賃貸住宅
ペット可能物件の
注意点

お部屋探し

ペット可能の賃貸住宅を探し始めるといろいろ部分に気がつくかと思います。
物件は気にいったけど、飼っているペットが飼えない…なんてことのないように、最初にペットの種類・大きさ・何匹などを不動産業者の人に伝えてから部屋探しをしてください。ペット可といっても全ての物件が同じ条件ではありません。物件により、犬は飼えるけど猫は飼えないとか、中型犬までは飼えるけど大型犬はダメなど、条件は様々です。
また物件によっては、入居審査のときにペットの面接がある場合もあります。その他ペット可能の住宅はペット不可の物件より多少家賃が高くなる傾向にありますので、しっかりと金額を確認してから探しましょう。
その他近くに大きな通りがないかや犬を飼うなら散歩に出られるコースがあるか、近隣住民はペットを飼っているのかなども調べましょう。一番大切なのは近くに夜間でも緊急対応をしてくれる動物病院があるか。動物病院が付近にあるから入居を決めたのに、実は犬猫のみの診察で、ハムスターやその他特殊な動物(カメレオン・蛇・モモンガなど)は診察をしてもらえなかった、などということがないようにしましょう。
また室内の設備に関してもしっかりと確認をしましょう。猫を飼うのであれば猫専用の出入口はあるか、トイレを置く場所があるか、十分に遊べるくらいの広さがあるか…自分の飼いたいペットによって住宅探しの条件は変わってくるので確認を怠らずに素敵な住宅を見つけて、満足のいくペットとの生活を送ってください。

入居後の注意点

見知らぬ人に吠えたりしないか、無駄吠えがないか、トイレはきちんと出来るかなど様々な点が出てきますので、しっかりとしつけをしましょう。退室の際にペットがつけた傷や汚れに関して補修費を負担するケースがほとんどですので、しつけをしていないペットと暮らすにはそれなりのリスクが伴います。
ペットのしつけも大切ですが、その他に飼い主自身もしっかりと動物と暮らす際のマナーを学んでおきましょう。何よりも配慮すべきは、動物嫌いな人への対応。たとえば犬嫌いの人にとっては、その姿を目にするだけでも嫌悪感や恐怖感を抱いてしまいます。犬を連れているとき、他の入居者と出会う共用部分ではできるだけ目に触れないような配慮も必要になってきます。リードをして大型犬や中型犬を連れて歩く際には、他の人と一緒になるエレベーターではなく階段を利用したり、小型犬なら飛びかかったりしないよう抱くかキャリーバッグに入れたりするのがマナーです。
また近隣への迷惑で気をつけたいのが、騒音と悪臭の問題です。騒音はご近所トラブルでも上位をしめるトラブルですので気をつけたいところです。
一方猫の場合での問題は爪とぎです。ちゃんとしつけないと柱や壁など室内でところ構わず爪をといで退室するときに敷金を超えてしまうような出費がかさんでしまうこともあります。爪とぎを防止するためには、段ボール製の爪とぎを部屋の各所に設置するなどといった対策も有効です。また猫は夜行性の動物なので、外に出たがったり騒がしくしたりして、近隣に迷惑をかけてしまう恐れがありますので、室内で十分に遊べるような環境を作ってあげることが必要です。
いずれにせよペット可の賃貸物件でペットを飼う場合は周囲に迷惑をかけないことと、ペットがストレスを溜めずに快適に過ごすことができるように配慮することが何よりも重要です。

■ペット可能物件に入居する際の注意のまとめ
  • ・どの種類の動物なら入居可能かを事前に確認する。
  • ・犬の場合犬種によって可不可があるので確認を!
  • ・ペットの住みやすい環境か今一度確認。特に動物病院があるかチェックする事。
  • ・ペットのしつけを怠らない。ご近所トラブルに発展する可能性大。
  • ・ペットのしつけとともに飼い主もきちんとペット面倒をきちんと見て未然にトラブルを回避しよう。

トップへ戻る