賃貸住宅
お部屋情報の
入手方法

どの媒体から情報を入手する?

どこにどんな掘り出し物があるとも限りません。情報はとにかく早めに、出来るだけ多く集めたいものです。入手方法としては、不動産屋へ直接出向、情報誌を利用、インターネットで調べるのこの3つが今は主流ですが、まずはじっくりネットを活用して物件を「見慣れていく」ことがオススメです。情報誌の場合、印刷発行スケジュールの関係で、入稿から雑誌販売までの間に成約済みの物件もあるようです。不動産屋さんに現地直行の場合、相手と対面してしまうので、敷居が高いと感じる人も多いようです。

不動産屋さんを廻る

あらかじめ目星をつけた地域、沿線の不動産会社を訪ね歩き、自分の希望条件に合う部屋を探します。この方法は探す期間に十分な余裕があり、かつその期間(1~2ヶ月)内にこまめに行動し、何度も現地に行き部屋探しのできる方、言い換えれば、すでに都内やその周辺に在住で土地勘もあるという人向けの方法です。

コンビニの賃貸住宅情報誌から

家に居ながらにして情報が入手できてしまうというのはとても魅力的ではあるのですが、誌面が限られているので、どうしても偏った情報になってしまいます。誌面が限られているということは、不動産屋主体で掲載される物件が決定され、安くて条件のいいものを掲載して目を引き、来店してもらうことに目的が集約されています。
そして注意しなければいけないのが、発売されるまで約2週間程タイムラグが生じてしまうという欠点。気に入った物件を見つけて問い合わせをしても、すでに借り手が決まってしまってるケースが多く発生しており優良物件や人気物件ほどその傾向は顕著です。
店頭においてある製本された小冊子なんかは、さらに古い情報のものになります。

インターネットで検索する

最も効率の良い情報の集め方は、インターネットでの検索です。紙媒体には付いていない検索機能があるためです。情報の伝達が早くしかも膨大な物件数を抱えるサイトでは、家賃相場を地域ごとに整理してあり、見ることのできるサイトもあります。
しかしすぐに借り手がつくようなマル秘物件などはあえて掲載することはありません。理由としてはこれらの情報は不動産業者側からの提供であり、あくまでも不動産会社の都合で掲載しているからです。あえて載せていない物件はネット上で問い合わせをすると新鮮な情報をもらえる事があるので積極的に活用しましょう。
掲載件数が多いため、掘り出し物や気に入る物件を探すのに時間がかかる可能性がありますので、できるだけ時間をかけてじっくりと探すと良いでしょう。

■ワンポイントアドバイス
ライフスタイルを考慮し、何を優先させるのかを決めておく必要があります。最優先事項は職場に近いことか、あるいは少通勤時間はかかっても住環境のよいところか。予算の範囲内であれば築年数が経っていても間取りの広い物件が良いのか、多少狭くても築浅が良いのか、また「バス・トイレ別」だけは譲れない!等の条件を決めておかないと物件を探すことが難しくなります。
その他特急や急行の停車駅は物件の値段も高めになるのできちんと優先順位を考え、近隣の地図も見ておくと良いでしょう。

トップへ戻る