住まいのノウハウ

今人気の間取りはこちら!家族にぴったりの間取りって一体どんなもの!?

家族にぴったりの間取りを考える

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

家族が増えて、お引越しを考えるご家庭は多いのではないでしょうか。

そんな時、ただ広い間取りへのお引越しだけを考えていませんか?

それだけでは十分ではありません。

物件の中には、子育てしやすい間取りというものがあるんです。

そこで今回は、ご家族でのお引越しにおすすめの間取りをご紹介したいと思います。

家族のコミュニケーション空間としてリビングを重視する

家族のコミュニケーション空間としてのリビング

1.リビングは広いに越したことはありません

家族がいる方にぜひおすすめしたいのが、やっぱりリビングが広い間取り。

広々としたリビングがあることで、家族とのコミュニケーションを取ることができます。

どうしても、子供部屋を作ってしまうと子供は自分の部屋に閉じこもりがちになってしまいますが、リビングが広ければ自然と家族が集まる空間ができるので、コミュニケーションが減る心配もありません。

特にまだお子さんが小さいうちは、けがや事故など心配事も多いので出来るだけ親の目が届く場所にいてくれると安心ですよね。

2.広い机を置くのもGOOD

子供がある程度大きくなると、勉強する時間を設けなければなりません。

一般的に勉強机は子供部屋に置くことがほとんどですが、勉強はリビングでさせた方がいいという意見も多くあります。

勉強道具だけでなくおもちゃなどの誘惑も多い子供部屋では集中力が途切れてしまいがちになりますが、親がいる場所で勉強をすることですぐに質問に答えることもできます。

親と一緒に学ぶという体制をとることは家庭教育の面でもとても大切です。

子育てにはカウンターキッチンがおすすめです

子育てに向いているカウンターキッチン

お母さんが家の中で長時間いる場所と言えば、キッチンです。

お子さんがいるなら、ぜひカウンターキッチンにすることをおすすめします。

カウンターキッチンであれば、常にお子さんがどこにいるか目で見て確認することができるので、お子さんをきちんと見守ることができ安心です。

リビングに家族が集まっていれば、キッチンカウンター越しにお母さんともコミュニケーションが取れるので、その点でもおすすめです。

最近は、アイランドキッチンも人気を集めています。

アイランドキッチンはキッチンが独立しているため広いスペースを確保することができるので、お手伝いをしたがる年齢のお子さんがいても気軽にお手伝いをお願いすることができますよ。

子供部屋には自分で片付けできるスペースを

子供部屋は自分で片付けができるような工夫が必要

家族でのお引越しはやっぱり子供部屋が必要になってきますよね。

しかし、ただ部屋を与えるだけでは不十分ではないでしょうか。

子供ってどうしても、片付けが苦手な子が多いです。

それなら、自分で片付けができる収納スペースを確保することが大切です。

例えば、子供の身長にあった収納スペースを作ってあげましょう。

収納スペースってどうしても高さのあるものを選びがちですが、手が届かない高さだとつい荷物を下に置きがちになってしまいます。

子供の背丈に合わせることで、子供自ら片付ける習慣を身につけることができます。

ラベルやシールなどで目印を付け、どこに何を片づければいいのか物の部屋をしっかり区別しておくことで、置きっぱなしになる心配もなくいつでも綺麗な部屋を保つことができますよ。

トイレはリビングから近い方がいい

トイレはリビングから近い方が何かと便利

子供の頃のトイレって、ちょっと怖いものではありませんでしたか?

子供がトイレに行くことを怖がらないように、トイレはリビングに近い方をおすすめします。

トイレトレーニング中でも、子供がトイレに行きたいサインが分かればすぐにトイレに連れていくこともできますし、一人でトイレができるようになっても、いつでも家族が集まるリビングに近ければ怖がることなく一人でトイレへいく習慣をつけることができますよね。

掃除のしやすい玄関の確保を

掃除しやすい玄関を確保しよう

子供って玄関が大好きですよね。

特に1歳前後のお子さんは、気がつくと玄関にいることも多いです。

素足で玄関に下りてしまうので、掃除を怠ってしまうとすぐに部屋に汚れを持ち込んでしまいます。

そのため、玄関は掃除のしやすいようにできるだけ荷物を置かないようにしましょう。

靴を玄関に置きっぱなしにするのは、風水的にもよくありませんよ。

広い靴箱を確保するのはもちろんですが、靴箱は定期的に整理するといいでしょう。

余裕があれば畳の部屋もあるといい


ちょっとしたお昼寝の際にも畳の部屋はすごく活躍してくれます。

リビングに続いている畳部屋があれば、ゆっくりくつろぐことができますよね。

くつろぐ空間としてももちろん利用できる畳部屋ですが、お絵かきや積み木遊びなどに使うことのできる空間にすることができます。

みんなで雑魚寝するのも結構楽しいものですよ。

最近は掃除がしやすいこともありフローリングが人気ではありますが、やっぱり日本人なので第二のくつろぎ空間としても畳部屋はあるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はご家族でのお引越しにおすすめの間取りについてご紹介しました。

衣食住の中でも住はとても大切です。

家族みんなが笑顔になれる空間を作ることで、日々の生活を充実したものにできますよ。

これから、家族でのお引越しを検討しているのであれば、ぜひこの記事を参考に家族にぴったりの物件探しを行ってみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事