住宅購入
二世帯住宅に関して

二世帯住宅とは

二世帯住宅とは同じ建物に、一般的には親子孫の三世代にわたる二世帯の家族が世帯を別にして住む住宅で、三世代住宅とも言います。共働きで子供の世話や家事にまでどうしても手が回らない。ボーナスはカットされるしお給料は上がらないために家計が厳しくなってきた。両親の老後が心配などなど、二世帯住宅を検討する方の理由は様々です。
二世帯住宅を考える方はひとつ先の未来まで見通して、しっかりと検討をしましょう。

二世帯住宅か近所に住むか

もともと親の所有している家に入居をするとしたら別になりますが、近くに別の住まいを買うよりは経済的になります。有効な居住面積が単純に2倍になったとしてもいくつかの住宅設備や庭、車庫などを共通にしたり、共用スペースを設けたりすることでコストダウンへ繋がります。
また同居をすれば定年を迎えた両親に子供の面倒を見てもらえば共働きもできますし、主婦にとっては友人とお出かけをする際などには多少の融通が利きますし、両親の老後の面倒も見やすくなります。しかしいくら親子だとはいえ、お互いのプライバシーを保ちたいケースも少なくありません。
同じ屋根の下に二世帯で住めば日常生活において過度の干渉も生まれがちですが、近くに住んでいるときには、必要なときに行き来をし、会いたくないときには少し距離をおくこともできますので、どちらが良いかとは一概に決められません。
今一度自分の優先順位を見直しながら同居か別居かを判断し、暮らしやすい毎日を手に入れてください。

トップへ戻る