後悔をしない物件を探すお手伝い
新築物件購入マニュアル
新築戸建て購入のメリット

せっかく時間をかけて下調べをしたはずなのに住んでみてから初めて気づき、後悔をしている…。 そのような事態にならないために、購入に関しての注意点やメリット・デメリットを紹介していきます。購入にあたって気をつけるべき所はどんな部分でしょうか。

リフォームの自由度が高い

マンションでリフォームを考えた場合、マンションに住んでいる人たち全員の合意を取り付けなければ建て替えられない上に、そこに長い間住んできたお年寄りの方などがいる場合は建て替えを反対する事も多く、簡単に建て替える事はなかなか難しそうです。
しかし一戸建ての物件であれば共同住宅ではないのでカンタンなリフォームから建て替えまでを自由にする事が可能です。
ただし大掛かりな工事になりそうな場合などは必ず近隣住人に騒音などで迷惑をかける可能性がある事を知らせておきましょう。

管理組合のわずらわしさがない

マンションとは違って管理費や修繕積立金・駐車場料金(駐車場管理費も入る場合がある。)など月々の支払いは不要ですし管理組合の参加義務はありませんので、マンションを購入した場合に比べると人間関係のわずらわしさは少なくなります。

物件の価値が大きく下がっても土地の価値は残る

マンションは1日住めば資産価値半分と言われています。一戸建ての場合も建物は1日住めば価値が半分になるかもしれませんが、土地の価値は変わりません。資産の面で言うならば、一戸建てのほうがいいのかもしれません。
しかし2000万円程の予算では土地の価値は地域によるとしても建物の値段位にしかならないのはほぼ全国的には同じです。

物件価値は立地の良さから下がりにくいがリフォームが難しいため、価値は下がる一方

物件価値のほとんどが建物の価値なので資産価値が下がりやすいが、土地が資産価値として残る

マンションの場合は建て替えが大変

マンションに住んでいる人たち全員の合意を取り付けなければ建て替えられない上に、そこに長い間住んできたお年寄りの方などがいる場合は建て替えを反対する事も多く、簡単に建て替える事はなかなか難しそうです。

月々の支払いに管理費は含まれない

こちらは当然の事ではありますが大変重要な部分になります。マンションを購入した際には毎月の支払いとして、管理費や修繕積立金、駐車場料金や組合費など様々な出費がありますが、一戸建てを購入すれば、後の支払いは家のローンのみになります。月々3万円~の支払いがないとなるとその他の事が充実してくるのではないかと思います。
しかし管理費がないという事は、建物の修繕は自身の貯金で行わなければならないと言う事になりますので、できる限りの貯金はしておいたほうが無難です。

庭を持てる

こちらももちろん自分の敷地内であればどこでも駐車場にすることが可能ですので、毎月駐車場料金を払わなくていいなど、経済的に非常に助かります。

トップへ戻る