軽量鉄骨造

軽量鉄骨造【けいりょうてっこつづくり】 - 間取り・構造

柱や梁といった主要構造部に、鋼材の厚みが約6ミリ以下の軽量形鋼を使用した建造物を軽量鉄骨造りと言う。

その重さが軽量であることから地盤に対しての負担が軽くなり、建築自体のコストも抑えられるというメリットがある他、運搬が容易で加工がしやすいという利点も兼ね備えている。

しかしその反面耐火性が低いので、長期使用のための対策も必要である。

トップへ戻る