角部屋

角部屋【かどべや】 - 間取り・構造

マンションアパートにおいて、各階の廊下の両端、もしくは屈折部にある部屋を角部屋と呼ぶ。

廊下の端にある部屋を端部屋と呼称する場合もあるが、通常は両方とも角部屋と呼ばれる。

角部屋は、間取りが他部屋とくらべて余裕があることがある、近隣の騒音の影響を受けにくいといったメリットが存在するため、分譲・賃貸共に通常の価格よりも高値が付けられていることが多い。

トップへ戻る