賃貸住宅
賃貸住宅
内見時には気をつけよう

必ず内見に行く

賃貸住宅を探す際には必ず内見へ行きましょう。現在現地に行ってみて住んだ後のことを想像しながら室内のチェックをすることが大切です。実際にはあんまりないかとは思いますが間取り図などの図面や写真を見ただけで契約すると、後々にトラブルが起こる場合があります。間取り図が必ず正しいということはないので、しっかりと室内を見学しておきましょう。
ではこの内見で気をつけなければならないところはどのような部分でしょうか。初めて家を借りる人はきちんと下調べをしてから内見に向かいましょう。

内見時には気をつけよう

まず室内に入ったら窓や扉を両側に開閉しスムーズかどうかをチェックしましょう。そして床がきしまないか、またはきしんで不快な音を発さないかなども確認しましょう。
続いて、部屋の向きや風の流れ、ベランダや屋根や柵の状態、網戸の有無、外の音や内部から響く音、隣室の音漏れなどがないかなどを確認します。実際に壁が薄くて、住んでみたらこちらの話し声もお隣さんの話し声も聞こえてしまうなどという例もありますので、極端に生活音が聞こえてくる部屋は避けましょう。
また動いている間は気にならなかった騒音も、実際に眠ることを考えて静かにしてみると、耳に付いてしまうこともあります。実際に住み始めた後、部屋にいる間中はずっと動いている、ということはありえませんから、必ず「静」と「動」の両方の状況からお部屋や住環境を観察しましょう。
次に図面からだとわかりづらい部屋自体や設備のサイズ感を確認しましょう。ユニットバスやトイレは外から見てもサイズがわかりにくいものですので、実際に浴槽に入ってみたり便器に座ってみたり、空間に身を入れましょう。特に家具や日用品がない内見時の室内は広く感じるものですので、メジャーなどを持っていくのも良いでしょう。特に冷蔵庫や洗濯機を置くスペースはきちんと測っておかないと大変なことになってしまいます。測ったらメモも取りましょう。
さらに室内のチェックが済んだら自分の住む部屋だけでなく、郵便受け、ゴミ置き場、駐輪場の場所などの共用部分もくまなく見ましょう。室内ばかりに目が行きがちですが、室外も含めた住環境を考えることが大事です。郵便受けにカギが無くて、郵便物が無くなってしまった…というトラブルが起きてしまわないよう、住んだ後の生活を考えて、室外にも目を向けましょう。内見後は特徴と感想をメモしておくことが大切です。
室内や外の見学が終わったら一度の内見で終わりではなく、違う時間帯にも内見をしてみましょう。例えば昼間に見学をしていたら、実際に暗くなってみないとわからない部分もありますので夜にも見学に行きます。信号機が窓のすぐ近くにあるけどまぶしさは気にならないか、隣の音はどうか?夜は繁華街と化さないか、酔っぱらいは居ないかなど、多くの部分を見ることができます。
また昼間に通った道を夜に通ることによって違いがわかる場合もあります。例えば街灯が少なくないか、人の通りはあるか、ペットを飼っている住民に変化はないか…気づいたことはなんでもメモを取って、家探しのものさしにしましょう。
契約をしていないなら何件でも内見に行くことが可能ですので、面倒くさがらずに何件かは内見に行きましょう。

■内見の際の注意のまとめ
  • ・室内(および敷地内)に設備不良などの不備がないかを確認する。
  • ・お風呂やトイレなどのサイズは身体で測る。
  • ・家具家電を置きたい場所は必ずメジャーなどで測る。測ったらメモをする。
  • ・内見は、明るい内と暗い内少なくても一度ずつは足を運ぶ。
  • ・内見の際には気づいたところは細かくメモに残して、一か所の物件だけではなくほかの物件も見に行く。

トップへ戻る