後悔をしない物件を探すお手伝い
中古物件購入マニュアル

  • 初期費用はどのくらい?
  • 購入時の確認ポイント
  • 住宅ローンに関して
  • 物件購入の流れ

後悔をしない物件を探すお手伝い
住宅ローンに関して

中古住宅を購入する際、住宅ローンはどのようなものが利用できるのかご存知ですか?新築住宅とは別のローンがあるのではな いかと思っている方もいるかもしれませんが、一般的に中古住宅専用の特別な住宅ローンがあるわけではなく新築物件と同じそれぞれの金融機関が用意している住宅ローンを利用することができます。下記ではある銀行の住宅ローンの概を紹介いたします。

ローンの概要Overview of loan

利用できる人

年齢が借入時に20歳以上70歳の誕生日まで、完済時に80歳の誕生日までで、保証会社の保証を受けられる人や団体信用生命保険に加入が認められる人。

資金使途

  • 本人が居住する住宅の建築・購入・増改築資金と住宅ローンの借替資金・借り替えにともなう諸費用です。
    ※購入物件の所在地や面積等により利用できない場合がります。また不動産は、建築基準法およびその他法令の定めに合致していることが必要です。
  • 住み替えの際の既存住宅売却にともなう既存住宅ローンの返済資金。
    ※既存住宅売却価格と既存住宅ローン残高の差額のみが対象になります。

借り入れ資金

30万円以上1億円以内(10万円単位)になります。年収による制限があります。その他保証会社の担保評価等により制限される場合もあります。

借り入れ期間

2年以上35年以内(1年単位)です。中古物件の場合等は一部制限があります。

住宅ローンの審査で主に見られる項目と比率Examination item

申込時の年齢と完済時の年齢
100%
年齢については一般的に、借入時は20歳以上70歳まで、完済時年齢は80歳までというのが多いようです。そして完済時年齢は80歳未満が望ましいと言う話もあります。だからと言って50歳で返済期間30年のローンが簡単に組めるかというと、定年があるのでそうでもないようです。
勤務先の勤続年数や雇用形態
96%
安定した収入があるほど返済能力が高いと見られるので、勤続年数が長いほど有利になります。一般的には、勤続3年以上が条件と言われています。派遣社員や契約社員は雇用の安定性が低いと言う面でで融資対象外となってしまう場合が多いようです。
年収と返済負担率
95%
返済負担率とは、ローンの年間返済額を年収で割ったものになります。源泉徴収票の税込み年収が600万円でローンの年間返済額が150万円なら、返済負担率は25%になります。一般的に銀行ではこの返済負担率を年収などに応じて、25%~40%程度に置いているようです。
担保物件の評価
95%
一般的に融資を受ける際は物件には担保として銀行の抵当権をつけます。銀行は担保について土地や建物をいくら程度と評価するか、権利関係や建築基準法など法規上の問題がないか、などを調べます。したがって銀行の評価額以上を借りることは難しくなってしまいます。
債務(借金)状況
91%
先ほどの返済負担率では借りようとしている住宅ローンに限らず、カードローンなどの借り入れの返済額も合計して計算されます。既に借金がある場合は住宅ローンの借入額が減ってしまう場合もあるので、事前に返済して借金をなくしておきましょう。
健康状態
90%
団体信用生命保険の加入が審査の条件となるため健康状態も非常に大切です。団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済中にローン契約者が死亡または高度障害になった場合本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高に相当する保険金を支払い、完済となる制度です。

このようにほとんどの銀行は借りる人ごとに詳しく返済能力を審査しています。契約社員でも勤続年数が長く安定しているとか、転職したてでも年収が上がる場合は返済できると見なすとか、金融機関によって審査基準が違うこともありますので審査が通らなかったと言ってすぐに諦めずに複数の金融機関にあたると良いでしょう。しかし無理な借り入れを希望している場合は、物件を見直して借入額を減らすなども検討したほうが良いでしょう。

トップへ戻る