賃貸住宅
敷金返還のポイント

退去時の原状回復

アパートやマンションなどの賃貸に入居している方は、退去時に原状回復が義務づけられている事をご存知でしたか?契約を締結する際にきちんと話をされているかと思います。ですので「この部屋を出るとき、どのくらいの費用がかかるだろう…?」と心配な方も多いでしょう。
しかし「原状回復」とは「入居前のお部屋と同じ状態に戻す」という意味ではなく、普通に生活を送っていて生じてしまった汚れやへこみは対象外になります。普通の生活をしていて生じた程度の汚れや傷などは、大家さんの負担が原則になります。この決まりを知らずに大家さんにリフォーム修繕費を請求されるがまま支払っていたという方も多いのではないでしょうか?
このように入居者側が必要以上に支払うことがないよう、きちんとした退去時費用となる敷金返還に関する知識を身につけておきましょう。

入居時にチェックをしておく

入居の際に汚れや傷などはないかのチェックシートを書かされるかと思いますが、こちらは非常に大切なものになります。しっかりと面倒くさがらずにチェックして記入しましょう。
そして入居直後にしておきたいのが、さらなる入居時の部屋の状況の確認作業です。入居前のキズ、汚れをテジカメで日付入りの撮影をして、設備などの不具合のメモも残しておきましょう。キズや不具合をメモしたものはコピーして一部を不動産会社に渡しておきましょう。

部屋はきれいに使用しよう

賃貸における敷金返還のガイドラインでは「自然に生活してできる傷や汚れは大家さん負担」とありますが、例えば飲み物をこぼしてそれを放置してしまった汚れや、結露していることをわかっているのに賃貸管理会社や大家さんに報告していなかった汚れ、煙草のヤニ汚れなどは大家さん負担にはなりません。入居者には「善管注意義務」という「賃借人は借りた部屋を善良なる管理者の注意を持って使用する義務を負う」という内容の義務があり、それに反して不注意、管理・使用方法が悪い結果、部屋や備品を汚したり壊したりすれば、損害賠償義務を負うことになるからです。つまり、借りた部屋をきちんと掃除をきれいにすることや設備は壊れたままにしないなどきれいに暮らすことは、敷金を取り戻すための入居者の義務であるということを覚えておきましょう。
その他には床や壁が日照で変色してしまったりした際には、下手に掃除をせずにそのままにしておいた方が良いでしょう。なぜかと言うと、下手にクレンザーなどでこすって掃除してしまい、不自然な色あせになってしまったり傷がついてしまったりはたまたさらに汚してしまったりなどのトラブルがある可能性があります。その際にいくら「日照で変色した」とこちら側が主張をしても通らないかもしれないからです。
以上を踏まえて、正しく賢く敷金返還をしてもらいましょう。

■敷金返還対象外の一部まとめ
  • ・借主の不注意で雨が吹き込んだことによるフローリングの色落ち
  • ・冷蔵庫下のサビ跡を放置し、床が破損した場合
  • ・通常のクリーニングでは除去できない程度のタバコのヤニ
  • ・クーラー(借主所有でも貸主所有でも)の水漏れを放置した結果の壁の腐食
  • ・台所の油汚れ(使用後の手入れが悪く、通常の使用による損耗を超えるもの)
  • ・風呂・トイレ・洗面台の水垢、カビ等

トップへ戻る