街とエリア
住みやすい街とは
こんな街

人によって違う住みやすさ

住みやすい街とはどんな街でしょうか?利便性が第一にあげられるかと思います。買い物にも便利だし、行楽地へ出かける際の足、その他には通勤・通学にも便利な立地だと大変助かるかと思います。
しかしそれだけでは住宅は探せません。住みやすい街と好きな街は全く違うものになってきますので、よく考えて住宅を探しましょう。

ライフスタイルに合わせよう

家族構成によって住みやすい街というのは非常に大きく変わってくるかと思います。
一人の場合ですと公共のサービスや近隣の手助けは必要がありませんが、小さい子供がいるとそうも行かなくなってきます。公園や学校が近いことや小児科が多いことと、困らないようにエリアを決めていきましょう。
その他家族に高齢の方が居る場合にも大きく変わります。車の通りや公共施設、バスや電車など、家族構成によって住みやすい街の条件は変わってきます。
一人暮らしの方にはどのような街が住みやすい街なのでしょうか。例えば恵比寿や原宿といった繁華街のある街は夜もにぎやかで遊びに出掛けるにも楽です。手軽なファストフード店なども多く、夜遅く帰宅して食事を簡単に済ませたいという時にも便利。終電が遅くまであるのも助かります。
また、JRや地下鉄などが多く乗り入れている新宿区は利便性という点においては都内でも随一。しかも学生や新入社員など、できるだけ家賃を抑えたいという一人暮らしの方には家賃補助制度があるのも嬉しいポイントです。
こうした交通インフラが整っていることや遅くまで店舗が開いている街の便利さに加え、自分が住むことになる物件周辺の治安にも配慮できるとなお良いでしょう。しかし上記の便性よりも、やはり長く住み続けている場所が住みやすいという方も居ます。
天災が起こった際には近くに友人や親しい近所住民が居ると心強いし安心もできるでしょう。
またこどもに関しても「あのこどもは○○のところの子だ。」などと、危険な際には目を光らせてくれるかもしれませんし、長年付き合ってきたご近所さんともまだまだこれから楽しんでいきたいという考えもあるようです。
どの町が住みやすいか先々まで見越して、自分のライフスタイルに合った素敵な街を見つけてください。

トップへ戻る