不動産のいえらぶ > 不動産用語集 > 間取り・構造 > 軽量気泡コンクリートとは

軽量気泡コンクリート

軽量気泡コンクリート【けいりょうきほうこんくりーと】 - 間取り・構造

Autoclaved Light-weight aerated Concreteの頭文字からALC板とも言われる。

重量が通常のコンクリートの1/4~3/4と非常に軽量であるため、中低層建築物の外壁や床板、超高層マンションの廊下・バルコニー側の外壁、鉄骨造の倉庫や工場の外壁といった場所で用いられる建築材料。

施工・加工が容易で断熱性・耐火性に優れるため、季節を問わない居住性能を持つ。また吸音性にも優れており、集合住宅における上下階の騒音も軽減することが出来る。

トップへ戻る