いえらぶ物件検索 > 住まいのノウハウ > 基礎知識 > 知っておきたい住の事 > フリープランは注文住宅とは違う!

住宅購入
フリープランは
注文住宅とは違う!

フリープランとは

フリープランと注文住宅は基本的には同じものだと言う人がほとんどだと思いますが少し違うものになります。
自由設計(フリープラン)は、建売り住宅で間取り等を自由に変更出来るというものです。ただし、仕様については予め設定されているものがほとんどになります。
延べ床面積も一応決まっていますが、オーバーする分については追加の費用が発生します。
注文住宅は施主の依頼により建築するもので、間取り・仕様は全て施主の要望によります。とは言え建設費は上限いくら位という要望で設計しますので、おおよその制限はあります。しかし上記したように中には基本的な考えはどちらも同じ意味と考える人もいます。
住宅会社によっては、注文住宅は全て施主の注文で自由になりますが、自由設計は間取りだけが自由になる意味の場合もあるようです。
しかし本来「設計」とは間取りや意匠だけでなく、予算、構造、材料…全てを含んでいますから、自由設計=注文住宅と考えるべきのようです。住宅会社によっては解釈が様々なようですので、しっかりとどこからどこまでを含んで「フリープラン」と言っているのかを各建築会社ごとに確認をしたほうがよさそうです。

フリープラン契約のトラブル

不動産の出している広告にフリープランとか自由設計と書かれたものを見かけることがあるかと思います。この自由設計とかフリープランと言う言葉を聞くと、自分が思い描いている理想の住宅を建てられるイメージを抱くのではないでしょうか。しかしこのような不動産広告を見て契約を締結した方から失敗をしたと言う声が挙がることが多いようです。
その理由は、まず第一に一般的な新築建売住宅の売買をしたわけではなく、新築条件付き土地の売買契約だから、と言うことが挙げられます。建売住宅は土地と住宅をセットで購入しますが、売主または売主の指定する建設業者との間で建築請負契約を結ぶことを条件として土地を購入するのが建築条件付き土地。決して新築条件付き土地が良くないと言うことはありませんが取引を行う建築業者さんが決まっていますので自分が選ぶことはできません。
またフリープラン=自由設計できると言うイメージから買い主側が自由に設計できると思ってしまうこと。上記のような”土地と住宅がセットで売買される”新築建売住宅の場合は、宅地建物取引業法により未完成の住宅については「建築確認」を受けていなければ広告に載せたり売買契約を締結することはできません。建築確認を受けているということは、建築基準法上の規制にかかるような設計変更は認められませんので、建売住宅では買主が自由に設計できるフリープランはあり得ません。「フリープランの契約をしたと言っても、建売住宅に毛が生えた程度」の場合がほとんどだそうで、ここをこうしたいと意見を伝えてもなかなか設計に反映されず、反映されたかと思うと予想以上の金額を提示してくる業者さんも多いといいます。
決して全ての建築業者さんがそのような対応をするわけではありませんが、中にはこのようなケースもあると言う事を念頭に置いて、素敵な住宅を建ててください。

■フリープランについてのまとめ
  • ・建売住宅のフリープランに関しては建築確認をされているのが一般的なので大枠は変更できませんので、フリープランと言う言葉は適格ではありません。
  • ・建築会社を指定されている建築条件付き土地は慎重な購入を。
  • ・いずれにしてもフリープラン=完全に自由な設計ができるということではありませんので注意が必要です。

トップへ戻る