住まいのノウハウ

iPhone7のバッテリーを自分で交換する方法

iPhoneの修理

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

最近iPhone7のバッテリーが長持ちしない……そんな時はバッテリーの交換時期が来ているかもしれません。

修理するとなると結構なお金がかかると思って二の足を踏みがちになってしまう方もいらっしゃると思いますが、自分で交換できてしまうのをご存知ですか?

工具を揃えれば意外と簡単にできてしまいますし、費用も抑えられるので一度検討してみてはいかがでしょうか。

バッテリー交換のタイミングを調べる方法

まずはバッテリー交換が必要な状況かどうか調べましょう。

アプリを使えば簡単に調べることができます。

1.「Battery Life」というアプリをダウンロードします。

2.左上のメニューから予想稼働時間が分かる画面に移ります。

3.予想稼働時間が、自分の1日の利用時間より短くなっていないか確認します。

以上で、自分が使っているバッテリーの交換時期が来ているかどうか判断できますね。

バッテリーの交換方法

バッテリー交換って難しそうと思うかもしれませんが、工具があれば30分から1時間程度で交換することができますよ。

1.充電コネクタ両側の星形ネジ2本を取り外します。

2.吸盤を使ってフロントパネルを持ち上げます。

3.隙間に開口ピックを差し込んで両サイドを開きます。

4.パネルを下にスライドさせた後、右に開きます。

5.Y字型のネジ4つをY字ドライバーで開けます。

6.スパッジャーでバッテリーコネクタを基盤から外します。

7.スパッジャーで2本のコネクタを外します。

8.メタルカバーのプラスネジ2本をプラスドライバーで外します。

9.シールドとコネクターの接続をソケットから外します。

10.バッテリー下のシール2つを爪で剥がします。

11.新しいバッテリーに専用のテープを貼り付けます。

12.バッテリーを装着してコネクタを付けます。

フロントパネルの交換もできます。

ほとんど同じ方法なので、バッテリー交換ができればパネル交換もできますよ。

解体の窓口

まとめ

自分ではできないと思いがちなiPhone7のバッテリー交換ですが、丁寧な動画解説を参考にしながらであれば簡単にできてしまいます。

Appleは製品保証について「Appleおよび正規サービスプロバイダ以外で行った修理による不具は保証対象外」と定めています。

壊れてしまう可能性もなくはないのであくまで自己責任でチャレンジしてくださいね。

端末を買い換えても良いかなと思っているのであれば、一度修理に挑戦してみるのも面白いかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事