはり自治体の情報は大切です。気になる場合はホームページでチェックすることが必要です。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 引っ越し先の地域についてより詳しく知りたいので、ホームページなどで確認を行います。(33歳/男性/学生)
  • 色々なサービスや支援など把握しておきたいので必ず確認はします。長く住みたい気持ちがあるので調べます。(48歳/女性/無職)
  • 役場や図書館、公園などの主要公共機関の場所、子育て支援策や地域の学校の状況についてのリサーチは絶対にします。スローガンはわざわざ確認しません。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 念のため確認はします。もし利用できるものがあれば利用したいので。(28歳/男性/会社員)
  • 市区町村や自治会の施策で住む場所を決めているわけではないので、あくまでも決まってから、調べる程度ですが。(50歳/女性/パートアルバイト)
  • 郷に入っては郷に従えと思いますので、その土地にどんなローカルルールがあるのか確認します。特に自治会については定款のようなものをきちんと読みます。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自治体の支援制度によっては生活に役立つことがあるので、必ず確認します。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • やはりその場所で暮らすのだから、確認します。特に子供を持つ場合、子供に関するサポート体制や、施策などは自治体によって大きく異なるので、必ず確認します。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 郷に入らば郷に従えは少なからず周囲との協調性を保つため快適に暮らすために必要なことだと思う。(46歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 何度か引越しをしていますが、必ず確認しています。以前引っ越したときに調べたら、市町村独自の政策で、移住者に補助金が出ることを知りました。条件があったので、なるべく条件に合うように引っ越して、補助金をもらうことができたので、以後は得することもあるかもしれないのでチェックしています。(36歳/女性/会社員)
  • 市区町村の支援制度は特にチェックします。知らないと損をすることもあるので。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 郷に入ったら郷に従えという諺通りに、ご近所と仲良くしたいので確認できるならします。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • やはり、地域との関わりなしには暮らしていけないので、その地域の特色を知っておきたいです。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 自治体によって支援などが異なるし、利用できるものはしたいから。(33歳/女性/パートアルバイト)
  • 子供がいますので、子育て支援がどの程度あるか、公園や保育園の充実度などは気になって調べます。あとはゴミ捨てがどの程度厳しいか、気になります。以前居たところが分別がとても厳しくうんざりするくらいだったので。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 市のHPでチェックします。市によって制度が違うのでとても重要なことだと思います。(38歳/女性/無職)
  • 自治体によって子育て支援など色々と違うので、すぐに確認すると思う。(38歳/女性/会社員)
  • 将来を見据えた上で住むところを決めたいと思っているのでそれらの情報は必要なことです。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 少なからず地元の方たちと交流しなくてはならないので、ある程度は把握していた方が過ごしやすいと思います。(48歳/女性/パートアルバイト)

【いいえ】

  • 支援制度はある程度把握するが、スローガンなどには興味はない。自然に知るものだと思う。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 引っ越す際に、特に、重要ではないと思うので、調べたりはしないと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 全く気にしません。一年前に今の地域に引っ越して来ましたが、いまだに気にしたことはなく、スローガンがなにかも知りません。(32歳/女性/会社員)
  • 今は子供がいないので支援制度については調べたりはしていません。ほとんど引越し後に知ることが多いです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • そこまでは気が回りませんでした。引っ越してきてから自治体のHPを見て気がつく程度だと思います。(32歳/女性/会社員)
  • 特に、確認はしないです。ですが、回覧板などに書いてあったら読んで確認はします。(27歳/女性/会社員)
  • そんなの全然気にしたことがありません。自治体によってそんなに格差があると考えたことありませんでした。(56歳/女性/契約派遣社員)
  • 最近は自治体によって様々な支援制度があるので、確認してから物件を決定した方がいいとは思いますが、きっと私はしないと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 単純に興味がないから。今までしたことがないし、特にこれといった影響を受けた覚えもないので、今後も確認はしないと思う。(28歳/女性/会社員)
  • たいてい引っ越して、住民票を移したときに頂けるご案内などで知ります。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 必要にせまられて引越しするケースしかなかったので、市政の方針などは気にしても仕方がないことだと思い、チェックしませんでした。(35歳/男性/会社員)
  • 自治会に関与する機会もなく、日常生活における最低限のルール以外はあまり関係ないと思うからです。(24歳/男性/学生)
  • 引っ越しする前は準備が忙しいので、実際に引っ越しをして落ち着いてからそのうち確認すると思う。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自治会への参加が面倒なので、確認せず参加しないようにしたいから(31歳/男性/会社員)
  • ひとり暮らしで昼間不在なので、そこまであまり深く考えて準備することはありません。(44歳/女性/契約派遣社員)
  • 今まで何度か引っ越してますが、気にしたこともなかったです。基本独り者には支援制度とか関係ない気がします。(45歳/女性/契約派遣社員)
  • そこまで気を使う場所に住居を選定したくありません。気楽に生活出来る所を選びます。(68歳/男性/無職)
  • 子供がいたら手当てがあるか見るかもしれませんが、夫婦二人なので特に気にしません。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • あんまり、そのような政治めいたことには、興味がないからです。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 今まで何度か引っ越しましたが、そういったことを確認したことがないからです。必要であれば確認すると思います。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 引っ越し先で支援制度などを利用する機会がほぼ無いと思われるため。(32歳/男性/会社員)
  • 仕事の都合で引越する町が決まるので、自治会の政策などまでは考えることはないです。でもそれがもとであとで後悔することもあります。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自治会の支援目的で引っ越しするわけではないので、確認はしない。引っ越しした後に、必要を感じたら支援内容や施策は確認するかもしれないが、スローガンには興味が沸かないと思う。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 確認したところで、自分で変えられるわけでもないので、あまり意味がないと思うから。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • 子供や老人に対する支援制度などが良いから引っ越すのではない。たまたま引っ越した後で支援制度などを調べて合致するものがあればラッキーと思う程度。(56歳/男性/会社員)
  • 独身なのでほとんど自分に関係がないことが多く、また、もし確認するとしたら引っ越しする前に確認すると思うから。(32歳/男性/契約派遣社員)
  • 幼い頃から引越しすることが多かったために、いちいちそのような確認はすることがありません。(20歳/女性/学生)
  • 施策などは気にしないので確認しない。もし支援制度を利用するなら、引っ越し先を決める前に確認するから。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • きっと、引っ越しの事で頭がいっぱいで、自治会のことなど考える余裕がないと思うので、確認はしないと思います。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • そうゆうことしたほうがいいのかもしれないけど、わざわざ確認したりはしない。(21歳/女性/専業主婦主夫)
  • 知らない土地だったら、多少はどこに市役所があるのかなど、調べることはしますが、自治会の施策やスローガン、支援制度まで調べることはしたことがないです。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • いままでそういったものを気にしたこともないし、現在住んでいる所でさえ、どんな施策、スローガンがあるのか知らない。(35歳/女性/学生)
  • 引っ越しをしたことがないので、わかりませんが、たぶん確認はしないと思います。(43歳/女性/会社員)
  • そういう関係のものにまったく興味がないので、いちいち調べることはしていません。(30歳/女性/会社員)
  • 細かいことは確認しません。ただ、子どもがいるので子育て関係の制度だけは確認します。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • したことがありません。ゴミの出し方ぐらいしか気にしたことがないかも。(36歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 引っ越しを行う場合は、会社の異動が関係することがほとんどですから、自分で引っ越し先を自由に選べるわけではありません。ですから、引越し先のことを調べることはあえてしません。(47歳/女性/専業主婦主夫)
  • 引っ越ししても、数年以内に仕事でまた直ぐ動くことが多いのでその土地に骨をうめるという場合でない限りは、あまり気にしません。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 周り近所とあまり交流しないので、強制で何かしなければいけないというようなことでない限り、気にしないからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 引越作業を終えから、ゆっくり引っ越し先の役場に行ってその雰囲気や景色を楽しみにしているので、事前に情報収集するのは最低限にしています。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • そういった地域の活動にはあまり、関心がないのでそういった事は、行うことはまず、ありません。(30歳/女性/無職)
  • 地方自治が進んでいない現在、どこに住んでもだいたい同じようなことしかしていないので。ただ、支援制度は必要になってから調べると思う。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自治会の施策やスローガンなどは自分から聞きに行かないけど、こ近所にあいさつに行った時に自治会の流れのようなことを聞くかもしれない。(46歳/女性/会社員)
  • 今まで何回か引っ越しをしたが、事前に自治会について確認したことはなく、引っ越し後に困ったことは1度もないので、今後も確認することはないと思う。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • そんなことは引越してから知ればいいと思うし、自分のことで精いっぱいなので地域に目を向けたりはしないと思う。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 引っ越しを終えて、市役所などに手続きに行き、広報などを見て確認することはありますが、事前には確認はしないと思います。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 間違いなく確認しません。ポストに投函されれば見る可能性はありますが、自分からは見に行くことは無いと思います。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 引っ越したあとに、支援制度などは確認するかもしれませんが、スローガンは確認しないと思います。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • いちおう一度は目にしますが特に気にしたことはありません。気にすべきものだということは重々承知なのですが・・・あまり考えたことないですね。(34歳/男性/自由業・フリーランス)
  • あんまり地元密着の性格ではないので、引越しが決まった時にはまだ何もしないと思います。(48歳/女性/無職)
  • そこまで見たり確認したことはありません。しかし、住んでみるとした方が良いと思います。しかし物件探しに夢中でそこまで気が付かないというのが正直なところです。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 引越しが決まった時点は確認はせず、引っ越した後に必要になったら確認します。(31歳/女性/契約派遣社員)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事