不動産のいえらぶ > 住まいのノウハウ > コツ > 売り出し物件を高く売るコツ

家の印象が価格を決める!
売り出し物件を高く売るコツ

見学者に家を気に入ってもらうためには
まず第一印象が大切!
家の印象を良くして
売却スピードに差をつけよう!

不動産売却で物件を高く売りたいならまず大前提として買取りより仲介を選びましょう。確かに買取りなら確実で宣伝費用等も掛かりませんが、長い目で見れば仲介の方が高い利益を得られます。
では仲介で売却を行う際、どうすればより高く物件を売ることが出来るのか。不動産屋さんにとっては売主さんも買主さんも大事なお客様です。同様に売主さんにとっては買主さんが大事なお客様、相手の立場に立ってどうすれば購入したい気持ちになるのか考えればおのずと高く売るコツは見えてきます。
「この家を買いたい」という不動産そのものの魅力を伝えることだけでなく、「この人から購入したい」という買主自身の印象をよくすることも非常に重要なことです。

家の印象が価格を決める

案内時は物件をきれいにしておきましょう。当たり前だとお思いかもしれませんが細かくチェックしていくと意外と忘れがちな部分も少なくありません。せっかくきれいにした部屋を小さなミスで台無しにしないよう、万全の注意を払いましょう。

電球

照明のチェックポイント

案内時は電気をつける
購入希望者を物件に案内する際は全ての部屋の電気をつけておきましょう。想像してみてください。
電球にこだわる
電球を暖色にすると落ち着いた雰囲気を演出できます。照明は意外と室内の印象に大きな影響を与えるので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶと好印象です。

水周り

水周りのチェックポイント

キッチン
水廻りの汚れはかなり印象を悪くします。生ゴミ等の匂いも要注意です。
浴室・洗面
カビや水垢の掃除はもちろん、鏡を磨くのも忘れずに。見学時は乾いた状態にしておきましょう。
トイレ
ニオイや便器の黒ずみをはじめ、床の埃、手洗いの水垢などに注意。

室内

部屋でのチェックポイント

リビング・ダイニング
物がたくさん置いてあると狭い印象になる。整理整頓しておこう。
寝室・子供部屋
敷布団を使っている場合は収納しておきましょう。ベッドの場合はシーツやカバーなどのリネン類の色を統一しておくと好印象です。子供のおもちゃもきちんと整理しておきましょう。
収納
収納は買い手にとって重視したいポイント。中まで見せられるように整頓しておきましょう。間違っても部屋をきれいにするために手当たり次第押し込めたものが扉を開けたら飛び出してくる、なんてことの無いようにしましょう。
窓ガラス
ガラスを磨くだけでなく網戸も丁寧に拭き掃除しておくと、部屋がより明るく見えて好印象です。

その他

見落としがちなその他の場所

玄関
靴は靴箱に、傘は傘たてに、出来るだけ何も置かない状態にして置きましょう。靴箱の中も要整頓です。
ベランダ・バルコニー
洗濯物が干しっぱなしなどもっての外。どこかから飛んで来たゴミや埃もきれいに掃除しておきましょう。

室内だけじゃない!こんなところにも気をつけよう!

内見時は家族で対応
よくありがちなのが奥さんだけに対応をまかせてしまうパターン。奥さんがどんなに丁寧な対応をしていても、子供が騒いでいたり、旦那さんがそこそこの挨拶でぼーっとしていたりするとあまりよい印象とは言えません。家族の印象が家の印象になるのです。ご家族でお住まいの家を売却するなら、ご家族みんなで協力して成功させましょう。
土地看板は広さに合わせる
土地を売りに出す際多くの場合看板その土地に看板を立てますが、広告だからと言って大きくして目立てばいいというわけではありません。なぜなら小さな土地に大きな看板を立ててしまうと、土地が実際より小さく見えてしまうからです。
買主が欲しいのは看板では無く土地です。例えば小さな売地では看板も小さめのものを立て他に何も無い状態にしておくなど、その土地がより魅力的に見えるような工夫をしましょう。
土地はご主人、マンションなら奥さん
効果的な販促活動を考えるなら決裁権者へのアプローチを意識しましょう。マイホームなどご家族で購入する不動産でも、必ずそのご家族の中に最終的に購入を決定する決裁者がいます。極端な話をすれば決裁者以外の家族全員がどんなに乗り気でも、決裁者が首を縦に振らなければその契約は成立しないのです。
マイホームの場合なら、戸建はご主人、マンションは奥さんが決裁者であることが多いと言われています。また土地の場合もご主人が多いと言われています。もし戸建てや土地の売却を行っているなら、新聞広告は日曜日の朝刊がご主人の目にとまりやすいでしょう。
このように明確なターゲットを意識した宣伝活動を行うことが、購入希望者を見つけやすくし、よりよい売却結果へと繋がります。

トップへ戻る