• リフォームの流れ
  • 見積もりのポイント
  • リフォーム費用に関して

リフォームの流れFlow of renovation

何事も下準備が肝心。リフォームやリノベ―ションを成功させるコツはしっかりとした計画を立てる事。なんとなくで進めてしまっては後から「あーすればよかった」「こーすればよかった」と出てきてしまい、満足のいく結果を得られない危険があります。リフォームをしようと考えたらまずは全体の流れを把握しましょう。

1今の住まいのダメなところをチェックCheck out the part not good

せっかくリフォームするのだから現在の住まいの不満要素がなるべく改善されるようまずは間取りの不便なところや耐震性・断熱性など気になるところを洗い出して確認しましょう。

2リフォームする箇所・目的・スケジュールを決めようLocation, purpose and schedule

家族みんなで話し合ってどんな目的でどういう風にどこをリフォームするのかを決めましょう。どうしても譲れない必達の目的から、あわよくばという理想の目的までしっかりと優先順位を明確にしておきましょう。
これが後に予算との折り合いでどこまで実現できるかどうかの指標となります。

3ざっくりの予算を決めようI decide the budget

リフォームする内容や規模に合わせておおよその予算を立てましょう。景気やエリアによっても条件が大きく変わってくるので、インターネットや専門雑誌、リフォーム会社のパンフレットなどを活用し最近のリフォーム事情についての情報収集を行うことが必要です。オープンハウスや現地見学会に行ってみるのも良いでしょう。
そして予算を決める際には理想の価格に加えて高くなってもここまでという上限を決めておきましょう。あと少しの積み重ねで気付けば当初の予算を大きくオーバーしてしまったなんて失敗を防げます。また税金のこともお忘れなく。リフォームにも印紙税や不動産所得税、消費税などがかかります。
それらも頭に置いて無理のない予算を組みましょう。

4リフォーム会社に見積もりを頼もうI ask for a quote

簡単なリフォームの方向性が決まったら、価格を含めて一番理想に近い形で実現してくれる会社を探しましょう。ここまでにまとめた情報や評判を参考に見積もりの依頼をします。よりよい会社を選ぶため複数社に問い合わせるのがセオリーです。この時重要なのは各社必ず同じ条件で依頼すること。条件が少しでも違うとその後の比較が難しくなってしまいます。しっかりと要点をまとめて打ち合わせましょう。
また問い合わせ方法はメール、電話、訪問など様々ですがまずは電話でのやりとりがおすすめです。
提案内容だけでなく問い合わせ時の対応の仕方も会社選びの大事なポイントです。話がある程度進んできたら、自宅に訪問してもらって正確な見積もりを出してもらいましょう。

5実際にリフォームしてもらう会社を決めようI decide the company

各社から見積もり・プランを出してもらったら、内容と金額を比べて、理想とするリフォームを一番叶えてくれそうな会社に正式な依頼を出します。比較をするときは単に価格の高い安いで判断せず、プランの詳細も細かくチェックしましょう。安いには安い理由、高いには高い理由があるはずです。少しでも不安な点やよくわからない部分は有耶無耶にせず積極的に質問して正式な契約の前にクリアにしておきましょう。
正式契約を交わしたらさらに要望を具体的にした最終見積もりが出されるので、内容が事前の打ち合わせ通りがどうか必ずしっかりチェックしましょう。また契約書や約款だけでなく、工事が始まってから発覚する問題点に対する対応、アフターサービスなど気になる事はとことん確認して納得した上で契約のサインをしましょう。

6工事前・工事中のチェックをしようCheck of work before, during construction

規模にもよりますが理想のリフォームを成功させるなら、契約したらあとはお任せ!と投げ出さず工事前や工事中もチェックを怠らな いようにしましょう。

工事前
  • マンションのリフォームの場合は管理組合へ報告が必要です。
  • 大規模な工事になるとどうしても音もうるさく近隣への迷惑になることも考えられます。トラブルになる前にリフォーム会社の担当者と挨拶回りをしておきましょう。
  • 寝室や浴室など毎日使わなくてはいけない場所をリフォームする場合は、事前に仮住まいなどを用意し引っ越しの手配も しておきましょう。
  • リフォームの際には結構ゴミや廃棄物が出ることもあり、それぞれ処分の方法が異なります。必要になってから慌てなくて済むようにゴミや廃材の処分方法についても確認しておきましょう。
工事中
  • 工事の途中で何かあった時のために工事中の責任者の連絡先を聞きましょう。
  • 工事の状況はこまめに確認しちゃんとプラン通りに進んでいるかを気にしておきましょう。何か気になったらすぐに担当者に連絡するようにしましょう。
  • 挨拶回りをしていたとしてもご近所からクレームを受けるケースもあります。そんな時はすぐにプロ=担当者に相談しましょう。内容にもよりますが慌てて自身だけで対応すると問題を大きくしてしまう危険もあります。
  • 住まいを作ってもらうのですから工事担当者との関係性も大切にしましょう。担当者に確認してお茶など負担にならない程度の差し入れを現場に持参するのもよいでしょう。

7完成・引渡し時の最終確認・検査をしようFinal confirmation

工事が終了したら入念にチェックしましょう。打ち合わせの内容・図面と合っているか、リフォームした箇所の不備や欠陥が無いか、担当者立会いのもとしっかり確認しましょう。キッチンや洗面所など実際に使う気持ちで立って動きを確認したり、扉の開閉をしてみたり、照明等の設備も必ずスイッチを入れてみて各所の動作確認を行います。キズなどは光の加減で分かりづらいこともあるので要チェックです。万が一欠陥があれば立ち合い担当者に申し出、改修工事の段取りを相談しましょう。
改修工事も含め、全ての工事が終了したら、保証書等の書類や鍵を受け取って引き渡しが終了、ようやくリフォームの完了です。工事後もご近所へ騒音等で迷惑をかけたお詫びを兼ねてあいさつ回りをしましょう。

トップへ戻る