• トップ
  • 土地探し
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 見積もり調整
  • 現場工事
  • 竣工・引き渡し

HOW TO 注文住宅

現場工事

建売住宅購入の場合には工事着工から現場を見ることはできませんが、注文住宅は初めから参加ができるので、
しっかりと建築中の認 をすることができます。建築されていく住宅を見学しながら、楽しんで見学をしましょう。
その際には職人に直接指摘をしたり細かくチェックをしたりしないように心がけてください。

工事の流れと立ち会い重要度

1地縄張り
敷地の中で建てようとする建物がどのような配置がされるかや、地盤の高さなどを確認します。
2地鎮祭
敷地を清め、工事の安全を祈願する儀式です。
3基礎工事
鉄筋を、たて方向、よこ方向に組み、コンクリートを流しこみ、建物の基礎を作ります。(鉄筋の太さ、間隔を確認してください。)
4木工事(構造)
土台、そして柱をたて、梁をかけて構造の骨組をつくる。
5上棟
棟上げともいって、建物の骨組が完了します。今後の工事の安全を祈って上棟式を行います。(簡単に済ませることもあります。)
6木工事(下地)
筋違い、間柱を入れ、外壁の下地や床材の下地を作ります。
7屋根工事
屋根の下地を張り、その上に防水ルーフォングをして、屋根の仕上げ材を工事します。
8設備工事
電気工事、給排水工事、ガス管工事などを行い、スイッチやコンセントの確認をします。
9外部建具工事
金属サッシ、玄関扉などの取り付けをします。サッシがはめ込まれると、内部の枠や外壁の工事ができるようになります。
10外壁工事
壁面の防水工事を行い、外壁の仕上げ工事をします。
11内装
断熱材の確認をし、内装下地(主にせっこうボード)を張り、その上に仕上げ工事をします。色の確認、塗装の種類の確認をします。
12取付け
あらかじめ打合せをした設備機器、家具工事、照明器具などの取付工事。キッチンなどはもっと早く取付けをします。
13検査
完成した建物の仕上がりや器具に間違えがないかどうかをチェックし、不具合があれば手直しをします。
14引渡し
仕上げ材のメンテナンス方法や、保証書の取扱い説明書、業者一覧表などの配布物をまとめて渡されます。

トップへ戻る