毎日を楽しく過ごそう
風水について

風水とは

風水というのは今から約四千年前に中国で発祥した、「気」の力を利用した環境学のことを言います。風水は 、衣・食・住・行動など、自分の環境全てを使って運を開いていく、いわば、開運のための環境学です。
「環境が運を決める」というのが風水の基本的な考え方です。本来持って生まれた運は、本人にはどうすることもできません。でもその運をどんどん増やしていける方法があるといったらどうでしょうか?その方法を示すのが風水なのだそうです。
風水とは、自分に影響を与えるあらゆる環境を使って運を開いていくためのマニュアルと言えるのです。運が悪いと思う人は、まずは自分の環境を見回してみましょう。自分が運を落としてしまっている原因を取り除き、運を呼び込むための風水を実践することで、運の悪い人も運のいい人になれるそうです。
信じるかどうかは、あなた次第です。早速今日からトライしてみましょう!

家の中で風水!

玄関

玄関の床を掃除する
玄関の床が汚れていると悪い気が家の中に流れ込み、仕事運、健康運、金運などさまざまな運気が低下してしまうそうです。床を掃除し、チリやホコリをなくしましょう。
そして最後に水拭きをします。床には悪い気が溜まりやすく、悪い気はほうきで掃くだけではなくなりません。水できちんと浄化しましょう。水拭きする際には、水に少量の重曹や粗塩を入れると浄化効果が高まります。福を呼び込む玄関なので床はできれば毎日掃除をしましょう。
毎日の掃除が難しい場合は、休日だけでもしっかりと掃除ができるようにしましょう。
靴を片付ける
玄関に靴がいっぱい出しっぱなしになっていると気のめぐりが悪くなってしまいます。本当は床には靴が一足もない状態が好ましいのですが帰宅してすぐに靴箱にしまってしまうと湿気が溜まり易くなりますので、せめて床に出しておく靴は家族分だけになるようにしましょう。
また湿り気の多い傘立てはなるべくなら玄関の外に出しておきましょう。水で濡れたものを玄関に置くことは風水的にはよくありません。どうしても外に置けない場合は傘をしっかり乾かすなど、湿り気のないようにしてください。
ちなみに傘立ては、ぬれた傘から発生する陰の気を防いでくれる陶器製のものがベストです。
余計なものを置かない
上記にもありますが、玄関は気の入口です。
外から気が流れ込んできますが、余分なものがあるとせっかく良い気が入って来ても物に当たり出て行ってしまい、気の流れの妨げになってしまいます。玄関には余分なものを置かず、すっきりきれいに片づけましょう。特に玄関には人形などは置かないこと。せっかくの気を人形が吸い込んでしまいます。
また動くもの(ゴルフバックやベビーカー、自転車)を置かないようにしてください。
玄関マットを敷く
玄関マットは外から入ってきた悪い気を追い払ってくれるそうです。玄関から入ってきた悪い気を家の中に入り込まないように、必ず玄関マットを敷きましょう。玄関マットは良い気だけを通し、悪い気を受け止めてくれます。
また玄関に敷くマットは明るい色調のものにしましょう。風水では、『気は陽の気で増える』という法則があり、気の入口である玄関は常に「陽」の状態にしておきましょう。玄関マットを明るいものにすると玄関が「陽」の状態になり、良い気がどんどん入ってきます。
照明を明るくする
良い気は明るい場所を好みます。玄関が暗いと良い気は入ってきません。玄関の照明は思い切って明るくしましょう。明るい玄関には、良い気がどんどん入ってきます。暗い玄関には良い気は集まってきませんので、玄関は常に明るくしておくことが大切です。

トイレ

便器や床の掃除をする
健康運や金運を上げるのに一番大切なのはトイレです。ここは玄関、寝室とともに家の中でも重要スポットです。トイレの環境が悪いと幸せが遠ざかるので徹底して掃除をし、環境をよくしましょう。
トイレは水を頻繁に流しますが、水を流すことで風水では「気を流す」と言われ、良い気も悪い気も流れていきます。これを「悪い気」だけ流す環境にすれば、悪い部分を吸い取ってくれるとても都合の良いスペースになります。
便器の蓋を閉める
便器の蓋を開けっ放しにしておくと、便器の中の悪い気がトイレ中に広がります。便器の蓋は用を足したら必ず閉めましょう。またトイレのドアも必ず閉めましょう。
トイレのドアを開けっ放しにしておくと、トイレの中の悪い気が家の中に広がります。反対に部屋の中の良い気がトイレへと流れて行ってしまいます。用を足したら必ずドアを閉めてください。
窓を開けて換気をする
悪い気や湿気、臭気が溜まりやすいトイレは常に換気を心がけましょう。窓があれば、窓を開けて換気をします。窓がない場合は換気扇を回しましょう。
トイレットペーパーは棚などにしまう
紙は悪い気を吸収します。トイレットペーパーをトイレの中に山積みするとそのトイレットペーパーには悪い気がついてしまうため、きちんと棚の中などに収納しましょう。
その他ビニールに入れたままもよくありません。トイレは「水」の気があるので、ビニールの「火」の気とは相性が悪いそうです。
掃除用具は見えないところに収納する
掃除道具をトイレの床にそのまま置いてしまうのは風水的に良くありません。掃除道具は扉のついた収納棚にしまうのがベストです。収納棚がない場合やスペース的に無理な場合にはトイレの隅に置きますが、その場合はラックなどを置いて収納しましょう。
もしくは観葉植物を置いて目隠しをしてください。

洗面所・浴室

鏡を磨く
洗面所、浴室は美容運、恋愛運に直結します。ここが汚れてごちゃごちゃだと美容運、恋愛運がダウンしてしまいます。特に女性の場合は「水」の気をもつ存在なので水まわりの汚れはもっとも影響を受けやすいそうです。
また鏡は気を跳ね返す力を持っています。鏡がくすんでいたら、跳ね返す力まで弱まってしまいます。
掃除をする
風水では、「金」の気は「水」で増えるといいます。浴室は「水」の気をもつ場所で、お金を増やしてくれます。浴室が汚れていると金運が下がり、浴室がきれいにだと金運が上がります。
そして、女性は「水」の気を持っています。水まわりの汚れは容姿や美容、恋愛に大きく影響します。浴室をきれいに掃除することで、金運・美容運・恋愛運・愛情運がアップします。
浴槽の残り湯は流す
お湯に人が浸かった時に体の汚れとともに悪い気も一緒に溶けだします。
入浴後のお湯は悪い気が溜まっているので必ず栓を抜いて捨てるようにしましょう。そのままにしておくと、湯船に溶けだした悪い気が家の中に広がることになるので注意してください。

台所

冷蔵庫の上に電子レンジを置かない
冷蔵庫は風水的には「水」の気に属します。
電子レンジ、オーブントースターなどは「火」の気に属します。「水」と「火」の気は相性が悪いので運気が下がってしまいます。
冷蔵庫の中の古い食材を処分する
風水では食べるという行為は、「金」の気をもつと考えます。「金」は「水」と交わると増えます。冷蔵庫は「水」の気に属し、ここが汚れていると冷蔵庫に入っている食材もパワーが落ちてその食材から作ったお料理もパワーダウンになってしまいます。これではせっかくの食べる行為の金が生かされないことになってしまいます。
ゴミ箱は蓋付きを使用
ゴミは悪い気を出します。悪い気や臭気が拡散しないように蓋付きのゴミ箱へ捨てましょう。
またゴミを溜め込むのは悪い気を溜め込むようなものなので、ゴミ箱は小さめのものにしましょう。

寝室

カーテンを吊るす
良い気は玄関から入ってきて窓から抜けていきます。良い気が出て行かないようにカーテンで留めましょう。
枕元に物を置かない
枕元をきれいにしておくことで寝ている間に良い気をたくさん取り入れることができます。
枕元には何も置かないのがベストですが、何もないと落ち着かない人は気が安らぐものを1、2点置いてもOKです。ただし、ぬいぐるみは置かないでください。ぬいぐるみや人形は人間の気や生気を吸い取ります。ぬいぐるみに取られてしまうので寝室に置くのはやめましょう。
照明は暗めにする
暗めの照明のほうがゆっくり休むことができますが、真っ暗すぎる空間は気がまったく動きません。人は寝ている間に気をチャージしますので、寝室の環境が良ければ良い気をたくさん吸収することができます。
真っ暗な部屋だと運気が下がるので、スタンドライトなど小さな照明をつけるようにしましょう。
シーツはこまめに洗濯をする
人は寝ている間に「気」を蓄積します。それと同時に体から悪い気もどんどん排出します。
シーツは寝ている間に汗とともに気も溜まりますので、こまめに洗って悪い気をなくしましょう。

トップへ戻る