• トップ
  • 土地探し
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 見積もり調整
  • 現場工事
  • 竣工・引き渡し

HOW TO 注文住宅

詳細設計

間取りなどのおおまかな形を決める基本設計が終了したら、いろいろな設備を細かく決めていく詳細設計に入ります。
注文住宅ですので、この段階で屋根の色や壁紙、照明の形や洗面台まで自由に全てを決めていくことができます。
数多くの設定や組み合わせがあるため大変な作業になりますが、この段階が一番楽しい時間と言う人も
少なくはないようです。

予算をオーバーしてしまいそうな場合

欲しかったインテリアを、大工さんによる造作で作る。
通常作りつけの家具を家の中に作るときには、家具職人にやってもらうためにコストが高くついてしまいますが、その部分を大工さんに作ってもらえる範囲の造作家具にして、コストを抑えることが可能です。
設備の一部を施主支給にすることでコストダウン
施主支給とは、施主が自分で直接商品を購入・手配をして、施工会社(ハウスメーカーや工務店、リフォーム会社など)に支給することを指します。通常設置される設備は、間に入った業者や施工会社による中間マージンが掛かってしまいますがそれを省くことによって、設備を安く設置することが可能になります。施工会社によっては希望の商品が取り扱われてなかったりする場合もありますが、中間マージンが発生しない分メリットの方が大きいかもしれません。しかし中間マージンがさほど掛からない場合でしたら施主支給にしてもあまり金額に変化はありませんので、その際には希望の商品を設置したほうが良いでしょう。

トップへ戻る